2021.02.15

小さな太陽(!?)の光で快眠生活、始めました

最近改めて睡眠の重要性に気づき、フィリップスが開発した光目覚まし時計「SmartSleep ウェイクアップ ライト」をわが家に導入。赤色からオレンジ、白色へと変化する、太陽光を再現した光で人間本来の体内リズムを整えて、快眠生活を目指しております!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/吉田奈緒子(LEON.JP)

こんにちは。昨年末、心とカラダのメンテナンスに特化したテーマ「“整える”ってナンダ?」を担当して以来、にわかに健康意識が高まっているLEON.JPの吉田です。
 
コンディショニングのスペシャリスト、ゲッタマンさんが指摘されていた人間に備わっている体内時計(概日リズム)の大切さや、魔娑斗さんの心身の強さの秘訣となっている睡眠について改めて見直してみようかなと思っていた矢先に、ちょうどおあつらえ向きの製品に出合いました。
それが、フィリップスが開発した光目覚まし時計「SmartSleep ウェイクアップ ライト」です。コチラの最大の特徴は、日の出から日没まで刻々と変化する太陽光を再現したかのような発光の仕方。就寝時は夕日のように淡いオレンジの光が、起床時は朝日のように白く輝く光が我々の体内時計に働きかけ、睡眠の質を向上してくれるという次第です。
▲ ライトのヘリにはスヌーズボタン、“スリープライト”やFMラジオの起動ボタンなどがある。
▲ フロント部分のボタンでは時間設定やBGMの選択などができる。
▲ 読書灯として強い光も。調光も可能。
実際にフロント下部のボタンで起床時間を設定して、“スリープライト”モードを起動させると、柔らかいオレンジの光がベッド周りをふんわりと満たしてくれます。同時に、波音のBGMをオン。寄せては返す波音を聴いていると、夕日に染まるオアフ島のビーチが頭に浮かび、なんだか呼吸がゆっくりと深くなる感じが……。そしてライトの光は、まるで水平線に沈みゆく太陽のようにだんだんと暗くなって消灯するんですね。

こんな環境下でベッドに横たわっていると、自然と思考がストップして、いつの間にか寝落ちしている……といった印象です。
PAGE 2
▲ 起床時には、黄色から白っぽい光に。
起床時は、アラーム設定時刻の少し前から白色の光が灯り、徐々に強く発光します。設定時刻になるとBGM(鳥のさえずりやハープ音など事前にセレクト)が鳴り始め、音量が少しずつアップ。自然な目覚めを手助けしてくれるという塩梅です。ちなみにコチラ、紫外線は出ないので、日焼けの心配はありません。
街には光が溢れ、昼夜を問わない社会生活を送ることが、体調不良の一因にもなっている現代。だからこそ、お日さまと共に暮らしていたご先祖たちに思いを馳せながら、このライトにしばらく体内時計を刺激してもらって快眠生活を目指してまいります!

■ SmartSleep ウェイクアップ ライト

価格/1万4960円(税込)

HP/https://www.philips.co.jp

お問い合わせ/フィリップスサポートセンター 0120-479-156

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        小さな太陽(!?)の光で快眠生活、始めました | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト