• TOP
  • FASHION
  • 【体型別 痩せ・ぽっちゃり・低身長】 スマートに見えるスーツの選び方

2019.03.12

【体型別 痩せ・ぽっちゃり・低身長】 スマートに見えるスーツの選び方

多くの人が体型に多かれ少なかれコンプレックスを抱いていることでしょう。ですが、だからってスーツが似合わないということはありません。ちょっとしたポイントに気をつければ、誰だってスマートなスーツ姿を築くことができるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) イラスト/林田秀一 スタイリング/稲田一生 テキスト/吉田 巌(十万馬力)

失敗しないスーツ選びは、必ずあります

たとえば太めの人が少しでもスマートに見せようとタイトなスーツを着る。あるいは細身の人が威厳を出そうとワンサイズ大きめのスーツを着る……。コレ、どちらもありがちな失敗例。

逆に体型的なウィークポイントが際立つ結果となります。そんなふうにウィークポイントを無理に“打ち消す”方向ではなく、その体型だからこそ似合うスーツを探してみる。体型にコンプレックスを抱えているのなら、そんな逆転の発想こそが成功の近道。

そもそもスーツというものは、おしなべて男たちの体を美しく見せるために進化してきたもの。どんな体型だって必ず“正解”があるのです。以下に具体例を紹介していきましょう。

● 「痩せ型」におすすめのスーツ「ユナイテッドアローズの2B」

ナローラペルのシャープなスーツがおすすめ

ジャケット2万8000円、パンツ1万4000円/ともにユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)
芯材のまったく入らない超軽快仕立てのセットアップスーツ。ジャケットのラベル幅は7.5㎝と細めで、2つボタンならではの深いVゾーンとともにシャープに着用できます。

パンツは腰回りにゆとりのある1ブリーツ入りのデザインで、背面にはゴムを仕込んでいるため楽チンな履き心地です。ポリエステル75%+レーヨン25%の生地は、非常にしなやかな肌ざわりでストレッチ性も満点です。
スーツの雰囲気を決定するのがラペルです。時代ごと太めが流行ったり細めが流行ったりしてきましたが、最近は8.5㎝前後が主流で、これより太いとワイドラペル、細いとナローラペルと呼ばれます。

このうち細身体型にお勧めしたいのが、ナローラペルのスーツです。威厳を出そうと太めのラペルを選ぶ人もいるようですが、それは逆効果。かえって体型が貧相に見えてしまいますから。

そして全体的なシルエットもやや細身のものを選ぶのが正解でしょう。あまり余裕がありすぎると生地がバタバタしてしまい、着せられた感じになってしまいます。
PAGE 2

● 「低身長」におすすめのスーツ 「ラルディーニの2B」

着丈やや短めのコンパクトタイプがおすすめ

12万9000円/ラルディーニ(ビームス 六本木ヒルズ)
コンパクトなデザインで、芯材も極力排除したスーパーアンコン仕立てのセットアップ。こちらは軽量なストレッチ素材を使用したトラベルシリーズの一員で、シワになりにくい生地の利点を生かし、付属のポーチにしまえるパッカブル性能まで備えています。

そんな機能系スーツでありながら、着用するとしっかり品のある見た目を構築するのはさすがです。生地はポリエステル58%+ウール44%+ポリウレタン2%。
身長の低さを誤魔化そうと、大きめのスーツを着るのは絶対NG。どんな体型の人も身体にぴったりあったサイズ感のスーツを着るのが鉄則です。たとえ身長が低くても、ジャストサイズのスーツをビシッと着ていれば、それだけで威厳ある見映えとなるものです。

その上でちょっとしたコツを伝授するとしたら着丈です。ジャケットはなるべく短めの着丈のコンパクトなシルエットのものを選ぶと、下半身と1:1のバランスになり、身長の低さが目立ちません。

また、パンツもやや短めの丈に設定して靴下をしっかり見せること。このあたりがズルズルしているとかえって脚が短く見えてしまうので注意です。
PAGE 3

● 「ぽちゃり」におすすめのスーツ 「タリアトーレのダブル」

“ぽっちゃり”を貫禄に転換するダブルスーツがおすすめ

10万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ)
人気絶好調のイタリアブランド、タリアトーレのダブルスーツ。クラシックな幅広ラベルや高めのゴージ位置、シェイプの効いたシルエットなどこのブランドらしい“攻め”を感じさせる一着です。涼やかなライトベージュの生地はコットン55%+ウール45%・
ぽっちゃり体型の人が無理して細身スーツを着てもダメ。ムチムチ感が際立ってしまい、見た目にも暑苦しい印象になってしまいます。

おすすめはダブルブレストのスーツ。合わせが深いため、ぽっこり出たお腹周りが目立たないからです。またダブルスーツはほとんどラペル幅もガツンと太めゆえ、逆に全身がすっきり見えるというメリットも。

もっともダブルはシングルより装飾性が強く、太った自分が着たら迫力が出すぎるかも……なんて心配するかもしれませんが、近頃主流の軽快な仕立てのものならそんな心配は無用。安心してトライしてみてください。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

トレメッツォ 03-5464-1158 
ビームス 六本木ヒルズ 03−5413−7690
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03−5772−5501

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        【体型別 痩せ・ぽっちゃり・低身長】 スマートに見えるスーツの選び方 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト