2020.12.14

今年の汚れは今年のうちに

大変な一年になった2020年。何もしなかった気もするし、なんだかずーっと忙しかったような気も。来年がよい年になるように、今年をきちんと終わらせる支度をしましょうよ、というわけで、ザ・リッツ・カールトン東京のSPAへ行ってきましたよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/堀川正毅(副編集長)

こんにちは、LEON編集部フクヘンの堀川です。

今年は例年よりは外出が少なく疲労することが減ったり、会食や飲み会がなくなって睡眠時間が確保できたりと、皮肉なことに比較的健康な一年になったなぁと思う反面、テレワークで終日PCの前など、心的・肉体的にストレスのかかる一年でもあったなぁと思う今日この頃。

なにより、人は生きているだけで酸化がすすむわけで、定期的なメインテナンスはやっぱり必要だと思うのですね。というわけで、行ってきました、ザ・リッツ・カールトン東京46階にあるSPA、「ザ・リッツ・カールトン スパ 東京」。

なんとコチラ、男性には縁遠かった資生堂の「クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ」なる、それはそれはすさまじいスキンケアアイテムをた〜っぷり使用したフェイシャルトリートメントが受けられるんです。

聞けばホテルスパとして資生堂商品を取り扱うのは世界初だそうで、しかも男性にも適したプログラムも用意されているなんて、これは事件です。
PAGE 2
今回、体験したのは「シナクティフ リフト&グロウ フェイシャル」(105分)。リンパの流れに沿ったオイルトリートメントののち、クレ・ド・ポー ボーテの極上クリームを石膏マスク(石仮面的な!)で角層まで浸透させ、肌にハリをもたらせてくれるというもの。

都会の喧騒を忘れ、都心の美景色絶景を望む個室に寝転がり、ヒーリング音楽にリラックスし、暖かったりひんやりだったりなクリームやオイルにゾクゾクし……、気づけば自分のいびきの音に目が覚める始末。

いやぁ気もちよかった! 肌の明るさはもちろん、引き締まりも期待できるようで、ちょっぴり顔が小さく(印象です、印象)なった気がしました。
PAGE 3
スパ後には東京の夜景を眼下にジャグジーIN。あぁ極楽……。身も心もすっかりスッキリできました。心身の健康は免疫アップにもつながるわけで、これは立派なコロナ対策でもある!と勝手に思った次第です。

今年の汚れを来年に持ち越すべからず。みなさんも今年のご褒美として、「ザ・リッツ・カールトン スパ 東京」でシナクティフ体験を、ぜひ!

■ ザ・リッツ・カールトン スパ 東京

住所/東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ザ・リッツ・カールトン東京(46F)
営業/10:00〜19:15(スパトリートメント最終受付時間)

問い合わせ先/03-6434-8813
HP/www.ritzcarlton.com/jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        今年の汚れは今年のうちに | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト