2021.04.28

サブスクで2拠点いや、6拠点!? 生活が手に入る!

2拠点生活を本格的に考え始めたところに朗報が。この秋からセカンドハウスのサブスクサービスが始まるとのことで、お話をうかがってきました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/遠藤加奈(LEON)

こんにちは、遠藤です。お仕事の隙間があれば、都会から抜け出して、軽井沢や熱海へ逃亡したい! といつもスケジュール帳とホテル予約サイトとにらめっこしています。いつかは別荘というか地方に拠点を移したいなぁと思っているものの、賃貸だと素敵な物件がなかなかなく、物件を購入する前に2拠点生活を試したいなぁなんて考えていたところ、素敵なサービスが登場したとのこと!
こちら「SANU 2nd Home」は月額5万5000円(金土日、祝日、祝前日は追加で5500円/泊必要)で、軽井沢や河口湖、熱海などにあるキャビンからお好みの場所を選んで宿泊できるというサービス! 

別荘は購入するのにも維持するのにもハードルが高いし、ホテル滞在は素敵なところだと1泊で5万円くらいしてしまうこともありますよね。ですが、このサービスを利用すれば定額利用できるうえに、2021年内に5拠点、2022年夏頃には10拠点の施設がオープンする予定なので、夏は高原、冬は海、なんていう利用もできちゃうのです。つまり2拠点どころか3拠点、4拠点などの多拠点生活が可能!

さらにどこも都心から2時間程度の場所っていうのも本当にうれしい! つまり月〜木は森の中で仕事して、金土日に東京に戻ってきて友達とハングアウトなんて生活ができるわけです。
PAGE 2
滞在の予約や、チェックイン、チェックアウトは全て会員専用アプリで行うことができるので、忙しい都会生活者にはとっても便利。

さらに、このSANUキャビンは自然環境への負荷を最小化した工法で建築されているんです。建築資材は国産木材やリサイクルコンクリートを100%使用し、建築に関するCO2排出量を30%削減しました。また建築資材は再利用することができたり、インテリアにはキノコを原料とした人工レザーを採用していたりとエコフレンドリーなのも気持ちがいいですよね。

室内面積は約60㎡で約13㎡のテラスもあります。ダブルベッドが2台あるので最大4人まで滞在でき、キッチンはもちろん、薪ストーブやホームシアタースクリーンも完備。食器や調味料、シャンプーリンスなどエッセンシャルな備品も揃っているので、気軽に滞在できちゃいます。
PAGE 3
2021年9月上旬のサービス開始に向けて、現在、初期会員の先行申し込みを受け付け中。申し込みした方の中から抽選で、サブスクリプション会員本登録の案内が送られてくるそう。申し込み受付期間は7/31までで、抽選結果の連絡は8月中旬予定。

秋からの2拠点だけじゃなく多拠点生活を目指して、このタイミングでぜひ申し込みを!

■ SANU 2nd Home

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL