• TOP
  • FROM EDITORS
  • 『ブランパン オーシャン コミットメント展』〜レトロでちょい小振りなダイバーズが最近気になります〜

2019.10.02

『ブランパン オーシャン コミットメント展』〜レトロでちょい小振りなダイバーズが最近気になります〜

1953年に世界初のモダンダイバーズウォッチ『フィフティ ファゾムス』を発表して以来、ブランパンは探検家、写真家、科学者、環境専門家など幅広い海洋保護活動家とパートナーシップを築いてきました。その一環として先日、『2019ブランパン オーシャン コミットメント展』が開催されました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/鈴木賢二(LEON)

LEON編集部の鈴木です。

1953年に世界初のモダンダイバーズウォッチ『フィフティ ファゾムス』を発表して以来、ブランパンは探検家、写真家、科学者、環境専門家など幅広い海洋保護活動家とパートナーシップを築いてきました。そしてグローバルプログラム「ブランパン オーシャン コミットメント」の下、ブランパンは科学調査探検や探査プログラム、環境フォーラム、水中写真展のほか、ドキュメンタリー映画の制作をサポートしています。
その一環として先日、『2019ブランパン オーシャン コミットメント展』が開催されました。2008年から発行している水中写真集『エディション フィフティ ファゾムス』から厳選された写真や、2013年にローラン・バレスタ氏が立ち上げた「ゴンベッサ・プロジェクト」のフレンチ・ポリネシアや地中海などの調査活動の写真やビデオの数々を展示。
またフリーダイバーであり水中表現家の二木あいさんのトークショーが行われ、その神秘的な写真に来場者からは驚きの声が。さらに、会場には1950年代から1970年代の7点のヴィンテージ タイムピースが展示され、そのなかには、今年発表された『フィフティ ファゾムス バラクーダ』のオリジナルピースも。
PAGE 2
『フィフティ ファゾムス バラクーダ』自動巻き、SSケース(40.3mm)、トロピカルストラップ。300m防水。世界限定500本。139万円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座)
1950年代、フランス海軍特殊潜水部隊が最初にフィフティ ファゾムスを腕に付け、ミッションを遂行しました。これに続き、ドイツ海軍が1960年代に装備することに。バラクーダは、ドイツ海軍にフィフティ ファゾムスを供給する潜水機材の製造マーケティングの専門企業。そして軍用腕時計とは別に同社がドイツ市場に流通させたモデルは、独特なスタイルだったのです。

オリジナルを現代に再解釈したその新作モデルは、レッドとホワイトの大きなインデックスに“オールドラジウム”のスーパールミノバ®を使用。さらなる注目は、このモデルのためにデザインされた直径40.3mmのちょい小振りなサイズ感なのです。

レトロな感じのちょい小振りなダイバーズ、なんだか最近気になります。

それでは、また次回のブログにて。

※掲載商品はすべて税抜き価格です

ブランパン ブティック銀座

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL