• TOP
  • FASHION
  • やっぱり男はちょい不良(ワル)デニムがやめられない!

2022.11.11

SPONSORED

リプレイが提案する

やっぱり男はちょい不良(ワル)デニムがやめられない!

デニムは元々ワークウエアとあって、男らしさ、つまりちょい不良(ワル)な雰囲気演出にはもってこいなんですよね。でも、それだけじゃ退屈。時に不良(ワル)に、時にスマートに。それ、リプレイの新作で叶えられます!

CREDIT :

写真/人物・HIRO KIMURA、静物・島本一男 スタイリング/髙塩崇宏 ヘアメイク/向後信行 文/安岡将文

今季はサルトリアーレとアーミー テーラリングがキーワード

イタリア発のデニムブランド「リプレイ」。アメカジ好きが多いイタリア発とあって、正統派な一本からトレンドを押さえた一本まで、幅広いスタイルを揃えているのが魅力です。そんな同ブランドから、今季新たなコレクションが発表されました。それが「サルトリアーレ」と「アーミー テーラリング」。

サルトリアーレは、ウェルネス(動きやすさ)とイタリアンテーラードの伝統的な高い技術を融合、縫製やディテールにこだわりつつ、モダンな印象に仕上げています。一方、アーミー テーラリングはミリタリーカラーやプリント、さらにハーヴァード大学とのコラボといった、まさに今再燃中のアメカジと好相性な提案が。

つまり、前者は都会的に、後者は無骨にといったところ。ただ、ひとくちにちょい不良(ワル)と言っても、ヤリクチはさまざま。今回は、リプレイが今季展開する新作デニムを軸に、ちょい不良(ワル)なスタイルを提案します!
PAGE 2

◆ オススメデニム その1

ベーシックな中に光る、職人技による細部の演出

▲ デニム4万2900円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)
濃淡の出た色落ちを披露するこちら。サルトリアーレ コレクションからリリースされた一本で、一見ベーシックながら艶黒のトップボタンや右ポケットのみ色を変えたリベット、さらにウエストのトリプルステッチなど細部の妙が盛り沢山です。もちろん、キレイなスリムテーパードにもテーラリングイズムがうかがえます。

◆ ちょい不良(ワル)なスタイリングはこちら! 

アメカジ感を満喫しつつも、大人顔に格上げ

▲ デニム4万2900円、ブルゾン5万5000円、ニット2万6400円、Tシャツ1万1000円、スニーカー3万4100円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
リアルな色落ちは、カモフラジャケットとならまさに古き良きアメカジスタイルに。それでいて、スッキリとしたスリムテーパードや細部のこだわりが、コーデを確実に格上げしてくれます。ちなみにアウターは、アーミー テーラリングの一着。カモフラに英国クラシックなチェックを重ねた柄は、まさにアーミーとテーラリングの融合です。
PAGE 3

◆ オススメデニム その2

美シルエット、細部の矜持、そして履き心地も一級

デニム4万2900円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)
こちらも上で紹介したサルトリアーレ コレクションからの一本で、リジッドタイプになります。濃紺デニムが、シルエットや細部の演出による上質アピールを一層引き立てます。さらに注目は、ハイパーフレックスを採用している点。デニムの風合いを損なうことなく、高いストレッチ性を両立する同生地により、はき心地も抜群です。

◆ ちょい不良(ワル)なスタイリングはこちら! 

見た目はストイック、はき心地はリラックス

デニム4万2900円、中綿ジャケット7万5900円、Gジャン5万6100円、Tシャツ1万1000円、ブーツ3万8500円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
中綿入りのフード付きジャケットととに、上下デニムで揃えたコーデ。色落ちを披露するGジャンをレイヤードしちょい不良(ワル)感をにじませつつも、ともにリジッドデニムとあって全体的にはストイックな印象に。それでも、ハイパーフレックスによってはき心地は快適。見た目ちょい不良(ワル)でも、実はこっそり楽ちんしているんです。
PAGE 4

◆ オススメデニム その3

見るからにちょい不良(ワル)! でも作りは技アリ

▲ デニム3万9600円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
今季注目のデニムといえば、やっぱり黒のダメージでしょう。こちらはスリムフィットモデルの「アンバス」。洗練されたシルエットを描きながら、ダメージとともにタタキといったヴィンテージなリペアを敢行。この洗練されたシルエットとダメージの共演こそが、大人のちょい不良(ワル)なデニムスタイルには有効なんです。

◆ ちょい不良(ワル)なスタイリングはこちら! 

爽やかアイビーをワイルドに変身

▲ デニム3万9600円、Pコート7万7000円、パーカ4万1800円、Tシャツ1万1000円、スニーカー2万900円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
アーミー テーラリング コレクションで展開するピーコート。ショートレングスとダメージデニムによるアクティブな印象に、スウェットフーディがお似合いです。そのフーディも、同コレクションから。ハーヴァード大学とのオフィシャルコラボで、ピーコートとのコーデはアイビーそのものですが、ダメージデニムが不良(ワル)さと色気を注入します。
PAGE 5

◆ オススメデニム その4

デニム大国イタリアの威信をかけた力作

デニム5万5000円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)
こちらはマエストロ デニム コレクションからの一本で、リアルなダメージ加工は職人の手技によるもの。その名もアルチザン ウォッシュ! 確かに、タタキの仕上がりなどに高度な技術が垣間見られます。さらに、左ポケットのレザー切り替えやバックポケットのレザートリムにも注目を。レザーの光沢が、腰回りの色気を誘います。

◆ ちょい不良(ワル)なスタイリングはこちら! 

野暮じゃない、質にこだわったタフGUY

デニム5万5000円、レザージャケット12万1000円、ニット2万4200円、ストール1万3200円、ブーツ3万8500円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
ハードなダメージとレザーアクセントを効かせた一本は、まさにアーミー テーラリングで展開するレザージャケットと好相性。ヴィンテージなスポーツジャケットを想起させる無骨なデザインを生かして、モノトーンで男らしくまとめるのが正解かと。そんな中にも、ニットやストールで優しさを注入するのが、LEON的ちょい不良(ワル)デニムスタイルの極意です。
PAGE 6

◆ 番外編 

デニムだけじゃない! こちらも要チェック!

▲ パーカ2万8600円、パンツ2万8600円/ともにリプレイ(ファッションボックスジャパン)
サルトリアーレ コレクションには、デニム以外のアイテムも充実。その中から今回ピックしたのは、ジャージーセットアップです。高いストレッチ性を備えながらキックバックに優れ、さらに表面感も見てのとおり実になめらか。スラントポケットの採用も然り、単にワンマイルで終わらない街着として通用する仕上がりになってます。

ワンマイルじゃもったいない!? 大人ジャージーの理想形

▲ パーカ2万8600円、パンツ2万8600円、ブルゾン7万5900円、Tシャツ1万1000円、スニーカー3万3000円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)
チャコールグレーと相まって、ワンマイルどころかモードな洗練ささえ漂うジャージーセットアップスタイル。合わせたアウターは中綿入りフーディ。スポーティにしてちゃんとアーバンな香りを漂わせられます。
素材はポリエステルにレーヨンとポリウレタンをブレンド。シルエットは上下ともにスリムで、それも洗練顔に見せてくれる要因です。まぁ、これを家で着るというのも、ある意味贅沢でイイですけどね。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ 今シーズンもネイマールがアンバサダーに!

今回紹介したコレクションラインのひとつ「サルトリアーレ」では、サッカーブラジル代表、パリ・サンジェルマンFC所属のネイマールを起用したADVを展開。

ネイマールの他にも、ウサイン・ボルト、ボーデン・バレットなどのスター選手がリプレイのグローバルアンバサダーとして活躍中。ファッション、ウェルネス、スポーツをつなげて推進しています。

ジャケット7万5900円、Gジャン5万6100円、デニム参考商品、Tシャツ1万1000円/すべてリプレイ(ファッションボックスジャパン)

■ お問い合わせ

ファッションボックスジャパン 03-6452-6382
https://www.replay-j.jp
Instagramはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        やっぱり男はちょい不良(ワル)デニムがやめられない! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト