• TOP
  • ELECTRONICS
  • Clubhouseにも使える! 骨伝導イヤホンなら「聞き上手」になれるんです

2021.02.10

■ BoCo「PEACE TW-1」

Clubhouseにも使える! 骨伝導イヤホンなら「聞き上手」になれるんです

クラウドファンディングでも話題となった世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン、BoCo「PEACE TW-1」。実はこちら“モテ”イヤホンの筆頭なんです。ここではその理由をお届けいたしましょう!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/R.MOON 文/平井敦貴

ソーシャル時代におけるイヤホンの最適解

▲ 「PEACE TW-1」2万1780円/BoCo
「聞き上手」がモテるのは今も昔も変わりません。むしろソーシャルディスタンスのこの時代、オンラインで話を「聞く」機会が増えた方も多いのではないでしょうか。特に最近は「Clubhouse」など音声コミュニケーションも盛んですから、ますます「聞く」能力は問われます。反対に「話を聞かない」男では、ネット上でもソッポを向かれちゃいますからね。

ということで今回は、そんな「聞き上手」になれるアイテムをご紹介。それがこちら、BoCoの完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE TW-1」です!
PAGE 2

耳を塞がず骨伝導で声を聞く

▲ 耳を挟む独特なデザインの完全ワイヤレス骨伝導イヤホン。
通常、完全ワイヤレスイヤホンと言えばカナル型が主流です。が、こちらは骨伝導のため独特のデザイン。筒状の本体からは骨伝導部のアームが伸び、耳を挟む形となっています。
▲ フィット感は高く、「ながら聞き」に最適です。
骨伝導のメリットは、耳の穴を塞がないこと。そのため外音を遮断することなく通話や音楽が楽しめます。つまり、イヤホンの音と外部の音を同時に聞くことができるんですね。

例えば動画を見ている時、不意に声を掛けられても「その声」を聞き逃すことはありません。また「Clubhouse」で話を聞く時も、外音を遮断せずに参加できるので「ながら聞き」が可能になります。つまりコレさえあればオンラインでもリアルでも「聞き上手」になれるんです。
▲ 音楽再生時に骨伝導部を触るとビリビリとした振動が実感できます。
ちなみに、骨伝導の技術自体は2000年代前半には確立されていましたが、「完全ワイヤレスイヤホン」として登場したのは本製品が世界初。2019年にクラウドファンディングで出資者を募ったところ、当時の国内最高支援額となる1億6400万円を集め話題にもなりました。
PAGE 3

IPX7等級の防水設計で、連続使用は約5時間

▲ 専用クレードル(ケース)による充電方式。充電口はUSB-Cになります。
本体は片耳9gと軽く、しっかりフィットするので運動時でもズレ落ちる心配はありません。また、専用クレードルに入れることで充電ができ、連続使用は約5時間、クレードル併用で最大約12時間の再生が可能となります。

IPX7等級の防水設計なので、アウトドアでの使用やランナーにもうってつけ。骨を直接振動させるので音漏れも少なく、通勤時などに使えるのもポイントです。

オンライン交流が当たり前のこの時代、骨伝導イヤホンで「聞き上手」を目指してみてはいかがでしょうか。

■ BoCo

PEACE TW-1
価格:2万1780円
https://boco.co.jp/eo/products/detail/43

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL