• TOP
  • CARS
  • 新型BMW X4 M40iに試乗! 3L直6のこの走り、最高にキモチいい!

2018.11.10

新型BMW X4 M40iに試乗! 3L直6のこの走り、最高にキモチいい!

群雄割拠のSUVシーン。そのなかでも、常に新しい価値を生み出してきたBMWがX4をフルモデルチェンジした。その価値はどう進化したのか? 小川フミオが試乗リポートする。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/小川フミオ

BMW X4 M40i
先代よりホイールベースは55ミリ延び、全長は80ミリ延ばされている

BMW X4が切り拓いたクーペ解釈のSUV

かつてはクーペ、あるいはコンバーチブルだった。いま女子に欲しいクルマを訊くと、圧倒的にSUVが多い。これはどうも世界的な傾向のようである。SUV人気の背景にはスタイルのバリエーションが多い(多くなった)ことがあげられる。その立役者がBMWのX4だといえる。

BMW X4の魅力はクロスオーバーにある。腰まわりは力強さを感じさせる4WDだけれど、キャビンはルーフ長を短く見せるとともにテールゲートを寝かせぎみにして、コンパクトさを演出している。4WD車とクーペのクロスオーバー。それが特徴だ。
BMW X4 M40i
全長は4760ミリ、全幅1920ミリ、全高1620ミリと先代よりひとまわり大きくなった
リアもトランクが独立したように見えるのもミソ。これがスタイリッシュさに結びついているのだ。2016年にメルセデス・ベンツがGLCクーペ(これもヨイ)を発売したとき、本社の開発担当者は私に「BMWが(2014年に)X4を発表して成功していなかったら、この企画もオクラ入りになっていたかも」とこっそり教えてくれたものだ。

第2世代は2018年3月のニューヨーク自動車ショーで発表され、日本にはさっそく9月に入ってきた。基本的なスタイリングコンセプトは踏襲しているが、面はより筋肉質となり、フロントマスクも大型エアダムの採用などで精悍さ(どう猛さ?)を増している。

日本で展開されるラインナップもスポーティなモデルに振っている。大きくいって、2リッター4気筒の「X4 30I xDrive」と3リッター6気筒の「X4 M40i」である。

前者は2種類あるBMWの2リッターエンジンのうち力のある185kW(252ps)の仕様を搭載している。後者は265kW(360ps)の3リッター直列6気筒エンジンだ。ともにフルタイム4WDと、8段オートマチックの組み合わせである。

NEXT PAGE2/ 4

3リッター直列6気筒エンジンの官能的な走り 

BMW X4 M40i
M40iはサーキット走行むけのMモデルとふだん使いのBMWモデルの中間に位置づけられているという
ここで紹介するのはパワフルでスポーツ志向が最も強いM40iだ。10月後半にようやく乗ることが出来た。BMWのモータースポーツ活動やM3、M5といったスーパースポーツセダンを手がけるM社のパーツを組み込んでいるため「M」が車名につく。

SUVもいいけれど運転が楽しめないと不満を持っていて、ランボルギーニ・ウルスではやりすぎだと思っているひとには、このクルマは最適の1台かもしれない。

BMW伝家の宝刀というかんじの3リッター直列6気筒エンジンは、265kW(360ps)の最高出力に500Nmの最大トルクという数値もすごい。そしてそれよりなにより、気持ちがいい。高回転域までいっきに回るうえに、そのときの力の出方が絶妙で、この加速感は病みつきになること間違いない。

からだを支えるサポートが張り出したスポーツシートに、太いグリップの革巻きステアリングホイールは「M」がつくBMWモデルに共通の装備だ。実際にスポーツドライビングをするうえで、たいへん頼もしい。
BMW X4 M40i インテリア
全体がドライバーのほうに向いているBMW伝統的なコクピットデザインを継承

その走りは完全にスポーツ!

走り出すと足まわりはしっかりしている。21インチという大径タイヤの装着は”サーキットで走ることを第一に考えているのか”と言いたくなるほどだが、じっさいに走りが命のようなクルマだ。

活き活きとするのは、速度があがったとき、そしてコーナリング時だ。ステアリングホイールを切ったときの車体のレスポンスのよさに加え、おそらく重心高も低いのだろう、姿勢変化が少なく抑えられている。車高が1620ミリあるとは思えないほどだ。しっかりと地面をつかまえて安定した動きである。

最大トルクは1520rpmから発生するだけあって、市街地ではアクセルペダルを強く踏み込まなくても力強い。いっぽうで3000rpmから上はパワーが爆発するかんじだ。電気自動車への移行が言われるなか、よく出来たガソリンエンジンの魅力をいつまで堪能できるか分からないけれど、なにはともあれ、体験する価値のあるエンジンなのだ。

NEXT PAGE3/ 4

その走りはまさにスポーツだ! 

BMW X4 M40i インテリア
シフトレバーの根元にドライブモード切り換えボタンがあり「スポーツ」を2回押すとよりダイレクトな操縦性の「スポーツプラス」モードになる
アクセルペダルへの反応はするどく、ドライバーの思いどおりにクルマが加減速をしてくれる。そしてブレーキも(高性能車だけあって)しっかりと、かつ繊細なコントロールを受け付ける。

ドライブモードセレクターが備わっており、「コンフォート」もけっして悪くないけれど、「スポーツ」だとすべての設定がよりがっちりと精緻にかみ合うとでもいえばいいか、このクルマが持っているポテンシャルがしっかり堪能できるのである。

車名に表記はないけれど、フルタイム4WDシステムが組み合わされている。前後のトルク配分は通常フロント40パーセント、リア60パーセントていどで、最大フロントに50パーセント、あるいはリアに100パーセントと、走行状況や道路状況で変化する。

高性能モデルではパワーを前後の車輪に効率的に分配することでトルクをコントロールし、よりスポーティに走れるようにするのがBMWの考えかた。M40iはまさにその好例だ。
BMW X4 M40i インテリア
Mスポーツのスポーツシートが備わる
このクルマを勧める理由は、コンセプトがはっきりしているからだ。SUVに乗っているとなんとなく便利そう、といったあいまいな理由でなく、スポーティな走りが楽しめる新しい時代のクロスオーバーという存在理由が明確だ。それがオーナーの主張となる。

SUVブームから頭ひとつ抜け出したいと思っているひとには、ゆえにBMW X4 M40iを、と言いたい。価格は977万円とけっして安くはないけれど、そこもまたひとつの価値と考えられるひとにはぜひ、である。

NEXT PAGE4/ 4

BMW X4 M40iを写真でチェック! 

● 小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト

慶應義塾大学文学部出身。自動車誌やグルメ誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。活動範囲はウェブと雑誌。手がけるのはクルマ、グルメ、デザイン、インタビューなど。いわゆる文化的なことが得意でメカには弱く電球交換がせいぜい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事