• TOP
  • ELECTRONICS
  • “高級コンデジ”デビューなら絶対ハマる!スナップに最適な「X100V」

2020.03.28

“高級コンデジ”デビューなら絶対ハマる!スナップに最適な「X100V」

今年2月に発売され、注目を浴びている富士フイルムのカメラ「X100V」。APS-Cサイズのセンサーに23mmf2.0の単焦点レンズを搭載した本機は、「スナップ写真」という新たな趣味をもたらしてくれるかも知れません。

CATEGORIES :
CREDIT :

企画協力・写真/中西学 文/平井敦貴

誰もが一度は使った富士フイルムのカメラ

「お正月を写そう♪フジカラーで写そう♪」というCMソング、懐かしく思う方も多いのではないでしょうか。そんなCMとともに世に広まった富士フイルムの「写ルンです」は、大人なら誰しも一度は使ったことがあるでしょう。

何より「写ルンです」の優れた点は、撮りたい時にシャッターボタンを押すだけの手軽さ。ズームや設定をアレコレ考える必要がなく、ファインダーを覗いてシャッターを切るだけでほとんどのシーンをくっきり撮影! それゆえ、旅行やデートでのスナップ撮影に欠かせないアイテムとして、現在まで続く人気シリーズとなったんですね。
で、今回ご紹介するこの「X100V」は、そんな「写ルンです」の撮影体験に通じる“スナップが楽しい”カメラ。富士フイルムの今の技術をもって“2020年版デジタル最強スナップカメラを作っちゃいました〜”と言わんばかりの性能なんです。

というのもAPS-Cサイズの大型センサーに23mm(35mm判換算35mm相当)のf2.0単焦点レンズを搭載し、さらには秒間11コマのメカシャッターを実現。もちろん動画も4K30fpsまで対応しています。

ちなみにこの「X100V」の画角(35mm相当)は「写ルンです」(32mm相当)に近いというのも見逃せないポイント。見たままの景色や何気ない日常を、自然なフレーミングで切り取ることができるんです。

ということで、まずはそんな「X100V」の作例を見てみましょう。
PAGE 2

【作例1】

ビリヤード台

PAGE 3

【作例2】

ロックカフェ

PAGE 4

【作例3】

ショーウインドウ

▲23mm(35mm相当)、1/60秒、F3.6、ISO160(フィルムシミュレーション:クラッシックネガ)
PAGE 5

【作例4】

レトロなインテリア

▲23mm(35mm相当)、1/125秒、F2.0、ISO160(フィルムシミュレーション:クラッシックネガ)
PAGE 6

【作例5】

ビリヤードのボール

▲23mm(35mm相当)、1/30秒、F2.0、ISO250(フィルムシミュレーション:ベルビア)
しっとりしていて情緒あふれる絵作りです。35mm相当という画角は広角でもなく望遠でもないちょうどいい画角。また、アンダーめのトーンはノスタルジックな雰囲気をより一層高めてくれます。

ちなみに、この「X100V」では「フィルムシミュレーション」という機能により、「プロビア」や「ベルビア」といった往年のフィルムの色調を再現することが可能です。また、前モデルの「X100F」からの進化点として「エテルナ」と「クラシックネガ」という新たなモードも追加されました。

以下がその一覧ですが、これが大人の撮影ゴコロをさらにくすぐります。

●プロビア:幅広く活用できるスタンダードな色
●ベルビア:風景写真などに適した鮮やかな色
●アスティア:ソフトな肌色で屋外ポートレートに適した色
●クラシッククローム:ドキュメンタリーに適した重厚で落ち着いた色
●プロネガ(ハイ/スタンダード):スタジオでのポートレートに適した色
●セピア:色あせたレトロな色
●モノクロ:スタンダードなモノクロ
●アクロス:フィルムのような質感や粒状をもつ本格的なモノクロ
●エテルナ:やわらかく落ち着いた、動画撮影に適した色
●クラシックネガ:ノスタルジックで立体感のある色

これらのフィルムシミュレーションを使用することにより、フィルムを選ぶ感覚で撮影を楽しむことができます。

他にも作例を見てみましょう。
PAGE 7

【作例6】

舗道

▲23mm(35mm相当)、1/250秒、F2.8、ISO160(フィルムシミュレーション:クラッシッククローム)
PAGE 8

【作例7】

レンガの壁

▲23mm(35mm相当)、1/60秒、F2.0、ISO160(フィルムシミュレーション:クラッシックネガ)
PAGE 9

【作例8】

石造りの階段

▲23mm(35mm相当)、1/30秒、F2.0、ISO2000(フィルムシミュレーション:クラッシックネガ)
PAGE 10

【作例9】

古びたマンションとクルマ

▲23mm(35mm相当)、1/3200秒、F2.0、ISO160(フィルムシミュレーション:クラッシックネガ)
縦長の構図も自然な画角で物語性を感じさせます。また、新設計の単焦点レンズは歪みが少なく、柱やレンガの歪曲もありません。古びた建物やレンガ造りの壁面なども重厚感のある描写で、日常をドラマチックに切り出してくれます。
PAGE 11

所有感を満たす「モノ」としての良さ

もちろん、モノとしての良さも見逃せません。筐体は「シルバー×ブラック」または「オールブラック」のクラシカルなデザインで、首や肩から下げてもポケットから取り出してもパッと目を引きます。
サイズは幅128×高さ74.8mm×奥行き53.3mmで、重さは478g。重厚感のあるアルミボディで、手にしたときの所有感をしっかり満たしてれます。
設定はすべて物理ダイヤルを回して行うというのもアナログ的な趣です。写真右は前モデルの「X100F」で、操作系や全体のデザインはそのまま踏襲されています。
ファインダーは、光学ファインダーと電子ビューファインダーをレバーで切り替えられる構造に。これにより「写ルンです」のようにファインダーを覗き込んで撮影する楽しさが味わえます。
PAGE 12
このように、しっとりとした描写力とモノとしての良さとを兼ね備えた「X100V」ですが、使うシーンとしてはやっぱり旅行やデートがぴったりです。

スマホや一眼カメラとは違い、趣味性の高い「高級コンデジ」。一台買うならこんなスナップ特化型はいかがでしょうか?

富士フイルム「X100V」

有効画素数:約2610万画素
撮像素子サイズ:23.5×15.6mm ※APS-Cサイズ
サイズ:幅128×高さ74.8mm×奥行き53.3mm
重量:428g (バッテリー、SDメモリーカード含まず)
実勢価格:約18万円(編集部調べ)

■ お問い合わせ
富士フイルムデジタルカメラサポートセンター 050-3786-1060

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        “高級コンデジ”デビューなら絶対ハマる!スナップに最適な「X100V」 | エレクトロニクス | LEON レオン オフィシャルWebサイト