• TOP
  • FASHION
  • やっぱ、メイド・イン・USAのだよね。そんなバッグはコレ。ブリーフィングの復刻に注目の理由

2020.05.27

やっぱ、メイド・イン・USAのだよね。そんなバッグはコレ。ブリーフィングの復刻に注目の理由

ビジネスバッグの選択肢が広がった現在、何を選ぶかは悩ましいところ。「ブリーフィング」が放つメイドインUSAのバッグなら、オンオフ兼用できて使い勝手も抜群。今春リリースされた復刻バッグなんていかがでしょう?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

スタイリング/髙塩崇宏 文/石井 良

無骨に見せかけて、実は気が利くバッグです

ビジネススタイルのカジュアル化が一段と進んでいる昨今、バッグの選択肢もかなり幅が広がりました。この流れを予見していたかのように、20年以上前からビジネスユースにも耐えるメイドインUSAのバッグを作ってきたのが「ブリーフィング」です。
 
バッグの生産背景は、軍用バッグの生産も請け負っているカリフォルニアの工場。ミルスペック(米国軍用規格)をクリアする力強いステッチングは強度に優れ、つい愛着が湧いてしまう無骨な仕上がりが魅力ですが、正直、それだけなら他にもブランドはたくさんあるわけで。ブリーフィングが世のビジネスマンから支持されているのは、設計自体は日本で行われており、細かい使い勝手までよく考えられているからなんです。
 
ところで、現在のブリーフィングには「MADE IN USA」ラインとそうでないものがありますが、上記を知れば、物にこだわる大人が選ぶべきは、当然前者と言えましょう。無骨さを演出しつつ、実は気が利いているっていうところがポイントですから。
 
今春は、そんなブリーフィングの初期モデルが復刻。ブランドの原点とも言えるモデルから、その魅力を探っていきましょう。
 
PAGE 2

衝撃に強いトートです

[W35×H35×D15cm]5万3000円/ブリーフィング(ブリーフィング 表参道ヒルズ店)
アーカイブモデルからシーズンごとにアイテムを復刻する「アーカイブシリーズ」の第一弾がこちら、ブランド初のトートバッグ「プロテクション トート」です。厚いウレタンパッドで荷物を守るというコンセプトは、同ブランドが追求する真のミリタリズムを体現したもの。PCやタブレットを当たり前に持ち歩く現代にもマッチします。
3層構造の収納部は大小のポケットが配置され、使い勝手は抜群。縦長で自立するため、床に置いたままでも必要なものがさっと取り出せます。
左右のマチ部分にもポケットがあり、飲み物のボトルや折りたたみ傘を収納可能。ウェビングベルトのハトメ金具が無骨さをアップさせています。
PAGE 3

タフなビジネスバッグってこういうこと

[W35×H35×D15cm]5万5000円/ブリーフィング(ブリーフィング 表参道ヒルズ店)
プロテクショントートをベースに、よりビジネス向けにアップデートした「フュージョン プロテクション トート」もリリースされています。色はブラックに統一され、レザーパーツをあしらったことでより大人な印象に。レザー部分には防水加工が施されるなど、タフさも兼ね備えています。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ブリーフィング 表参道ヒルズ店 03-6459-2448(※6/1より営業再開予定)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL