• TOP
  • FASHION
  • 【まとめ】いま選ぶべき大人なサンダルとスポーツウォッチってこんな感じ?

2020.07.18

【まとめ】いま選ぶべき大人なサンダルとスポーツウォッチってこんな感じ?

夏らしく開放的な雰囲気をより味わうなら、やっぱり足元はサンダルでしょう。加えて、薄着の時期に活用したいのが、大人のためのスポーティウォッチですよね。アクセントがなくなりがちな夏スタイルをセンス良く引き立ててくれる両者があれば、夏はよりスマートに乗り切れるはずです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/スナップ・Yu Fujiwara(@8and2)、静物・鈴木泰之(Studio log)   スタイリング/稲田一生 文/安岡将文、長谷川 剛(04)

夏スタイルを引き締めるレザーサンダルとラグスポ時計

ただでさえ湿度の高い日本の夏。休日ぐらい、風通しの良いサンダルで足を開放してあげたくなるのは当然です。

開放感においてこの上ないサンダルですが、とはいえご近所のゆる〜いオジサンに見えるのはキツイですよね。そこはやはり、お洒落としてサンダルを楽しみたいところ。

というわけで、大人がいい感じになるサンダル選びを考えてみました。で、ポイントは、楽チンに走りすぎない、コレかなと。例えば合わせるパンツはラフなデニムやカーゴパンツではなく、クリーンで上品な白パンツ。そして履くべきサンダルも、レザーストラップを採用した上質で重厚感のあるものを選びたいところです。

さらに薄着が当然の夏は、足元のみならず腕時計もモノをいうシーズン。全体的に軽快になるスタイルには、腕時計でさり気なく存在感を添えるのが、大人の愉しみですよね。

だからといって機能全部盛りの大型クロノグラフでは(もちろんそれはそれでいいんですけどね)、薄着の良さ、ざっくりいえば軽快感がスポイルされてしまうと思うんです。

じゃ、どうすりゃいいの? で、考えました。“能ある鷹”の格言もありますが、さらりと気品ある3針シンプル仕立てのスポーツウォッチをさり気なく身に付ける、なんてのはどうかな? と。

その選びのポイントは、爽快感あるスチールケースに、文字盤を含めたワントーンのカラーリング、そしてアクティブさが滲むラバーストラップのコンビネーションが理想的。

というわけで、LEON.JPとしては、そんな夏のレザーサンダルとラグスポ時計をオススメしたいな、と!
PAGE 2

◆ サンダル SNAP#1

重厚&軽快な足元は、ドレスリゾートにこそ合う!

よく見るとセットアップではないのですが、夏のリゾートスタイルで定番のオフホワイト揃え。ダブルを選ぶことであくまでクラシカルに装っていますが、とはえいえリネンのドライな生地感は実に清涼感があります。だから、足元もレザーサンダルで貫禄と軽快感を両立しているんです。

◆ サンダル SNAP#2

あえてを狙った大人の抜け感演出に好都合

シャツもパンツも爽やかなホワイトで統一しながら、ジャケットにはストライプのダブルを。ジャケットはゆったりとしたリラックスフィットで、色もモノトーンでまとめていますが、どこかチグハグな印象。でも、それが狙い。レザーサンダルと共に、抜け感演出のうちなんです。
PAGE 3

◆ サントーニ

白パンでもデニムでも、上品サンダルの理想

▲ 10万2500円/サントーニ(リエート)
ここらしい艶っぽさは、サンダルにおいても相変わらず。上質感のあるスエードストラップをはじめ、スムースレザー製のフットベッドやレザーソールも、すべてベージュ系で統一。白パンツとで、品良い大人の足元を演出できます。馬蹄型のサイドバックルも然り、軽快感を楽しませながらもエレガントな印象に留めてくれます。

◆ デュカルス

ラフになり過ぎないのはレザーゆえ

▲ 2万9000円/デュカルス(インターブリッジ)
カジュアルな印象が強いスライド。いわゆるスリッパですが、シボ入りの重厚感あるレザーならちゃんと大人顔に。ストラップが、ヒール側の深い位置にセットされている点や、スリムな白パンツとバランスの良い幅狭な点も、その理由に。フットベッドはスムースレザー。ヒールをドレス靴のようにレザーで積み上げることで、上質感をアピールしています。
PAGE 4

◆ スポーツウォッチ SNAP#1

時計ひとつで、夏のドレススタイルが軽快に!

グリーンのセットアップに白を効かせたコーディネイトがまずお洒落! カットソーの前裾を無造作風に突っ込み、白ベルトを見せているところも小粋です。でも、ソレだけだと確かに貫録不足。本格時計の存在が、コーディネートに大人のアクセントを添えているのです。

ラバーストラップであるところもポイント! ここでレザーのストラップでは、ポップなコーディネートに対して堅苦しい要素となってしまいます。爽快なSSケースにラバーストラップを合わせた、シンプルなスポーツウォッチだからこそ、このルックスの軽妙さが際立って見えるのです。

◆ ブライトリング

名作ダイバーズがモダンに復活!

▲「スーパーオーシャン ヘリテージ B20 オートマチック 44」自動巻き、SSケース(44mm)、ラバーストラップ、200m防水。52万5000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
1957年にリリースされたスーパーオーシャンの伝説的デザインに、現代的なエッセンスやテクノロジーを加えた次世代ダイバーズウォッチ。

回転ベゼルには超硬度のハイテクセラミックを使用しており、極めて傷つきにくいところも特徴。加えて、ムーブメントにはクロノメーター認定の高精度キャリバー「B20」を搭載。200m防水機能に加え、ラバーストラップ仕様のモデルは、アクティブスタイル全般にマッチするオススメの逸品です。
PAGE 5

◆ ロンジン

オリーブグリーンが着ける人のセンスを物語る

▲ 「ハイドロコンクエスト」自動巻き、SSケース(41mm)、ラバーストラップ(SSブレスレット付属)、300m防水。19万円/ロンジン
第一回オリンピックのアテネ大会(1896年)でも用いられるなど、スポーツウォッチのパイオニアとして知られるロンジン。なかでもハイドロコンクエストは「水の世紀の冒険家」をイメージした高性能なダイバーズウォッチです。

防水性能は、プロ仕様の300m。また今季は、シリーズ初となる高感度なグリーンモデルが登場しました。アクティブさのなかにしっとりとした落ち着きを感じさせる洒落た新作です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

インターブリッジ 03-5776-5810
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
リエート 03-5413-5333
ロンジン 03-6254-7351

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【まとめ】いま選ぶべき大人なサンダルとスポーツウォッチってこんな感じ? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト