2019.04.01

これな〜んだ? 答えはエルメスの…!?

「それ、な〜に!?」と突っ込まれたらこっちのもの! な3つの革製品をリコメンド。なんせ、かのエルメスが作る、エスプリの効いた便利グッズなのですから。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/瀧川修平

ボールペン、スピーカー、そしてスマホケースなんです

黄色と銀の小さな円錐、茶色の大きな円錐、真っ赤な楕円のシート。これ、何だかわかりますか? 実は、エルメスが今季新たに生み出したレザーアイテムなのです。

最初にクローズアップしたいのが、黄色と銀の小さな円錐。こちらは起き上がり小法師よろしく、絶対に倒れない自立型ボールペン。例えばデスクの上にコロンと立てておけば、いちいちペンを引き出しの中から探す必要が無くなるだけでなく、オブジェとしてもお洒落でしょ?

続いて茶色の大きな円錐。こちらは細い方に開けられた四角い穴にスマートフォンを差し込むことで、スマホから流れる音楽を共鳴させるメガホンのようなもの。音量を底上げするハイテクなツールはゴマンとありますが、あえて今このアナログな感じがいいじゃないですか。

最後に真っ赤な楕円のケース。マウスパッド!? いえいえ、違います。こちらはスマートフォンケース。首から下げて持ち運べるので、来たる夏のシンプルなコーディネートのアクセントにもなり得るのです。

ひと目見ただけでは何に使うモノだかわからない3つの革製品。持っているだけでセンスの良さがアピールできるのは、やはりエルメス謹製ならではでしょう。これらが何だかわかった今、より物欲に拍車が掛かったのではないでしょうか。
PAGE 2

1)実はこれ、ボールペンなんです 

オブジェとしてもひと役買います

10万4000円/エルメス(エルメスジャポン)
1985年から2000年初頭まで展開されていたボールペン「キュルブト」が、今季レザーを巻いて復刻されました。商品名はフランス語で“起き上がり小法師”の意。小さくても手の平にボトムの球体がジャストフィットするため、意外な書きやすさをお約束します。

2)実はこれ、スマホ用スピーカーなんです 

アナログな手法にみんなホッコリ

9万9000円/エルメス(エルメスジャポン)
エルメスを代表するモチーフのクルー・ド・セルやセリエステッチが施された、レザー製のiPhoneスピーカー「アプ・プリ」。使わないときは一枚のレザーシートにトランスフォームするため、持ち運びも楽ちん。アウトドアイベントのお供にもうってつけです。
PAGE 3

3)実はこれ、スマホケースなんです 

実はあのモチーフでもあります

11万2000円/エルメス(エルメスジャポン)
エルメスを代表するシルバージュエリー、シェーヌ・ダンクルのコマからインスパイアされたスマートフォンケース「イン・ザ・ループ」。首から下げるも良し、たすき掛けしても良し、ざっくりトートのハンドルに付けてすぐ取り出せるようにするのも妙手です。取り外し可能なカードケース付き。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

エルメスジャポン 03-3569-3300

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL