• TOP
  • FASHION
  • ナイキの最新スニーカーは、エコでテック! 大人の一足はコレでしょ

2020.08.30

ナイキの最新スニーカーは、エコでテック! 大人の一足はコレでしょ

シンプルな夏の装いには、気分を盛り上げる個性派の一足が欠かせません。ナイキから発売された新作「ナイキ ヴェイパーマックス 2020 フライニット」なら、まだまだ夏気分で過ごせますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/笠島康平 文/石井 良

夏気分が再燃するポップな一足です

ひぐらしが鳴く季節となってしまいましたが、今年は梅雨が長かったですから、もうちょっと夏を楽しみたい! と思っている方が多いのではないでしょうか。そんな時は足元から気分を上げていきたいところ。ナイキから発売されたばかりの新作「ナイキ ヴェイパーマックス 2020 フライニット」なら打って付けです。
 
まず目に付くのがこのカラフルな色。多色使いのフライニットのアッパーに透明なエアソール、そして何やら紐がありません。実はこれ、簡単に脱ぎ履きができる新システム「フライイーズ」を採用しています。履くときはヒールの引き手を引くことで締め、脱ぐときはタンを引き上げると解放されますが、これが使い勝手抜群。こういったギミックに目がないって大人の男性、多いんじゃないでしょうか。
 
そしてもうひとつ大きな特徴が、ナイキの歴史の中で最もサステイナブルなシューズであるということ。炭素と廃棄物の排出量をゼロにすることを目指し、スポーツの未来を守る取り組み「MOVE TO ZERO」のプロダクトで、重量比50%以上がリサイクル素材で作られているんです。
 
晩夏といえどまだまだ暑い日が多く、コーデもシンプルになりがちですから、サステイナブルでテックなこの一足で夏気分を盛り上げてくださいませ!
PAGE 2

◆ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 フライニット 

良さを生かすなら日常使いがおすすめです

▲2万3000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
サステイナビリティを大きなテーマとしてデザインされた新モデル。ブランドの姿勢を示す重要な一足ですから、とにかく作り込みが本気。ナイキの他のシューズを作る際などに出た廃棄物をリサイクル素材として採用しており、例えばタンは80%以上の再生素材率を誇ります。
新たに搭載したシステム「フライイーズ」は素早い脱ぎ履きを可能にしており、日常使いしてこそ真価を発揮します。履くときはロックと書かれたヒールの紐を引くだけでしっかりフィット。脱ぐときはタン部分の紐を持って引くと一気に緩むので、動作がシンプル&スピーディなんです。
PAGE 3
ヴェイパーマックスで使用されていたワッフルパターンを進化させたソールは少し薄型化され、快適さとライド感が向上。足底圧の分散にも配慮されています。ソール部分の再生素材率は約75%。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ナイキ カスタマーサービス  0120-6453-77

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ナイキの最新スニーカーは、エコでテック! 大人の一足はコレでしょ | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト