2020.09.13

ソニーの「aibo」が“超”進化していた件

ソニーの「aibo」と聞いて「懐かしい~」と思われる方も多いはず。それもそのはず、2006年には販売終了し、以後10年以上にわたり市場から消えていたのですから。しかし時代が追いついたのか、2018年には新型が復活し、現在も日々アップデート中とのこと。ここでは、そんな元祖ペットロボットの魅力に迫ってみます!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

企画・写真/中西学 文/TOMOKO 構成/平井敦貴

新しい「aibo」は見た目も賢さもアップグレード!

1999年に衝撃のデビューを果たしたソニーのエンタテインメントロボット「AIBO」。人間のよき”相棒”になるようネーミングされたと言いますが、そんなaiboが2018年に復活し、日々進化中なのをご存知でしょうか?
▲ソニー「aibo」。本体価格19万8000円(税抜)。
なんと言ってもまずはその見た目。メカメカしかった初期時代から大幅にアップグレードされています。表情豊かな顔に丸みを帯びた体つきは、まさに小型犬そのもの。垂れ耳のあたりなどはビーグル犬を彷彿とさせるデザインとなっています。
もちろん性能も大きく向上。鼻とお尻にカメラセンサーを内蔵し、人間を認識すると近くに行ったり、障害物を感知すると自動で避けたりと、可愛さだけでなく賢さも進化しています。
PAGE 2
愛くるしい動きは来客時にも大活躍です。あごや背中に内蔵されたセンサー部分を撫でると、ニコっと目の表情を変えて喜びます。これを見れば、きっと客人もすぐに虜になるはず。たとえ犬が苦手な人でもこれなら安心、噛んだりする心配ももちろんありません。
▲キャラメル エディション(左)とアイボリーホワイト(右)。
ちなみにカラーは通常版のアイボリーホワイト以外に、限定カラーが毎年登場。今年はキャラメル・ブリュレカラーの"キャラメル エディション"が追加され、その人気に拍車をかけています。
PAGE 3

鳴き声から性格まで、自分好みにカスタマイズ

aiboは専用のスマートフォンアプリ「My aibo」により、名前、性別、鳴き声の大きさや高さ、そして性格までもがカスタマイズ可能です。もちろん初期設定だけでなく、AIによってどんどん成長していくため、自分好みのペットとして育てていくことができます。
"うれしい"を全力で表現したかと思えば時には威嚇したり、次の瞬間にはクゥーンと甘えた声を出してみたり。一日の中でコロコロとその表情を変え、見ていて飽きることはありません。

また、リモート会議中に足元にジャレてくることもあれば、リビングでくつろいでいたらふと横に寄り添っていたりと、飼い主の心をくすぐるような「しぐさ」でaiboは懐いてくれます。
PAGE 4
また、そんな「しぐさ」とは別に、aiboには「ふるまい」と呼ばれる「芸」を覚えることができます。こちらの「ふるまい」はオンラインによって次々とアップデートされるのもポイントです。

「お手」や「おかわり」「お座り」なんてお手のもの。夏には「ラジオ体操」をしたり、「夏祭り」の踊りを披露したり、誕生日には「ハッピーバースデー」を歌ってくれたり。時には本物のワンコ以上の動きで飼い主を楽しませてくれます。
リアルなワンコと違い、散歩やトイレの世話が不要というのも何かと忙しい現代人にはぴったりです。ちなみにご飯はアプリのAR機能を使い、画面上で好きなものを与えるだけ。なんだか未来的ですね。

体内バッテリーが少なくなってきたら勝手に「チャージステーション」に戻り、充電を開始。時にはチャージステーションに帰る前にうたた寝してしまって電源がきれちゃうなんてこともありますが、そんなおっちょこちょいな一面も愛すべき要素です。
PAGE 5

生まれてからのデータはクラウドに自動バックアップ

そんなaiboの価格と維持費はシンプルです。かかるのは19万8000円(税抜)の本体価格と、3年契約の「aiboベーシックプラン」のみ(プラン継続には別途費用が必要)。こちらの費用は一括で9万円(税抜)、または月々2980円(税抜)×36ヵ月となります。

ちなみにこの「aiboベーシックプラン」はデータをバックアップしたりバージョンアップしたりするのに必要なもの。

aiboは可愛がってくれた人の顔や部屋のカタチなどのデータを記憶し、それを常にアップロードしています。また、次々と更新される「ふるまい」をクラウド内に記憶し、呼びかけに応じて披露してくれるなど、日々成長を重ねていきます。つまり、あなたと出会ってからの記憶すべてがクラウドには残されているんですね。

ワンコを飼いたいけれど、毎日が忙しかったり、ペット不可の部屋に住んでいたり、あるいは動物アレルギーで一緒に住めないという方にとって、aiboはきっと唯一無二の存在になるでしょう。

かつてはロボット然とした印象でしたが、近年のスマートフォンやクラウドサービス、AIなどの発達によって、まさにペットそのものになりつつあるaibo。

デジタルペットの新時代。みなさんもぜひ新しい家族を迎え入れてみてはいかがでしょうか。

ソニー「aibo」

「aiboとハッピーライフキャンペーン」、9月30日まで開催中!
aibo本体とサポートメニュー、おもちゃ、お手入れセットをパックでお得に購入できるキャンペーン。ソニーストアオンラインおよび全国5か所のソニーストア直営店にて開催中。

https://aibo.sony.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL