• TOP
  • FROM EDITORS
  • 美味しいコーヒーを一杯。プロ仕様のマシンで淹れてみた

2021.07.19

美味しいコーヒーを一杯。プロ仕様のマシンで淹れてみた

プロユースのコーヒーマシン「オーシャンリッチ プロ(oceanrich PRO)」。バリスタが淹れるようなハンドドリップが楽しめるとのことで、早速コーヒー好きの編集部員が試してみました。果たしてそのお味は?

CATEGORIES :
CREDIT :

文/平井敦貴

プロの一杯が楽しめるって本当?

先日公開した編集部の「オススメ家電」。みなさんご覧いただけましたでしょうか?

掃除機やスピーカー、エアコンに洗濯機と、編集部員が実際に使用した「推し家電」をご紹介しているので、気になる方はぜひチェックくださいませ。
▲ 「オーシャンリッチ プロ」8万2000円(編集部調べ)/ユニーク
と、そんな「オススメ家電」のなかでも個人的に気になったのがこちらの「オーシャンリッチ プロ(oceanrich PRO)」。こちらは実際に多くのカフェで使われているプロユースのコーヒーマシンで、その特長は注湯の「スピード」と「湯量」が設定できること。

設定次第でバリスタの味が再現できるとのことで、毎日のコーヒーブレイクやおウチデートでのカフェタイムにもうってつけなんですね。

ならば、ということでコーヒー好きを自認する私、早速試してみることにしました。

果たしてそのお味はいかに? ここでは使い方とともにレビューをしていきます!
PAGE 2

(1)コーヒーの粉を用意する

何はともあれ、まずはコーヒー粉を用意。ここでは普段愛飲している緑のコーヒーチェーンの「カフェベロナ」をチョイスしました。

このコーヒーはダークローストで深みがあり、それでいて甘い香りなのでリラックスしたい時に向いています。また、スイーツにもよく合うのでブレイクタイムにもぴったりです。

(2)フィルターとともにドリッパーにセット

続いてドリッパーにフィルターをセット。粉の量はお好みですが、個人的にダークローストの場合はケチらずドサッと入れるのがオススメです。この後、お湯が広範囲に注がれるので粉をまんべんなく広げておくようにしましょう。
PAGE 3

(3)熱湯を上部のサーバーに注ぐ

いよいよ注湯です。沸騰したお湯をサーバーに注ぎます。サーバーは二重ガラスのため冷めにくい構造ですが、それでも湯温はすぐに低下してしまうもの。

あらかじめサーバーを温めたり、素早くお湯を注いだりして温度が下がらないようしておきましょう。

(4)湯温をチェック!

サーバーの蓋にはアナログの温度計がセットされ、湯温を計ることができます。ここで湯温をしっかりチェックし、85〜95度をキープするようにしましょう。
PAGE 4

(5)注湯の「スピード」と「湯量」を設定する

ここが最大のポイントです。左の「BERWING SPEED」スイッチで湯量の調節を、右の「ROTATIONAL SPEED」スイッチでお湯を注ぐ回転スピードを調節します。

とは言っても、どの設定が最適かはわからないですよね。公式サイトには「浅煎り」「中深煎り」「深煎り」の豆における「バリスタおすすめレシピ」が公開されていますので、こちらを参考にすると良いでしょう。

(6)グルグル回りながら自動で注湯!

湯量は0(OFF)から4までの5段階。ここでは「バリスタおすすめレシピ」に従い、最初は粉の「蒸らしタイム」で湯量は「1」、スピードは「MAX」を選択。

30秒ほど注湯したあと、湯量を「2」に、回転スピードを20%ほどに低下させてコーヒーを抽出していきます。

ちなみに注湯中は青色のLEDが回転しながら発光し、ライブ感を演出。アンティークなデザインとエレクトリックな輝きが独特の存在感を醸します。
PAGE 5

(7)ポットに抽出されれば完成です!

コーヒー一杯分なら出来上がりは本当にあっという間。見た目は大がかりですが、機能はシンプルで誰でもカンタンに使うことができます。

ちなみにこのポットには蓋がないので、すぐにカップに注がないとどんどん冷めてしまいます。サッサと手を動かしましょう。

(8)完成!

ということでコーヒーを一杯淹れてみました。

早速ひと口……う〜ん、美味い。

何よりその大きな筐体でコーヒーを淹れるという贅沢さと、光りながら自動ドリップする見た目の面白さ、そしてコーヒー一杯のために掛ける「ひと手間」が、その美味しさを引き立てているように感じます。

ただ一点、サーバーへの注湯からカップに注ぐまでの動作をスムーズに行わないと、せっかくの熱々コーヒーが冷めてしまうのでご注意を。

美味しいコーヒーを慣れた手つきで淹れられれば、バリスタよろしく印象アップは間違いなし。ぜひ毎日の一杯や、おウチデートでの「おモテなし」にご活用くださいませ。

■ お問い合わせ

※掲載商品はすべて税込み価格です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL