2019.01.10

靴の聖地ノーザンプトンへ!

イタリア・ピッティ取材に入る前、トランジットを利用しいざロンドンへ。向かった先は靴の聖地とも言われるノーザンプトン。あの名靴がお手頃価格で手に入っちゃうのです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/井原宏太(LEON)

あけましておめでとうございます。
LEON編集部の井原です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、早速ですがいまイタリアにピッティの取材で来ております。この冬は本当にお洒落の幅が広がっており、様々なスタイルをした洒落たオヤジたちが見られます。その様子は次回にまわすとしまして、今回はイタリアに入る前、トランジットで立ち寄ったロンドンのお話を少々。
向かった先はロンドン市内を北上して約1時間、靴の聖地とも呼ばれるノーザンプトンへ。もちろん目的は、ジョンロブやエドワード グリーン、クロケット&ジョーンズなど名だたる靴ブランドのファクトリー巡りです。
はじめに訪れたのがノーザンプトン駅よりタクシーで10分圏内にあるジョンロブへ。こちらはファクトリーとファクトリーショップが別れており、今回入ることができたのはショップのみ。ここではあの名作が驚くほどのお手軽価格で手に入れることができちゃうのです!サイズもバリエーションも豊富に揃っています!!
PAGE 2
続いてはエドワードグリーンへ。こちらは工房とファクトリーショップが同じ場所にあるので、どのように名靴が誕生するのかを垣間見ながら、お買い物を楽しむこともできます。
PAGE 3
他にもクリケット&ジョーンズ、トリッカーズ、チャーチなど、どこもタクシーで5分〜10分圏内でいけることができ、ファクトリー見学とショップが楽しめるようになっていました。もちろん靴は超お手頃価格!私は計5足も購入してしまいました……。
タクシーの運転手曰く、ノーザンプトンはもともと牧場として牛がたくさん放牧されていたこと、タンニンがとれる樫の木が豊富だったこと、綺麗な川が流れていること、などいくつかの利点が重なることで、名靴と呼ばれるファクトリーが集まることになったのだとか。

ロンドンに行かれる際は是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL