• TOP
  • FROM EDITORS
  • 【最新】バング&オルフセンの完全ワイヤレス イヤホンE8三世代目が登場!早速試してみた

2020.02.26

【最新】バング&オルフセンの完全ワイヤレス イヤホンE8三世代目が登場!早速試してみた

BANG & OLUFSENのBeoplay E8 3rd Gen (第三世代)が2020年2月14日より発売!(27日より家電量販店にて販売開始) その使用リポートを早速お届けいたします。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/高橋大(LEON.JP)

みなさまこんにちは。
LEON.JPのタカハシです。

最近人気のイヤホンといえば、完全ワイヤレス。
昨年まず話題になったのはソニーのWF-1000XM3でした。
その後、AppleからAirPods Proが登場して、2強としてあちこちで比較記事が出ていましたよね。

でも、完全ワイヤレスといえばこちらを忘れちゃいけません。
そう、2018に発売されたBANG & OLUFSENのBeoplay E8です。
ちなみに2019年には2nd Generationへと進化しています。
BANG & OLUFSENといえば、デンマークの超高級オーディオメイカーとして、オーディオマニアはもちろん、その独創的かつラグジュアリーモダンなデザインで、インテリアにこだわる人からも憧れの存在として知られているのは、いうまでもないでしょう。

その名器Beoplay E8が2020年2月、3rdGenerationへと進化したんです。

遅まきながら最近、完全ワイヤレスの魅力にはまっていたタカハシ的には、かな〜り気になる存在。
ということで、早速試してみました。
PAGE 2
で、その第一印象、さすが質感が高い! 本体もさることながら、レザー&アルミのケースもいい感じです。
左右のイヤーピースも体積が17%小さくなり、重量もぐっと軽量化されたそうで、コンパクトです。

気になる音質は、2nd Generationから大幅に進化しているというアナウンス通り、完全ワイヤレスとしてはかなりの水準。一言でいうとクリアでヌケがよく、音の解像度が高い。(例えば、アコースティックギターの微かなピッキング音も聞こえてくる)加えて低音もナチュラルな質量があり、いやなブースト感がありません。
PAGE 3
普通、イヤホンではあまり満足感が得られないアコースティックギターのヴォーカルものや、ジャズなどのライブ音源が自然で心地よく、さらにイヤホンで聴くもんじゃないと言われるクラシックもいい感じ、これなら聴こうと思えるレベル。ちなみに専用アプリでイコライジングも可能です。

実は、このE8、高音質を追求するために今流行のノイズキャンセリングを搭載していません。
敢えてのその判断がまさに良い結果になっているのでしょう。
というものの、ぴたりと耳にフィットさせるとかなり外部音は抑えられていました。
それにしても、超高級オーディオでしられるBANG & OLUFSENの音をこんなに手軽に感じられるようになるなんて、いい時代ですね〜と今更ながら感激。

結論。大人のイヤホンとして、かなりオススメな逸品かと!

ではまた!

BANG & OLUFSEN www.bang-olufsen.com/

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
スペシャルアイテム発売中! LUXURY LIFE STYLE ONLINE STORE 買える LEON
【最新】バング&オルフセンの完全ワイヤレス イヤホンE8三世代目が登場!早速試してみた | 編集記 | LEON レオン オフィシャルWebサイト