• TOP
  • FROM EDITORS
  • トランプ大統領とゴルフ外交の安倍首相が“コソ練”した名門ゴルフコースとベントレー

2017.11.17

トランプ大統領とゴルフ外交の安倍首相が“コソ練”した名門ゴルフコースとベントレー

CATEGORIES :
文/近藤高史(LEONデスク)
コースサイドに展示されたベントレー「ミュルザンヌ」と「ベンテイガ」。その存在感はゴルフ場のそれに負けない。
LEONのゴルフ担当でありクルマ担当でもあるワタクシ。今回のブログでは、その究極のマリアージュ的なイベントのご紹介を。

ラグジュアリー英国車ブランド「ベントレー」主催のゴルフコンペが、神奈川県茅ケ崎の『スリーハンドレッドクラブ』で行われ、参加してまいりまして。

ここスリーハンドレッドクラブは日本の政財界の超一流人300人だけが会員になることが許されている超が付く名門コース。歴史を紐解けば昭和37年、東急電鉄が造成したメンバークラブで、当時の入会基準は、政治家は首相か外相の経験者のみ。財界人は東証一部上場企業で50歳以上という狭き門。
  
とまあ恐ろしくエクスクルーシヴなゴルフコースなのですが実際、メンバーズボードに並んだ名前は、、、誰もが一度は聞いたことがある御仁ばかり。
つい先日、アメリカのトランプ大統領が来日した際に安倍首相が埼玉県・川越市にある『霞ヶ関カンツリークラブ』でゴルフ外交をしたのは有名ですが、その直前に“コソ練”をしたのが、ここスリーハンドレッドクラブだったのですね。

そんなゴルフコースでコンペを開催するベントレーは、やはりラグジュアリーカーブランドなのだなぁと再認識した次第。

コースはバンカーや植栽が美しくも効いていて、整備が行き届いた18ホールは、それはそれは美しく。
「ブリストルヒル ゴルフクラブ」の名物18番ホール。あの石川遼くんも愛するコースなのです。
キャディさんの教育も行き届いていて楽しいラウンドをさせていただきました。あ、ランチのハンバーグはとっても美味でしたよ!
左/ブリストルヒルといえば『AWキッチン』のレストランが有名。この日は地元産のカボチャを使ったクリームパスタで舌鼓を。
右/名物「ハンバーグランチ」。舌がトロケるおいしさでした!
また、ゴルフ繋がりで言うとLEONでもおなじみの『ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ』さん主催のゴルフコンペがAWキッチンのランチが美味しいと評判の、千葉県にある『ブリストルヒル ゴルフクラブ』で開催され、こちらにも顔を出してまいりました。

いま、ゴルフには最高のシーズン。あと年内に何ラウンドできるかなぁ、、、、。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事