• TOP
  • FASHION
  • ちょいレトロなダウンがあれば、一石二鳥なんです

2020.11.29

ちょいレトロなダウンがあれば、一石二鳥なんです

立冬が過ぎ、めっきり寒くなってきました。とは言え、ダウンジャケットを着るにはまだ早い今日この頃。そんな時、お役立ちなのがダウンベストです。なかでも今季は、レトロ系が狙い目って知ってました?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

アメカジ人気復活の今、昔ながらが新しい

日中は温かい日もある今時季。ふかふかのダウンに身を包むのは、まだ先になりそうです。となると、ボディは暖かくもアームは開放的なダウンベストの出番。暖かさ的にちょうど良いのはもちろん、コーデにメリハリが生まれるとあって、一石二鳥なアイテムです。

なかでも注目は、いわゆるレトロアウトドア系。アーバンアウトドアと銘打ち、ウール生地やカシミア生地を使ったラグジュアリーなダウンが大人ウケする一方で、ネイティブ柄然りアメカジ人気が高まる今季は、映画『ディア・ハンター』よろしく、ヘビーデューティなレトロ顔のアウトドアダウンベストにも注目が集まっているんです。

都会暮らしの人や車移動が主な人にとっては、真冬でもダウンベストで十分という人も多いかと。ハイスペックなアウトドアブランドのそれなら、なおさらですよね。
PAGE 2

◆マウントレイニアデザイン 

上品ほっこり系を狙うならレトロ系は好都合

▲ダウンベスト3万3000円/マウントレイニアデザイン(ハイ!スタンダード)、ニット6万円/フェデリ(トレメッツォ)、シャツ1万5000円/エディフィス(エディフィス 新宿)、靴6万8000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)
レトロ系ダウンベストお馴染みのコットン×ナイロンの混紡生地、通称ロクヨンクロスを両面に採用したリバーシブル仕立てになっています。その配色も、まさしくレトロアウトドア。とは言え、シンプルなデザインは意外に野暮ったさがなく、ゆえにクリームカラーで揃えたニット&シャツ、そしてグレスラとで品よくまとめられます。

◆ロッキーマウンテン フェザーベッド 

アメカジ機運高まる今秋冬にドンピシャ

▲4万3000円/ロッキーマウンテン フェザーベッド(アール 22724)
1960年代から踏襲し続けている、レザーヨークの切り替えデザイン。今シーズン登場したミモザカラーのヴィンテージな雰囲気と、絶妙にマッチします。レザーヨークは一枚裁ち、ナイロンも中肉の70デニールと無骨なダウンベストです。
PAGE 3

◆シエラデザインズ 

時代を経てもまるで色褪せない永久定番

▲2万7000円/シエラデザインズ(アリガインターナショナル)
レトロ系アウトドアといえば、こちらはアイコン的存在。まずはダウン・シエラ・ベスト。ダウン&フェザーを包み込むのはアメリカ製のオリジナル生地で、ご存知コットンとナイロンを混紡したロクヨンクロス。ポケット内にはジップポケットを内蔵します。

◆ザ・ノース・フェイス 

見た目はレトロ、スペックは今どきです

▲3万2000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス オルター)
1970年代に発売したシエラパーカがデザインソースのキャンプシェラベスト。レトロなルックスとは裏腹に、生地やジップにはペットボトルをリサイクルした素材を用い、さらに中綿には機能性保温材のプリマロフト ゴールドラックスを採用しています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アリガインターナショナル︎ 03-6659-4126
アール 22724 080-7024-4090
エディフィス 新宿 ︎03-5366-5481
ザ・ノース・フェイス オルター ︎03-6427-1180
トレメッツォ︎ 03-5464-1158
ハイ!スタンダード︎ 03-3464-2109
パラブーツ青山店︎ 03-5766-6688

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ちょいレトロなダウンがあれば、一石二鳥なんです | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト