• TOP
  • FASHION
  • 今、何を履いていいかわからないという方へのベストアンサー

2020.02.14

今、何を履いていいかわからないという方へのベストアンサー

冬でもスニーカーはもちろんアリですが、もう少し大人っぽく足元を固めたいときもありますよね。そんな時に頼りになるのがスエードチャッカ。冬場のボリューミィなアウターを受け止めつつ、どこか全身を軽快に仕上げてくれるのがいいんですよ!

CATEGORIES :
CREDIT :

スナップ・写真/Yu Fujiwara(@8and2)、Massi Ninni 静物・写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/吉田 巌(十万馬力) 

スエードチャッカはスニーカー感覚で履けて、どんなスタイルにも合う!

ネイビーの上質なチェスターコートに、千鳥のジャケット、ネイビーのタートルネックニットに白デニム。そして足元はスエードチャッカというコーディネート。どれもべーシックですが、色褪せない新鮮さが感じられます。表革のブーツではなく、スエードというのが軽さを演出。コンビのサングラスや手に持ったグローブなど、小物選びも秀逸です。
手前右側の御仁、ジャケットスタイルにスエードチャッカ。やはりこちらもパンツ丈を少し短くして、ブーツがフルで見えるように仕上げているのがポイント。
向かって左側の御仁、ベージュとグレーで全身をコーディネート。おそらくクラークスのデザートブーツと思われますが、つま先に多少の汚れがあっても、それはそれで味として映える魅力もチャッカーブーツならではかと。
コートのような大物アウターとバランスが取りやすく、足首が隠れるから防寒性も高い。しかもスニーカーより断然大人っぽく仕上がる……ことほどさように、冬はブーツが一番活躍する季節です。

とはいえ一口にブーツと言ってもドレッシーなタイプからワーク系のガツンと無骨なタイプまで様々なあり、どれを選べばいいのかわからない人も多いでしょう。そんな方々にLEON.JPが自信を持ってオススメするのがスエードチャッカ。

理由は明快です。上の海外スナップをご覧の通り、ありとあらゆる冬スタイルに馴染んでしまうんですよ。そこそこ品がありながら、スエードの素朴な風合いからスタイルに絶妙な抜け感をもたらしてくれるのも今っぽいと思いません?

くるぶしが隠れるくらいの短め丈ゆえ、ブーツ初心者もスニーカー感覚でトライしやすいのもいいところ。もちろんスエードチォッカは春夏にも使えますし、コーデ万能ぶりから出張や旅行にも重宝。以下とくに狙い目のモデルをピックアップしましたので、冬の足元で悩んでいる人はじっくりチェックを!
PAGE 2

◆ おすすめのスエードチャッカ その1 「クロケット&ジョーンズ」

世界中の洒落者御用達の英国名門謹製チャッカ

7万円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト青山本店)
創業以来ドレス靴主体に展開してきたノーサンプトンの名門シューメーカーが、密接な関係にあった英国陸軍のブーツから着想し、ドレスカジュアル靴として1960年代に開発したモデル。ブーツらしいボリュームがありながら、じつは内振りの強い細身木型を採用しているため、幅広いスタイルに映えます。履き心地の良さからも世界中の洒落者から愛されてきた名作です。

◆ おすすめのスエードチャッカ その2 「ジェイエムウエストン」

履いた瞬間に即馴染む! フレンチ流チャッカならコチラ

9万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
ジャズの帝王マイルス・ディヴィスの生き様や、彼が生み出した自由な音楽から着想を得た「マイルスコレクション」の一足。ジェイエムウエストンを代表するダービーシューズ『♯677ハント』をもとにした木型に、屈曲性に富むラバーソールを合わせています。キメの細かいカーフスエードはしなやかで、足入れの良さも抜群です。
PAGE 3

◆ おすすめのスエードチャッカ その3 「クラークス」

時代と世代を超えて愛される永遠の名作

2万3000円/クラークス(クラークスジャパン)
チャッカと言えば絶対忘れちゃならないのがクラークスの「デザートブーツ」。1950年にカイロのバザールで売られていたブーツから着想を得て開発したクラシックなモデルで、数々のフォロワーを生み出したことでも知られます。

LEON.JP読者には昔履いたことがあるという人も多いかもしれませんが、独特のクレープソールがもたらす履き心地は今なお別格。コバのステッチが愛らしいアクセントになっているのも魅力で、よりカジュアルな趣きのチャッカが好みならこれが鉄板です。

◆ おすすめのスエードチャッカ その4 「エヌ ピー エス」

英国ノーサンプトン製ながらうれしい価格帯をキープ

2万8000円/エヌピーエス(ヴァルカナイズ・ロンドン)
エヌピーエスは“NORTHAMPTONSHIRE PRODUCTIVE SOCIETY”の略。1881年に英国靴の聖地ノーサンプトンで結成された、靴職人たちのための共同組合を原点とする実力派のファクトリーです。

昔からブーツ作りを得意としており、実は某有名ブランドのデザートブーツのOEMもここが担当。それだけにご覧のチャッカも抑えられた価格に比して、クオリティはメチャ高。ツウ好みの一足が、今時この価格で手に入るのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255
クラークスジャパン 03-5847-7273
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        今、何を履いていいかわからないという方へのベストアンサー | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト