2021.03.02

自粛太りを回避する“ちょうど良い”スープ

長引くおウチ時間は、ストレスとともに体重をも増加させてしまうと改めて感じるこの頃。それを解消してくれるのが、いろいろと“ちょうど良い”スープです。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/市村広平(LEON)

こんにちは、LEON編集部の市村です。
緊急事態宣言が解除されても、今後も上手に付き合っていかなくてはならない“おウチ時間”。テレワークは楽チンだし便利で良いけれど、一日中家にいると時間のコントロールを自分でできる分、食事の回数も増えて“自粛太り”なんて言葉を最近よく耳にしますよね。

私も例外ではなく、テレワークが増えて体重も増えてしまった……。ゆえに最近“夜は軽食”を心がけているのですが、その軽食夜メニューがなかなかに悩ましい。

そこでたどり着いたのが、そこそこ食べ応えのある“主食になるスープ”なのですが、ここでみなさまに料理の手ほどきをするほど私は料理ができませんゆえ、ご紹介したいのが「冷凍良食」なるもの。こちらは独自の冷凍テクノロジー「プロトン凍結」で食材の食感や鮮度、風味を急速凍結し、湯煎するだけでプレミアムな味わいを自宅で楽しめる代物です。
▲ 右「愛媛県産 鯛と8種具材のミネストローネ」950円(240g)、左「高知県産 鰤のみぞれ汁」950円(260g)※パッケージは実際の商品と異なる場合がございます。
「でも所詮冷凍でしょ~」。なんてお声が聞こえてきそうですが、私も最初はそう思ってました。ですが今の冷凍技術を侮るなかれ。プロトン凍結のおかげなのかは素人の私には解明できませんが、確かに味が良いのです。
いただいたのは「鰤のみぞれ汁」ですが、鰤の身は柔らかかくほろほろとしていて、いわゆる冷凍のバサバサ感は皆無。ひと噛みするたびに鰤から溢れ出る出汁の旨味は、確かにお店で味わうレベルに到達していて。

これを湯煎するだけで味わえる手軽さが、ちょうど良くお腹を満たしすぎない量もこれまた、ちょうど良い。

主菜なスープとして全6種のラインナップを揃えるほか、有名レストランなどの予約困難店のひと皿を凍結した「匠シリーズ」もあるので、長引くおウチ時間のおとも、もとい自粛太り回避の夜メニューにお試しいただければ幸いです。

■ 冷凍良食

オンラインショップ/reitouryoushoku.com

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        自粛太りを回避する“ちょうど良い”スープ | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト