• TOP
  • FASHION
  • 大人なら絶対に持っておくべき時計の筆頭は、“薄型時計”と言われる2つのワケ

2019.06.05

大人なら絶対に持っておくべき時計の筆頭は、“薄型時計”と言われる2つのワケ

薄型のドレス時計のメリットは、毎日つけても嫌味がなく、その人をどこか知的に見せてくれるところ。スーツにしか合わないと思っていたら、それは残念。実は、カジュアルを品よく見せるアクセントとしても優秀なのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/吉田 巌(十万馬力)

薄型時計は仕事用? いえいえ、オフにも活躍するんです!

薄型ケースで、2針、3針のシンプルなフェイスの時計は、大人の男なら一本は絶対持っておくべきジャンル。格式高い場面もこなしますし、端正かつ知的なビジネススタイルを築きたいときにも、やっぱり一番頼りになりますから。

一方、カジュアルには合わないと思われがちですが、デニムにTシャツといったカジュアルなコーディネートにサラリとつけるのも意外やオツ。最近はデカ厚時計が幅を利かせていますが、袖口にこういう華奢で上品な時計があると新鮮に見えます。特にそれが高級ブランドの1本だと、大人の余裕や洒脱さも醸し出せるでしょう。

以下、実際にオン・オフのコーデに合わせて検証するとともに、オススメの薄型時計をご紹介します。
PAGE 2

● だから薄型時計は買ってお得 その1 「スーツに合う」 

デキそな男に見せるには、薄型時計がやっぱり鉄板!

スーツ29万1000円/ベルヴェスト、ベルト2万7000円/シャンボール セリエ(ともに八木通商)、シャツ3万6000円/ボリエッロ(インターブリッジ)、タイ1万円/レガリアセレモニー(エスディーアイ)、チーフと靴はスタイリスト私物
ベーシックなグレースーツとのコーディネート。最近はダイバーズやクロノグラフをスーツに合わせる人も多いようですが、大切な商談やプレゼンといったココ一番なシーンでは、やっぱりこういうシックな薄型時計を合わせておくと安心感につながります。知的で誠実な雰囲気が高まり、先方も「こいつに仕事を任せてみよう」という気になります。

ちなみに靴やベルトは、このように時計のベルトと同系色で揃えるのが正解。ここがチグハグだと一気にだらしなく見えてしまいますのでご注意を。
PAGE 3

● だから薄型時計は買ってお得 その2 「デニムに合う」 

デニムにあえて薄型時計が、むしろ知的に見える

シャツ2万1000円/ギ ローバー(エリオポールメンズ銀座)、カットソー9200円/マジェスティック フィラチュール、デニム2万7000円/アントレ アミ、靴4万6000円/デュカルス(すべてインターブリッジ)、サングラス3万2000円/ブラン(ジービーガファス)、ベルト1万5000円/アンダーソンズ(エスディーアイ)
休日は、デニムにシャツを無造作に羽織ったスタイルでお出かけする人も多いと思います。装いがシンプルだから、ガツンと存在感のある時計でバランスを取りたくなる気持ちもわかりますが、そこをあえて薄型時計とすることで、逆に余裕たっぷりな大人のムードが醸し出せるのです。

実際、海外の洒落者にはカジュアルに薄型のドレス時計をごく普通に合わせる人が多数。ご覧のコーディネートも、足元がレザーの白スニのせいか、ゲンスブールのような色気も感じません?
PAGE 4

今買うなら、おすすめの薄型時計はこの3本

◆ おすすめの薄型時計 その1 「ヴァシュロン・コンスタンタン」 

古豪ブランドを代表する薄型ドレス時計

「パトリモニー・オートマティック」自動巻き、18KYGケース(40mm)、アリゲーターストラップ。281万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
1755年にジュネーブで創業以来、途絶えることなく続く最古の時計ブランド「ヴァシュロン・コンスタンタン」。パトリモニーはその代表コレクションであり、圧倒的技術の証明である極薄仕立ての時計が揃います。

こちらは8.55mm厚のスリムなケースに、カレンダー付きの自社製自動巻きムーブメントCal.2450 Q6を搭載。とてもシンプルなデザインですが、長くシャープなインデックスを配した文字盤は、静謐な美しさに満ちています。

◆ おすすめの薄型時計 その2 「ジャガー・ルクルト」 

小径化で研ぎ澄まされた美しさが一層際立ちました

「マスター・ウルトラスリム・デイト」自動巻き、SSケース(39mm)、アリゲーターストラップ。83万円/ジャガー・ルクルト
「ジャガー・ルクルト」のドレス時計というと反転構造を持つ角形時計『レベルソ』が有名ですが、もちろんラウンドケースでも数多くの名作を輩出しています。特に、『マスター・ウルトラスリム』は薄型時計を好む人に圧倒的に支持されてきたシリーズ。

こちらはマスター・ウルトラスリム・デイトの新作で、従来の40mmから径を1mmサイズダウン。7.8mm厚の超薄型仕立てと相まって、一層手首への馴染みが向上しています。その他インデックスも長くされ、文字盤のサンレイ仕上げもより繊細なものとなりました。
PAGE 5

◆ おすすめの薄型時計 その3 「ピアジェ」 

極薄時計の大家による永遠の名作

「アルティプラノ」手巻き、18KPGケース(38mm)、アリゲーターストラップ。175万円/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)
薄型時計といえば絶対に外せないのが「ピアジェ」。1957年に有名な極薄の手巻きムーブメントCal.9Pを発表して以降、ずっとこの分野をリードし続けています。

ご覧の『アルティプラノ』は、そのCal.9Pの後継として1988年に発表されたCal.430Pを搭載。このムーブメントは僅か2.1mm厚しかなく、結果、4.2mm厚という極薄ケースを実現しています。

そこにシンプルな文字盤と針を合わせたことでピュアな美しさが引き立っており、時計好きはもちろんのこと、世界中のウェルドレッサーからも愛される名作です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

インターブリッジ 03-5776-5810
ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
エスディーアイ 03-6721-1070
エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455
ジービーガファス 03-6427-6989
ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
ピアジェ コンタクトセンター 0120-73-1874
八木通商(ベルヴェスト、シャンボール セリエ) 03-6809-2183

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL