• TOP
  • FROM EDITORS
  • 世界のセレブが夢中! 豪華小型クルーザーによる船旅っていくらかかるの?

2019.06.10

世界のセレブが夢中! 豪華小型クルーザーによる船旅っていくらかかるの?

船旅は時間がかかるからこそ贅沢。最近世界のセレブ達に人気なのはスモールラグジュアリーホテルのような小型豪華クルーズ船による旅。停泊中のフランス籍PONANT(ポナン)社の豪華客船、ル・ソレアル号に乗船してみました。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/森本 泉(LEON.JP)

こんにちは、LEON.JPのモリモトです。
皆さん、船旅はお好きでしょうか? 世界のスーパーリッチが最後にたどり着くのがスーパーヨットと呼ばれるプライベートクルーザーだと言います。誰のものでもない広大な海を我が庭として専有する船旅は確かに究極の贅沢と言えるかもしれません。

どんな高級車も、プライベートジェットも、所詮、移動手段に過ぎませんが、クルーザーはそこで暮らせる拠点。いわば世界中に移動別荘を持つようなものです。某ロシアの億万長者は巨大ヨットで世界の海を周遊しながら、必要な時だけヨットからプライベートジェットで仕事にでかけるといいます。
はぁ~とため息しか出ませんが、そんなスーパーリッチの気分を少しでも疑似体験すべく、フランスが誇るラグジュアリークルーズの雄、PONANT(ポナン)社の客船が大阪に寄航したので、その内部を見学に行ってきました。
こちらが今回、大阪に寄航したル・ソレアル号の全貌。全長142m。1万700トン。船籍はフランス。
PONANT(ポナン)社は、以前にもご紹介しましたが(こちら)、あえて小型のラグジュアリークルーザーにこだわったクルーズ会社。所有するのは海の上のスモールラグジュアリーホテルといった趣きの豪華内装・設備とサービスを備えた定員200名程の8隻のみ。

まさに動く別荘と呼ぶにふさわしいこれらの船で、地中海はもとより、カリブ海から南アフリカ沿岸、オセアニア、ミクロネシア、南極、北極といった極地まで、世界中の海を巡る旅を提供しているのです。
PAGE 2
操舵室。制限はあるが、客も航海中に入ることができる。
こちらのクルーズの特徴は「ラグジュアリーなのに冒険好き」という点。「エクスペディション」と呼ばれる冒険的クルーズ旅行を得意とし、南極、北極の極地を始め、世界中の大自然の驚異と絶景を堪能できるツアーを多数用意しています。

元々はフランス海軍出身の船乗りだった創業者の意思で、船乗りの楽しみ方を体現した船を作ることを考え、船は大きくしすぎない、カジノはいらない、操舵室は面白い所だから大きくしようなど、好奇心を刺激するさまざまな工夫が凝らされています。そしてそんな冒険の旅に赴くにも、あくまでラグジュアリーに、というのがPONANT(ポナン)社のクルーズの面目躍如たるところ。
今回、大阪に来たのはル・ソレアル号という客船。200人乗りはクルーズ船としては小型とは言っても、実際目にするとかなりの大きさです。レストラン2つの他、ラウンジや客全員が着席できるシアターホール、プール、フィットネスルーム、マッサージ&ヘアサロン(エステ)、プレイルームなども備えています。
客室は132室。すべてが海側キャビンで、ほとんどがバルコニー付き。広さは21~54平米。
その内装はいかにもの華美なものではなく、シックで落ち着いたセンスでまとめられており、船内にはさまざまなアートが飾られるなど、さすがフランスといった感じの趣味の良さが光ります。

料理はアラン・デュカスが運営する「デュカス・コンセイル」とタッグを組んだもので、フランス料理をメインにしながらも、客の好みや状況に合わせて臨機応変なメニュー対応もしてくれるそう。ワインセラーをのぞくと、趣味の良いセレクトで各国のワインがびっしり。
PAGE 3
船内は基本フランス語と英語が公用語。日本人にとっては100%外国ですが、逆に欧米の乗客にとっては、日常の暮らしを維持しながら、言語や生活習慣のストレスを抱えることなく、世界中を旅できるというのが大きなメリットなのでしょう。

そんな優雅な海の上の別荘暮らしを楽しみながら、極地までも行けてしまう耐氷船であるというのが、この船のすごいところ。船内には「ゾディアック」と呼ばれるゴムボートを積み、これを使って目的地のすぐ近くまで客を届けます。こちらフランス軍が上陸強襲艇として開発したガチの軍用ボートゆえ、安全性も抜群。まさに日常と非日常が紙一重でセットになっている旅なのです。
日本ではクルーズというと、大型の豪華客船に乗ってのんびり世界一周というようなイメージですが、世界のセレブの潮流は、このPONANT(ポナン)社のような小型ラグジュアリークルーザーに乗っての船旅なのだとか。よりプライベート感が強く、スーパーリッチのクルーズ旅に近い楽しみを味わえるのが人気の理由のようです。
ちなみに、PONANT(ポナン)社の場合、南極や北極などのエクスペディション(冒険)クルーズだと、期間2週間前後でひとり100~150万円くらいと、かなり高額ではありますが、ちらほら新婚旅行などでご利用の日本人も増えているのだとか。

そこまでは厳しいという方に、最初のPONANT(ポナン)体験としてオススメなのは、地中海クルーズ。イタリアまで飛行機で飛んで、ベニスから1週間のクルーズを楽しむなら、3000ユーロ代のチケットもあるそう。語学に自信のある方は、ぜひ挑戦して、ヨーロッパのラグジュアリークルーズ生活を堪能してみてくださいませ。

■PONANT(ポナン)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL