2018.08.27

格別にリッチな場所で最高のトマホークステーキを

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/渡辺 豪(LEON)

さあ、どうですかこの大きさ。
いや、わかりにくいですかね。
こちら約1.6kgのトマホークステーキです。

いただいたのは、グランドハイアットのステーキハウス、オークドアにて。
和牛とホルスタインを掛け合わせた国産牛だそうですが、赤身のうま味が強くしっかりエイジングされたであろう熟成香も漂ってきました、、、
リブロース、リブアイなんていいますが、焼肉に分類されると肩ロース、座布団などの部位も包括するため、場所によって相当に味が異なるので、かなりのバリエーションも楽しめます。見た目のインパクトも相当なので、数人でお願いしたら相当に盛り上がるかと、、、
はい、この通りです。すみません、こちら実は編集部の泡クイーンである菅の壮行会のひと幕。9月からNYCをべースに新しい編集者の形を模索しに行くとのことで・・・
さみしい限りですが、頑張ってくれ!

それにしても、壮行会ではあるまじきリッチなお酒、食事でした(笑)。
今度、野郎連中であのトマホークを食べに行こうかな・・・

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        格別にリッチな場所で最高のトマホークステーキを | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト