• TOP
  • FASHION
  • 注目!? グッチの名品アイテムといえばコレ!

2022.01.13

注目!? グッチの名品アイテムといえばコレ!

新春ですから、まずは気分をアゲてくれるアイテムで景気付けを図ってみてはいかがでしょう? そこでご提案したいのがアイコニックな名品。数多あるなかから、華やかで主張の強いアイコンを備えたグッチの新作を推奨します。これで今年は、春先まで気分良くいきましょう!

CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log) スタイリング/稲田一生 文/T.Kawata 構成/長谷川茂雄

一年のスタートは、お馴染みのモチーフから

さあ、新春を迎え、今年も一年景気よくまいりましょう! 何事もスタートダッシュが肝心ですから、勢いをつけるためにも気分をアゲるアイテムをご紹介します。

新春に思わず袖を通したくなる、そんな華やかさを持ち合わせたものといえば、やはり柄アイテム。しかも総柄のものなら、縁起がいい感じがしませんか? なかでも強力な存在感がある総柄アイテムといえば、真っ先にグッチのGGパターンのそれを思い浮かべる方も多いかと。

GGパターンは、ご存じの通り、創設者であるグッチオ・グッチのイニシャルから生まれたもの。それをあしらった名品も数知れず。

今回は、華やかさや存在感はもちろん、新春ですから、即戦力でありながら、文字通り春先までヘビロテできるウエアをテーマに新作をピックアップしてみました。

まだまだ冬本番の今はヘビーアウターのインナーとして、寒さが和らぐ春には、メインのアウターとして活躍するGジャンやカーディガンが筆頭です。

インでもアウトでも間違いなくコーディネートの主役となるのが、GGパターンの威力。アイコニックなモチーフに身を包み、気分をアゲながら今年一年楽しんでいきましょう♡
PAGE 2

◆ GGパターン その1 「デニムジャケット」

実はサステナビリティにも配慮しているんです 

▲ 33万円/グッチ(グッチ ジャパン) ※2月発売予定
デニム素材に大胆なGGパターンを配したGジャン。シルエットはオーバーサイズで、イマドキのリラックスした雰囲気が漂います。背中にアクションプリーツが設けてあり、動きやすいのもポイントです。表生地には環境への負荷を軽減したエコ ウォッシュドのオーガニックデニムを採用。
ライニングはチェックのフランネル生地になっています。長年愛用したかのようなソフトな風合いで、肌触りがとてもいいんです。
ジャカードで表現したジャンボなGGパターン。ほどよく光沢のある糸を使い、高級感は絶大。全体像を再確認してほしいのですが、ポケットや切り替えがあるにもかかわらず、柄合わせが完璧なんです!
PAGE 3

◆ GGパターン その2 「デニムパンツ」

ワイドシルエットでユルくいきましょ

▲ 12万6500円/グッチ(グッチ ジャパン) ※2月発売予定
上でご紹介したGジャンと同素材のデニムパンツ。ワイドシルエットで股上は深め。そんな気取りのない雰囲気がたまりません。デニムはソフトな風合いですから、リラックスムード満点にはけますよ。こちらもヒップポケットは柄合わせがなされていて、後ろ姿が、なんとも洗練された印象です。
PAGE 4

◆ GGパターン その3 「カーディガン」

ジャケットの下からチラ見えするだけで効果絶大

▲ 17万6000円/グッチ(グッチ ジャパン)
グリーン地にネイビーのGGパターンは、華やかそのもの。レギュラーシルエットですが、なにせダイナミックに配されたGGですから、塩梅は非常によろしいかと。上質なミドルゲージのウールを使うなど、ディテールの高級感は言わずもがなです。

PAGE 5

◆ GGパターン その4 「クルーネックニット」

一枚で着てもサマになるポップなニット

▲ 12万6500円/グッチ(グッチ ジャパン)
目の覚めるようなコバルトブルーに赤いGGパターンを乗せたキャッチーな一着です。ポップな雰囲気がありながらも、フォルムがシンプルですから悪目立ちする心配はありません。

素材は上のカーディガンと同じくソフトな肌触りのウール。控えめがお好きな方は、ジャケットのインナーにアクセントとしてお使いください。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        注目!? グッチの名品アイテムといえばコレ! | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト