• TOP
  • FASHION
  • 老舗革靴ブランドのスニーカーが良いデキで話題の件

2020.04.06

老舗革靴ブランドのスニーカーが良いデキで話題の件

スニーカーは、今や老若男女を問わずファッションに不可欠なアイテム。誰もが親しむアイテムだからこそ、差のつく一足を選びたいものです。では大人のオトコが選ぶべきスニーカーは? 答えはずばり、老舗革靴ブランドのそれ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/小野塚雅之 文/秦 大輔

足元で大人の余裕を語るなら老舗シューメーカーのものを

リラックスした趣が気分の今、大人カジュアルを装うにもスニーカーは必須のアイテム。とはいえ、スポーツブランドのそれでは若者と差別化できませんし、かといってモードブランドのそれはデザイン性の高さゆえにシーンを選ぶこともあります。

では、そのどちらにも振れない、大人の格を損なわずに安心感をもっていつでも履けるスニーカーはないものか……、そんな思いを抱く諸兄は、迷わず老舗革靴メーカーのスニーカーを選ぶべし!

カジュアルなスニーカーといえど老舗シューメーカーが威信をかけて手掛ける一足は、当然ながら履き心地抜群。匿名性を帯びたミニマルなデザインのものも多く、断然、大人の装いに合わせやすいのも魅力です。そして、高度な吊り込みの技が活きたそれは、漂う品格も段違い。ふだん革靴に親しんでいる大人も、安心感をもって履ける次第です。

そして何の気ないようでこだわりを秘めた足元には、自ずと大人の余裕が漂うもの。スニーカー1足とてこだわる姿勢が、モテにもつながると心得ましょ♡
PAGE 2

◆ その1 「ジョンロブ」

フォルムにも素材にも漂う“圧倒的上質感”

12万7000円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)
シンプルそのものでいて、フォルムから素材から上質がビシビシ伝わってくる。そんな老舗ブーツメーカーによるスニーカーの醍醐味を端的に味わえるのが、ジョンロブの「ファウンドリー」です。

スエードにシボ革、そしてブランド初採用というテクニカルファブリック(メッシュ地)を組み合わせたコンビデザインがこれの特徴で、淡い色調のグレーグラデが品のいい印象を一層際立たせています。

◆ その2 「ジェイエムウエストン」

王道の白にして、思わず目を惹くことウケアイ

8万円(ジェイエムウエストン 青山店)
とりわけ白のレザースニーカーは革質が見映えを左右するものですが、キメ細かなカーフスキンを用いたこちら「オンマイウェイ」は、やっぱりオーラが違います。

本体のサイドには、“W”型のあしらいがさらりと主張。どのブランドと思いきや実はジェイエムウエストン!という気づきも新鮮じゃあありませんか。ちなみにライニングもレザー張りで、これまた高級感があります。
PAGE 3

◆ その3 「サントーニ」

楽チンさに驚く、まさかのストレッチ仕様

7万5000円/サントーニ(リエート)
イタリアの伊達男御用達、サントーニより、アッパーからソールまでワントーンにした大人顔のローカットスニーカーです。

アッパーの素材には、しっとりとしてしなやかなタッチのスエードを使用。かつ、ライニングに伸縮性のあるメッシュを当てることで、かつてないほどのコンフォータブルなフィット感を実現しているのが密かな魅力です。この高級感にして……というのがスゴいでしょう?

◆ その4 「チャーチ」

老舗のモダン性が光る、絶妙のカラーリング

6万9000円/チャーチ(チャーチ 表参道店)
質実剛健な英国靴メーカーにしてプラダグループのチャーチより、配色の妙に目を奪われるランニングシューズ型の「ダルトン」です。

淡いブルーやベージュを軸に、軽やかな白場を挟んでちらりとイエローを利かせるというカラーリングの妙は、スポーティにして欧州的なエレガンスを色濃く感じさせるもの。

大人カジュアルへさりげなく華を添えるのにも、うってつけのチョイスといえましょう。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010
チャーチ 表参道店 03-3486-1801
リエート 03-5413-5333

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        老舗革靴ブランドのスニーカーが良いデキで話題の件 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト