• TOP
  • FROM EDITORS
  • 世界でもっとも有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」が東京に出没!

2019.03.20

世界でもっとも有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」が東京に出没!

赤い風車こと「ムーラン・ルージュ」に思いもがけない場所で出会いました。かの有名なダンサーはどのように選ばれているのか。その選考基準を聞きました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 

「白いばら」ロス

LEON.JP食いしん坊担当の秋山 都です。
私は過去に「銀座最古にして唯一のキャバレー『白いばら』は何故枯れない?」を取材・執筆しました。この記事はおかげさまで、LEON.JPにおいてもっとも多くの方に読んでいただいている人気記事です。でも、「白いばら」は2018年1月に惜しまれながら閉店。約90年の歴史に幕を閉じました。その後、「ハリウッド」(赤羽)も閉店し、日本の大型キャバレーはもはや絶滅の危機にあるといっても過言ではないでしょう。

「白いばら」でキャバレーとは決していかがわしい場所ではなく、オトナの社交場であると学んでいた私、しばらく「白いばら」ロスに沈んでおりましたが、このほど意外な場所でキャバレーと再会できました。それも、世界でもっとも有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」と、です。
意外な場所とは、フランス大使公邸での昼食会でした。
その意外な場所とはフランス大使公邸。いや、意外でもないのかな。キャバレー=Cabaretとはもともとフランス語。ダンスやショーなどエンターテインメントを楽しみながら食事や酒を楽しめる場所、という意味です。

この日、フランス大使公邸では世界5大陸で同じ日にフランス料理を楽しむイベント「グード・フランス2019」のお披露目が行われており、そこにゲストシェフとして「ムーラン・ルージュ」のシェフが招聘されていたというわけなのでした。
PAGE 2

世界でもっとも有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」

ロートレックによる「ムーラン・ルージュ」のポスター(1891年)
「ムーラン・ルージュ」をご存知ない方も、この絵ならご覧になったことがあるでしょう。画家トゥルーズ・ロートレックが「ムーラン・ルージュ」のために描いたポスターです。
「ムーラン・ルージュ」はパリの名士を楽しませる場所として1889年に創業されました。そして、その「ムーラン・ルージュ」を一躍有名にしたのがこちら。
19世紀の踊り子たち。現在のダンサーたちと異なり、小柄ですね。
おわかりでしょう。スカートをたくしあげながら片足を高く上げる「フレンチ・カンカン」です。1890年に、のちのエドワード7世(当時プリンス・オブ・ウェールズ)が来店した際、先のロートレックのポスターにも描かれたダンサー、ラ・グーリュはこのカンカンを踊りながら「おい、ウェールズ、シャンパンをおごってよ」と叫んだのとか。なんというか、女傑ですね。
こちらが実物のラ・グーリュ。たしかにロートレックの絵と似てます。
PAGE 3
さて、私と「ムーラン・ルージュ」との出会いは突然でした。おいしい食事に舌鼓を打っていたところ、突然に公邸のダイニングにキラキラと光が差し(たような気がし)て・・・・・・
「ムーラン・ルージュ」のダンサー、イザベルさんとマチルダさん。
現れたのが「ムーラン・ルージュ」のダンサー、ドリス・ガールズのおふたり。な、なんでしょう、この柔軟性。そしてなんときらびやかなコスチューム。

軽々と脚をあげているように見えますが、この衣装のフリルは全長200メートルに及び、細かくスワロフスキーのクリスタルが縫い取られているため、重量5キロ! 華やかながらなかなか大変なお仕事だとお察しします。
ドリス・ガールズは現在60名。その華麗なスタイルを生み出すため、オーダーシューズ、フェザー(羽根)、刺繍のアトリエを傘下に収め、技術の継承に貢献しているのだそうです。なにしろ靴だけで22.5㎝から30㎝(!?)まで800足も必要なんですって。

そしてこのドリス・ガールズがどのように選ばれているか、気になりますよね?
選考の基準はふたつだそう。
1.身長が175㎝以上ある。
2.クラシックバレエの素養がある。
はい、真ん中の方、うれしそうに笑ってますが、不合格(笑)。

 ■ ムーラン・ルージュ


予約・お問合せ/+33 1 53 09 82 82
hwww.moulinrouge.com

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL