2021.01.15

また1軒、中目黒に大人の隠れ家を見つけました!

中目黒で人気を博し、予約が3カ月待ちという鮨店「鮨 おにかい」の新店舗「鮨 おにかい+1(たすいち)」が2020年12月にオープンしました。カジュアルなデートにぴったりで、風水的に運気も上がる(!?)その秘密を探ります!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/吉田奈緒子(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPの吉田です。
 
さて、年が明けて1月も後半に突入しますが、皆さま、本年の目標は立てられましたか? 風水学的に2021年のラッキーフードの筆頭格はお魚だそうで、魚料理を意識的に食べて運気を養えば、目標達成が早くなるかも!? というわけで今回、ご紹介させていただくのは、2020年12月にオープンしたばかりの鮨店「鮨 おにかい+1(たすいち)」です。
コチラ、一昨年に本ブログにてご紹介した「鮨 おにかい」の2号店で、いまや予約3カ月待ちの人気店の新店舗として出店するに至りました。
 
従来の高級鮨店とは一線を画し、リラックスした雰囲気のなか本格的な鮨を提供するスタイルはそのままに、「鮨 おにかい+1(たすいち)」はその名の通り、ワインソムリエ・永瀬喜洋氏の監修によるイタリアワインのペアリングが可能になるなどプラスアルファのサービスが加えられ、さらに使い勝手が良くなった模様。
PAGE 2
▲ やや古めかしい建物の3階に上がると、なにやら妖しげな光を放つ一室が……。
▲ 扉を開けて、ギラリと艶っぽいホールを抜けると……
▲ 11席だけの小ざっぱりと整えられた店内へ。
場所は本店同様に東京・中目黒ですが、駅近になりアクセスも良好です。そして、何の変哲もない建物に入り、お店の扉を開けた瞬間に趣のある雰囲気に変わるのも、ココンチの特徴。気分が上がること請け合いですよ。
PAGE 3
▲ 大トロ・中トロ・赤身の漬けが一度に食べられる名物「マグロ手巻き」。
▲ 揚げたてプリプリの海老とサクサクの衣をパリッと海苔で巻いた「海老天海苔巻き」を、特製ダレで。いろいろな食感を楽しめます!
▲ 口の中でトロ〜リ、クリーミーにリゾット化する(!?)一品「低温調理白子 トリュフ塩」
お鮨のコンセプトも本店と同じく、江戸前鮨の伝統を守りつつも独自のアレンジを加えた“くずし鮨”がいくつかラインナップ。目の前で“瞬間燻製”にしてくれる「鯖スモーク」や、大トロの炙り・中トロ・赤みの漬けを贅沢に使った名物「マグロ手巻き」だけでなく、ミシュラン一ツ星を獲得した「天婦羅みやしろ」監修の「海老天海苔巻き」もぜひご賞味いただきたい一品です。
新鮮なネタはどれもボリューム満点で、これら15貫と3品の小皿料理を「おまかせコース」にて1万円(税込)で食べられるとくれば、足を運ばない理由なんてありません!
PAGE 4
大将の手さばきを目で追うのも楽しく、気さくな人柄にも心和むひとときに。カジュアルなデートにぴったりなのはもちろん、2021年の運気を高めるのにもうってつけな(!?)鮨店としてもお見知りおきいただきたく!

■「おにかい+1(たすいち)」

住所/東京都目黒区上目黒 3-9-5 プラージュ・メグロ 303
営業時間/1部:18:00〜、2部:20:30〜
※時間変更の可能性あり
 
不定休
 
HP/https://www.onikai.tokyo
 
予約・お問い合わせ/TEL.03-3712-5211
 
●料金/「おまかせコース」1万円(税込)、「ペアリングコース(6種)」5000円(税込)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        また1軒、中目黒に大人の隠れ家を見つけました! | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト