• TOP
  • ELECTRONICS
  • プロも愛用! カメラを格上げする「ヨセミテストラップ」をご存知ですか?

2020.10.31

プロも愛用! カメラを格上げする「ヨセミテストラップ」をご存知ですか?

カメラの進化は日進月歩。最近ではそんなカメラの進化に伴い、ストラップもアップデートしているのを存知でしょうか。ここでは、プロも愛用する「ヨセミテカメラストラップ PRO」を、ガジェット系YouTubeも配信しているフォトグラファー・中西学が自腹レビューいたします!

CATEGORIES :
CREDIT :

企画・写真/中西学 文/齋藤晋作 構成/平井敦貴

カメラのストラップ、こだわってますか?

こんにちは。ガジェット系YouTuber兼フォトグラファーの中西です。

今や多くの人が一眼カメラを使用する時代、その進化は目覚ましいものがあります。しかし、そんなカメラに必須の「ストラップ」については、これまであまり進化が見られませんでした。実際にプロの現場でも、いまだにメーカー名のバッチリ入った純正ストラップを着けている方が多いのも事実。これではいくら新型のカメラでも見た目が台無しになってしまうでしょう。

ですが最近、そんなストラップ事情に“ある変化”が訪れているのをご存知でしょうか?

ということで今回は、プロの中でも話題のストラップ「ヨセミテカメラストラップ」をご紹介したいと思います!
PAGE 2

デザイン・使用感・耐久性が抜群のカメラストラップ

▲「ヨセミテカメラストラップ」 https://shop.extended.jp/
2016年にグッドデザイン賞を受賞し、瞬く間に話題となった「ヨセミテカメラストラップ」。その特徴はクライミングロープを使用することで実現した「高い耐久性」と「独特の見た目」です。特に、これまでになかったロープ状の形と2色の糸を編み込むことで生まれた様々なカラーバリエーションは、登場するや多くのフォトグラファーの心を鷲掴みにしました。
そんな世界中で高い評価を得ている「ヨセミテスカメラトラップ」ですが、今回、さらなる機能進化を遂げました。それが、今夏発売になった「ヨセミテカメラストラップ PRO」と「ヨセミテカメラストラップ PRO+」です。オプションパーツの追加や機能性の向上により、本製品はプロフォトグラファーのみならず一般のカメラファンからも高い反響を呼んでいます。
PAGE 3

日本の熟練職人による「クライミングロープ」のストラップ

まずは「ヨセミテカメラストラップ」そのものについて説明しましょう。

もともとこの「ヨセミテカメラストラップ」は、ある登山家の一言がきっかけとなって誕生したと言います。それは、ロッククライミングの聖地として知られる米国ヨセミテ国立公園のエル・キャピタンでのことでした。

その登山家は断崖を前にした時、ボロボロになった自身のカメラストラップを見て「どんな過酷な環境にも耐えられるクライミングロープのようなストラップがあれば」と願ったそう。その言葉にヒントを得て、写真家のHobby Izaki(伊崎真一)氏が考案したのがこの「ヨセミテカメラストラップ」なのです。
Izaki氏のこだわりは随所に散りばめられています。特にロープ本体は日本の熟練職人による手作業で作られているとのこと。もちろん登山用のザイルロープと同じ素材なので耐久性は抜群。強度がありながらも適度なしなやかさをキープしているのもポイントです。

また、ストラップの長さは111cmと126cmの2種類が展開され、カメラのサイズや用途によって使い分けることが可能に。写真のように、コンパクトカメラの片側に短いストラップを付ければハンドストラップ代わりにもなります。
PAGE 4

「ヨセミテカメラストラップ PRO/PRO+」の進化ポイント

そしてこの夏、「ヨセミテカメラストラップ」の上位モデルとして登場した「ヨセミテカメラストラップ PRO/PRO+」ですが、一番の進化ポイントはそのバックルにあります。プロビデオグラファーの要望を受けて採用された金属製のバックルコネクターにより、ワンタッチでの着脱が可能となりました。
また、「PRO」と「PRO+」の違いはそのストラップ部の形状にあります。「PRO+」ではネック部分をワイドなレザー製にすることで首にかかる負担を軽減させています。望遠の重いレンズをよくつける方や、見た目と機能の両方を求める方にはこの「PRO+」がオススメです。

ちなみにカラーは「PRO」「PRO+」ともに、MAD BLACK(ブラック×ブラックレザー)・BRESSON(ブラック×ホワイトレザー)・HUNTER GREEN(ハンターグリーン×ブラウンレザー)の3種類をラインナップ。購入者特典としてオリジナルボックス・巾着袋・ステッカーも付属します。
PAGE 5

バックルを活かしてハンドストラップにすることも可能に

▲上から順に、通常版の「ヨセミテカメラストラップ」、「ヨセミテカメラストラップ PRO」、「ヨセミテカメラストラップ PRO ハンドル」、「ヨセミテカメラストラップ PRO+」。
今回、同時に発売された別売の「ヨセミテカメラストラップ PRO ハンドル」を代わりに付ければ、ハンドバッグのように持ち運ぶことが可能になります。手持ち撮影が多いという方は、このハンドルの追加購入がオススメです。新設計のバックルはわずか数秒で付け外しができるので、シャッターシーンの撮り逃しも防げます。

スマートフォンストラップとしても人気が拡大中!

このカメラストラップをスマートフォン用にカスタマイズした「ヨセミテモバイルストラップ」も現在人気です。ビームスとのコラボレーションモデルはすでに完売となっていますが、気になる方は公式サイトをチェックすると良いでしょう。きっとお気に入りのカラーが見つかるはず!

フォトグラファーとして、個人的にもカメラストラップにはこだわりを持って選んできましたが、こちらの「ヨセミテカメラストラップ PRO/PRO+」はデザインだけじゃなく機能的にも大満足! 色違いで数本揃え、気分によってサッと付け替えたりもでき、楽しんで使っています。

カメラが趣味の方、せっかくの愛機をアップデートするのに一本いかがでしょうか?

ヨセミテカメラストラップ

中西 学(なかにし まなぶ)

写真家。日本の美を世界に発信したいと思い写真を始める、風景や人々の営みを写真や動画を通じて海外にSNSを通じて発信することを志している。ドローンやVRなど最新機材を使いこなし動画クリエーターとしても 活動し60秒以内で作りあげるショートムービーなど数多く手掛ける。
http://www.ukphoto.co/
https://www.youtube.com/user/glicosmile
・公益社団法人 日本写真家協会 正会員
・一般社団法人 日本UAS産業支援振興協議会 会員(JUIDA)
・Microsoft CERTIFIED Trainer
・dji CAMP Specialist

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        プロも愛用! カメラを格上げする「ヨセミテストラップ」をご存知ですか? | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト