• TOP
  • FROM EDITORS
  • DS 7 クロスバックが贈るフレンチラグジュアリーな一夜

2018.11.07

DS 7 クロスバックが贈るフレンチラグジュアリーな一夜

マクロン大統領も愛用するクルマ「DS 7 クロスバック」オーナーさんが集うパーティーがあると聞きつけ、潜入してきました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都

大統領の公用車がSUVになる時代

LEON.JP食いしん坊担当の秋山 都です。1日の大半、食べることを考えて暮らしている私ですが、今日のマクラはクルマのお話。

1年以上前の話ですが、仏マクロン大統領の就任パレードを見ていて驚きました。クルマのルーフから上半身を乗り出して手を振るさっそうとした姿……この人、中学時代の恩師と結婚したのよね~、しかも25歳も年上だっていうじゃない?という下世話なツッコミは忘れるとして、気になったのはそのクルマ! 大統領などの公用車というとセダンタイプが一般的だと思いますが、このカタチ……これはSUVじゃね? と、いまは助手席専門の純ペーパードライバーが注目したのでした。

SUVについては、もはや説明不要ですね。Sports Utility Vehicle、つまりオフロードもイケるスポーツタイプの一般車という認識です。どちらかというと遊び心のあるクルマだと思っていましたが、大統領がそれを公用車にするなんて……。フランス人のお洒落感覚と、SUVの台頭、そのどちらもすごいな、と感じいった次第です。
さて、その大統領の公用車にも選ばれたのは、この「DS 7 クロスバック」。プジョーとシトロエンを擁するグループPSAのラグジュアリーカーブランド、DSオートモビルです。トヨタでいうところのレクサス、というと怒られるかもしれないから、言い換えますとモエ・エ・シャンドンにおけるドン ペリニヨンとでも申しましょうか。とにかく、グループ内の最高峰であり、技術と知恵、そしてフランス人のお洒落心が結晶した一台なのですね。

カーマニアではない私ですが、助手席目線からしても、シートの革の質感や、インテリアやインパネの美しさやハイテクぶりに「きゃ~♡、わ~♡」とはしゃぐことしばし。まさにフランスのサヴォワフェール(職人技)が感じられるひと時でありました。

NEXT PAGE2/ 4

高級車DS7クロスバックのオーナーさんが集まるのは?

DSオーナーが集まるスペシャルパーティーへ潜入

さて、そんな「DS 7 クロスバック」ですが、オーナーさんたちが集う「クラブDSプリビレッジ」なるサービスがあり、時々パーティーやイベントが開催されているのだそうです。なにそのジェントルメンズクラブ的な⁉ こんな洒落たクルマを購入する方ならきっと素敵な方々に違いない、ぜひお会いしたい!という下心もあったのですが、一応わたくし、痩せても(痩せないけど)枯れてもLEON.jp食いしん坊担当です。なにかグルメネタがないと取材に行けないな~とモジモジしていたら……
ありました! グルメネタ! なんとこの日「クラブDSプリビレッジ」のみなさまが集うディナーは、かの有名なソムリエ、フィリップ・フォール=ブラック氏が来日し、この夜のためにワインをセレクトしてくれるというではありませんか。念のためご説明しておくと、このフィリップさんは1992年の世界最優秀ソムリエ。世界最優秀ソムリエとは、毎年行われている世界最優秀ソムリエコンクールで優勝した人に与えられる冠ですが、95年にはあの田崎真也さんが優勝したこともまだ記憶に新し…くもないか。とにかくすごい人なのであります。

NEXT PAGE3/ 4

世界最優秀ソムリエが選んだワイン

ということで、フィリップさんが選んだワインがこちら。渋いラインナップで、どれも飲んだことのないワインばかりでした。そして今回はそのワインに合わせて、「シェ オリヴィエ」のシェフ、オリヴィエ・オドスさんがメニューを考案したのだとか。全6皿のコース、贅沢すぎるひと時でした……。

そして、オーナーのみなさまのお話をそっと聞いたところ、その話題はもちろんワインや美食から、腕時計やファッション、最近できたリゾートホテルのお話まで多岐にわたって、みなさま情報通! ウン千万もする高級車に乗っても「アレ?」を目をこすりたくなるようなドライバーの方たちと異なり、さすが「DS7 クロスバック」に乗る方々はひと味もふた味も違うんだなぁ(ヨイショ!)。
 

NEXT PAGE4/ 4

ごちそうさまでした!

この日のホストだったプジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長。ちょっとダニエル・クレイグに似てらっしゃいますか? どうもごちそうさまでした。

DSのオーナーになることで「クラブDSプリビレッジ」に入会すると、会員はこの夜のようなスペシャルプログラムに参加できるほか、365日対応のコンシェルジュサービスや、車両の損傷保障はもちろん、オーナーの病気やケガによる入院時の補償サービスもあるんだとか。ハイスペックでスタイリッシュ、かつジェントルなフランス男のようなクルマ……てわけでしょうか? 乗り換えない理由がありませんね。

◆ DS AUTOMIBILES

◆ シェ オリヴィエ

住所/東京都千代田区九段南4-1-10
予約・問い合わせ/03-6268-9933

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事