• TOP
  • ELECTRONICS
  • “強スペック”を身につける! 「本物」志向のガジェット&アイテム6選

2021.10.31

■富士フイルム「GFX100S」で撮る

“強スペック”を身につける! 「本物」志向のガジェット&アイテム6選

大人たるもの、身につけるモノ、普段使うモノこそ「本物」を揃えるべき。ここでは、そんな“強スペック”のアイテムをスタイリングとともにご紹介! なお、撮影には驚異の“1億画素”を誇る富士フイルム「GFX100S」を使用しました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/中西 学 スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/北村達彦 文/NomaGo 構成/平井敦貴

「本物」を知るのが一流の男です

今やあらゆるモノが安価になり、それなりの金額でそれなりのモノが買える時代。でも、だからこそ「本物」を知ることが必要だとも言えるでしょう。

「本物」の価値はその“スペック”に現れるもの。ここでは、アウターやスーツ、ガジェットなど、大人に相応しい“強スペック”なアイテムをスタイリングとともにご紹介。一流を知る大人なら、普段使うものこそ「本物」を選ぶべきですぞ。

撮影カメラも“強スペック”!

1億画素を誇る、富士フイルム「GFX100S」。多くのプロが使用する35mm判フルサイズよりもさらに約1.7倍も大きいラージフォーマットセンサーを搭載し、圧倒的な描写力を誇ります。本稿は、そんな“強スペック”カメラで撮影を行いました。

■ 富士フイルム「GFX100S」
https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/gfx100s/

PAGE 2

◆ “強スペック”アイテム(1)

「モンクレール グルノーブル」のフーデッドパーカ

▲ ブルゾン19万5800円、Tシャツ4万700円、パンツ6万6000円、レギンス6万1600円/すべてモンクレール グルノーブル、靴7万4800円、バッグ10万2300円/ともにモンクレール(すべてモンクレール ジャパン)、サングラス4万2900円/モンクレール ルネット(モンクレール ルネット カスタマーサービス)
アクティブスタイルを「本物」でこなすなら「モンクレール グルノーブル」がドンズバ。なかでもフーデッドパーカ「Villair(ヴィラール)」なら、ビビッドな赤が“映える”うえ、昨今トレンドのストリート感もプラスします。
素材には、軽量で耐久性に優れたポリエステルにGore-tex® Paclite メンブレンを組み合わせることで高い防水性を発揮。急な雨風のみならず、アウトドアから本格登山までしっかり対応する、まさに“強スペック”な一着なのです。
PAGE 3

◆ “強スペック”アイテム(2)

「バング&オルフセン」のANCワイヤレスイヤホン

今や完全ワイヤレスイヤホンはファッションアイテムの一つと言っても過言ではありません。そんなイヤホンを“強スペック”で選ぶなら、音質・機能・デザイン性の高さは必須条件。「バング&オルフセン」の「Beoplay EQ」なら、そのすべてを高いレベルで実現します。
▲ 「Beoplay EQ」3万9900円/バング&オルフセン https://www.bang-olufsen.com/ja/us/earphones/beoplay-eq
音質は原音に忠実で、ロックからジャズ、クラシックまで“こだわり派”も納得の繊細な音を再現。機能面も抜かりなく、同ブランド初の「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」を搭載し、左耳側面を2回タップするだけでANC・透過モード・オフの3モードが切り替え可能に。

ケースと本体側面は高級感のあるアルマイト加工アルミニウム仕上げで、光の当たり方によってニュアンスを変えるのもポイント。イヤホンは意外と人に見られるものですが、艶感のあるデザインは耳元にドレッシーな雰囲気を醸します。
PAGE 4

◆ “強スペック”アイテム(3)

「トライアーノ」のセットアップ

▲ ジャケット8万6900円、パンツ3万8500円、シャツ2万8600円/すべてトライアーノ、タイ3万7400円/アット ヴァンヌッチ(すべてバーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、メガネ6万3800円/ディータ(オブジェ・イースト)、バッグ5万2800円/ペッレ モルビダ(ペッレ モルビダ銀座)、その他はスタイリスト私物
クレリックシャツにペーズリーのタイが大人な雰囲気。なかでも注目すべきは“強スペック”なそのセットアップです。

ミラノに本社を置く「トライアーノ」のセットアップはスポーツマテリアルを使用することで快適な着心地を実現。自社開発のストレッチ生地により、軽量で伸縮性が高く防シワ性に優れ、さらにはウォッシャブル、ノーアイロンのイージーケアなど機能満載です。

イタリアのサルトの歴史を汲みながらも最先端の技術が融合したコチラの一着。大事なプレゼンから出張まで、あらゆるビジネスシーンで活躍すること請け合いです。
PAGE 5

◆ “強スペック”アイテム(4)

「VAIO」のノートPC

今年、待望の復活を遂げた「VAIO Z」は、ハードもソフトも“強スペック”。筐体は立体整形のフルカーボンボディにより、一般的なノートPC(マグネシウム合金・アルミ合金素材)の約2倍の剛性を実現します。また、1kgを切るモバイルノートPCでありながらもデスクトップ級の高性能プロセッサー「Core i7-11375H(※)」を搭載し、重い作業もお手の物。
※プレミアムエディションの「VAIO Z | SIGNATURE EDITION」に搭載。
▲ 「VAIO Z」オープン価格/VAIO https://store.vaio.com/shop/pages/z141g.aspx
14.0型のワイドディスプレイは4K解像度の選択も可能。そのまま倒せばフルフラットになるので、商談時の資料提示もスムーズに行えます。Windows 11にいち早くアップグレードできるため、ハイスペックPCを探している方にはこれ以上ない選択肢となるでしょう。
PAGE 6

◆ “強スペック”アイテム(5)

「エンメティ」のライダースジャケット

▲ ブルゾン14万800円/エンメティ、4万2900円/PT トリノ(ともに伊勢丹新宿店)、ニット2万8600円、靴1万9800円/ともにエストネーション、時計138万6000円/オメガ(オメガお客様センター)
シングルのライダースジャケットは男の定番。なかでも「エンメティ」の人気モデル「アンドレア」は、スッキリとしたシルエットでクリース入りのスラックスとも高相性。ゴールドパーツのジッパーやスナップも程よいアクセントで、キレイめなスタイルに“艶感”をプラスします。
注目すべきはその素材。やわらかなピッグスエードは鞣しの段階から撥水溶剤を染み込ませており、急な雨でも問題なし! その撥水性はまさに“強スペック”と言えるでしょう。また、薄い中綿入りの仕立てにより防寒性も十分。これ一着で秋冬のデートがキマるんです。
PAGE 7

◆ “強スペック”アイテム(6)

「パナソニック」の6枚刃シェーバー

メンテを怠ると清潔感に欠けてしまうのが「ヒゲ」。いくら伸ばしていると言っても、喉元や頬のムダ毛処理は丁寧に行うのが大人の所作と言えましょう。

そんなシェーバーのなかでも圧倒的な“強スペック”を誇るのが「リニアシェーバー ラムダッシュ 6枚刃」。パナソニック史上初となる6枚刃を採用し、歴代モデルと比較しても別格の剃り味を実現。やっかいな「アゴ下の長いくせヒゲ」も素早くムラなく剃り上げます。
▲ 「リニアシェーバー ラムダッシュ 6枚刃」オープン価格/パナソニック https://panasonic.jp/shaver/products/lamdash6.html
また、毎分約1万4000ストロークのリニアモーター駆動により、濃いヒゲであってもハイパワーで早剃りが可能に。

風呂剃りができるほか、「ES-LS9AX」には自動で刃を洗浄する専用充電器も付属するので衛生面でも安心。これ一台で毎日のシェービングを劇的にアップデイトしてくれます。
PAGE 8

◆ “強スペック”撮影カメラ

1億画素はダテじゃない、富士フイルム「GFX100S」

▲ 「GFX100S」オープン価格/富士フイルム https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/gfx100s/
本撮影を行ったのは富士フイルムのミラーレス一眼カメラ「GFX100S」。いわゆる「中判サイズ」のラージフォーマットセンサーを搭載し、その画素数は驚異の“1億”! 文字通りケタ違いの描写力を誇ります。また、前モデル「GFX100」から大幅な軽量化を遂げ、静物撮影からポートレート、風景撮影まで幅広いシーンにも対応。思い出の一場面を圧倒的なクオリティで残すことができる、まさに“強スペック”のカメラなんです。
PAGE 9
いつの時代も紳士は「上質なモノ」を使うもの。ぜひ本物志向の“強スペック”アイテムで、男に磨きをかけてくださいませ。

■ お問合せ

モンクレール ジャパン 0120-977-747
モンクレール ルネット カスタマーサービス 0120-243-334
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
ペッレ モルビダ銀座 03-5524-2808
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
エストネーション 0120-503-971
オブジェ・イースト 03-3538-3456
オメガお客様センター  03-5952-4400

中西 学(なかにし まなぶ)

写真家。日本の美を世界に発信したいと思い写真を始める、風景や人々の営みを写真や動画を通じて海外にSNSを通じて発信することを志している。ドローンやVRなど最新機材を使いこなし動画クリエーターとしても 活動し60秒以内で作りあげるショートムービーなど数多く手掛ける。
http://www.ukphoto.co/
https://www.youtube.com/user/glicosmile
・公益社団法人 日本写真家協会 正会員
・一般社団法人 日本UAS産業支援振興協議会 会員(JUIDA)
・Microsoft CERTIFIED Trainer
・dji CAMP Specialist

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        “強スペック”を身につける! 「本物」志向のガジェット&アイテム6選 | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト