• TOP
  • FASHION
  • 【大人の基本】上品に見えるポロシャツといえば?

2019.07.25

【大人の基本】上品に見えるポロシャツといえば?

スポーティだけど上品。襟付きのポロシャツは夏の大人コーデにおいてまさに理想的ですが、さらに上品に見せたいなら鹿の子ではなく、ジャケットもこなせるニット地が狙い目です。

CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

街でもリゾートでも、大人は困ったらニットポロです

大人の休日カジュアルにおける定番トップスといえば、やはりポロシャツでしょう。スポーティながら襟付きとあって、スラックスに合わせても違和感ありませんから。昨今はビジネススタイルでも許容されており、もはやオンオフで大人の夏トップスの必需アイテムとなっています。

とはいえ、ポロシャツはあくまでスポーツアイテム。より大人コーデに馴染ませるには、素材でクラス感アップを狙いたいところです。狙い目はハイゲージニット。鹿の子よりも柔らかく、ドレープが美しい生地感は、断然上質に見えます。

そんなスポーティさを抑制したニットポロなら、ジャケットやセットアップともマッチ。夏のリゾートアイテムとしても、注目したいですね。

◆ ジョン スメドレー

ハイゲージならではの繊細なドレープが品良し

2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
上質ニットポロを探すなら、まずは「ジョン スメドレー」から。繊維が細く長いシーアイランドコットンならではの繊細なドレープ感が楽しめる、30ゲージのハイゲージニットを採用しています。

やや着丈が短めのスマートなシルエットも見どころです。また、コンパクトな襟はニットでも立体感を保ち、上質さをアピール。ジャケットとのバランスも文句なしです。
PAGE 2

◆ スローン 

より上品さをアピールするなら、この色です

2万2000円/スローン
14ゲージに編み上げたコットン天竺は、柔らかなドレープ感を楽しませつつも、適度にハリがあるのが特徴。やや広めなリブ裾に加え、減らし目を駆使したリブ襟が、クラシカルな雰囲気を漂わせます。

ユニセックスで着用できるアイボリーカラーは、ドレーピーな生地感とともに、スポーティなポロシャツをエレガントに見せてくれます。

◆ ザノーネ 

爽やかなのは、夏色だけでなく素材もです

4万2000円/ザノーネ(スローウエア ジャパン)
身幅をスリムにデザインしリブを採用することで、すっきりとしたシルエットなこちら。さらりとした肌触りを楽しませてくれる生地は、ナイロンにコットンをブレンドしたもの。

それを細かな凹凸のあるジャカード編みにすることで、ドライな清涼感のある生地感に仕上げています。リブに配したネイビーも、見た目に爽やかさを演出してくれます。
PAGE 3

◆ グランサッソ

いざ袖を通せばわかる、洗練シルエット

2万4000円/グランサッソ(フローエンス)
ベーシックなデザインに定評のあるイタリアブランドらしく、こちらのポロシャツも誰でにも着こなしやすい顔つきに。ニットポロでは定番のリブを採用しないデザインは、一見スポーティさが強めな印象です。

しかし、無駄のないスリムなシルエットと、細くやや長めに設定されたアームが、ラフな印象を抑制。ボタンを開けた際の襟の開き角度も、ジャケットと好相性です。

◆ ゴビ 

鮮やかな夏色と裏腹な、ラグジュアリー素材

1万9000円/ゴビ(シック)
カシミアに一家言ある方なら、このブランド名にピンときたことでしょう。こちらのニットに使われる主素材はカシミア。それだけで極上の肌触りを想像できますが、さらにコットンとシルクをブレンド。

ふわりとしながら滑らかという、贅沢極まる1枚に仕上がっています。そんな生地感を生かすために、リブも締め付け感を軽減するよう幅が狭めになっています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

シック 03-5464-9321
スローウエア ジャパン 03-5467-5358
スローン 03-6421-2603
フローエンス 050-5433-3616
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【大人の基本】上品に見えるポロシャツといえば? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト