• TOP
  • WATCHES
  • 攻める心に火を点ける腕時計。イノベーター「ロジェ・デュブイ」の魅力

2021.11.03

SPONSORED

攻める心に火を点ける腕時計。イノベーター「ロジェ・デュブイ」の魅力

付けるだけで気持ちがグッと前向きになるような腕時計が欲しかったら、「ロジェ・デュブイ」は絶好のチョイス。デザインでもメカニズムでも時計界の常識を覆し続けてきた“真のイノベーター”のオーラが、あなたの攻める心の着火剤になってくれます!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・川田有二、静物・鈴木泰之(Studio Log) スタイリスト/久 修一郎 ヘアメイク/勝間亮平 文/吉田 巌(十万馬力) 

腕時計は、単なる時間確認のツールではありません。周囲にセンスやスタンスをアピールし、自分のマインドを重ねられる重要なアイテム。だからこそ大人のオトコたちは腕時計にこだわるんですね。

なかでも視界に入るたびに自分を奮い立たせてくれる時計が欲しいなら、間違いないのが「ロジェ・デュブイ」。1995年にスイス・ジュネーブにて創業以来、腕時計のイノベーションに挑み続けるブランドです。
他に類を見ない独創的なデザインが、ココの革新性の最たる部分ですが、それができるのも時計製造の全工程を自社で行える稀有なマニュファクチュールゆえ。

全モデルがジュネーブ製高級時計の伝統を正当に受け継ぐことの証明である“ジュネーブ・シール”を取得する一方、常に最先端の機構や素材にもアプローチし、時計界の常識を次々と覆し続けてきました。

そんな「ロジェ・デュブイ」の時計が腕にあれば、あなたのチャレンジスピリットも大いに刺激されるはず。一見、大胆なデザインに怯む方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には装いにツイストとラグジュアリー感を絶妙に加味してくれるのです。
PAGE 2

◆ Type 01 

色褪せないテックホワイトが腕元で際立つ

▲ 時計880万円/ロジェ・デュブイ、ブルゾン15万1800円/チンクワンタ、Tシャツ1万2100円/ザ インターナショナル イメージズ コレクション(ノウン)、パンツ2万9700円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)
艶が美しいナッパレザーのブルゾンをメインに据えたオールブラックのスタイル。この装いのスパイスとなるのが、エクスカリバー スパイダー オートマティック スケルトン ジャパンリミテッド。マットなチタンケースにフランジとストラップのピュアな白がマッチし、とても爽やかかつ軽快なイメージを添えています。

芸術的なスケルトンワークの煌めきが、艶やかなレザージャケットと呼応し、スタイル全体を一層ラグジュアリーに演出してくれるのもいいですね。ダイナミックでスポーティな雰囲気あるので、ドライブなどアクティブなシーンのおともにもぴったりです。

白を基調としているので、夏の日に焼けた肌にサラリと付けるのもオツですよ。
PAGE 3
▲ 「エクスカリバー スパイダー オートマティック スケルトン ジャパンリミテッド」自動巻き、Tiケース(45mm)、ラバーストラップ。日本限定28本。880万円/ロジェ・デュブイ
11時位置にあるマイクロローター式の自動巻き機構まで徹底的にスケルトナイズした、新開発ムーブメントCal.RD820SQを搭載。こんなにローターが小さいのに60時間ものパワーリザーブを実現しているのも驚きです。

圧倒的な透け感の中、「ロジェ・デュブイ」のアイコンである星をモチーフにしたブリッジを蜘蛛の巣のように伸ばし、ミステリアスな奥行きを深めているのも今作の魅力。

見つめれば見つめるほどアドレナリンが刺激される一本です。
PAGE 4

◆ Type 02 

艶黒なスケルトンでスーツの腕元が変わる

▲ 時計1683万円/ロジェ・デュブイ、スーツ16万3900円、シャツ2万9700円、(冒頭カット)靴7万5900円/すべてラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)、ネクタイ1万7600円/ホリデー&ブラウン(アイネックス)、メガネ6万6000円/10 アイヴァン(アイヴァンPR)
スーツスタイルであなたのチャレンジングな姿勢を見せるなら、こんなスケルトンウォッチはいかがでしょう。

大胆なスケルトンワークを施したエクスカリバー シングル フライング トゥールビヨン グレー DLC チタンは、全体を黒に限りなく近いダークグレーで統一したことで、実にシックな佇まい。濡れたように艶やかな質感を湛えるケースは、腕元での見映えも実にクールです。

ゆえにスーツと合わせても浮かず、むしろ大人の遊び心や余裕を示すツールとして機能してくれるのです。ちなみに、ここで合わせたグレースーツはダブルブレストながら、芯材やパッドを極力排した軽快な仕立て。

スケルトンウォッチをビジネスで着用するなら、スーツもこういう程よくモダンなタイプを選ぶのがコツですよ。
PAGE 5
▲ 「エクスカリバー シングル フライング トゥールビヨン グレー DLC チタン」手巻き、Tiケース(42mm)、カーフストラップ。世界限定88本。1683万円/ロジェ・デュブイ
時計ファン憧れの複雑機構であるフライングトゥールビヨンをここまでスケスケに仕上げしまう「ロジェ・デュブイ」の技術力に脱帽! トゥールビヨンキャリッジの下部にはチタン、上部にはミラーポリッシュのコバルトクロームを使用するなどの多彩な素材セレクトにより、その軽さは愕然とするほど。

なお、このムーブメントは新開発のCal.RD512SQ。パワーリザーブは72時間を誇り、たとえ週末にこの時計を付けていなかったとしても、月曜日にゼンマイが切れているということはありません。
PAGE 6

ロジェ・デュブイがイノベーターな3つのポイント

Point 01 

伝統技法を受け継ぎつつ、進化を止めない

時計製造の全工程を自社内で行える真のマニュファクチュールである「ロジェ・デュブイ」。ココの時計は、すべてがジュネーブ・シールを取得していることでも有名です。

ジュネーブ・シールとは単にジュネーブで作られた時計に与えられるものではなく、技術的にも審美的にもジュネーブ時計の伝統に基づいていることを示す認証。ムーブメントだけでなく、ケーシング、さらに完成品としての時計本体まで超厳格にチェックされ、スイスで年間製造される2000万個の時計のうち、ジュネーブ・シールを取得できるものは2万4000個ほどしかありません。

「ロジェ・デュブイ」がすごいのは、そんな伝統の認証をクリアしながら、素材的にも機構的にも常にとびきり大胆なことにチャレンジしているところ。常に前へ前へと進みたい男たちの心をくすぐるのは当然なのです。
PAGE 7

Point 02 

素材へのたゆまぬ挑戦

「ロジェ・デュブイ」は、独創的かつ革新的な素材を用いたハイコンプリケーションウォッチの名手でもあります。今回ご紹介した2本にも、ともにこのメゾン特有の軽量なチタニウムを使用しています。

ちなみにチタニウムは非常に加工が難しく、こういう流麗かつ複雑なデザインに造形するには相当な技術力が必要。そこに果敢に挑み、常に時計ファンが感嘆する仕上げにまとめてしまうところも、「ロジェ・デュブイ」のイノベーターたる所以なのです。
PAGE 8

Point 03  

ここまで極めた透明感

▲ エクスカリバー スパイダー オートマティック スケルトン ジャパンリミテッドのケースバック。表から見ても裏から見てもそのスケスケ度は感嘆するほど。
フルスケルトンウォッチの先駆として知られる「ロジェ・デュブイ」ですが、近年ますますその技は凄まじいものとなっており、まさにひとつの芸術作品を見るかのよう。

ケースバックから覗くと、ブランドのアイコンである星モチーフのブリッジですべての歯車やゼンマイを繋ぐ驚異的な設計で、圧倒的な透明度のムーブメントになっています。ちなみに、この星はアーサー王伝説の剣・エクスカリバーにも着想を得ているそう。だから、星の先端が剣先のように伸びているのだとか。

スケルトンに憧れるメカ好きな御仁は多いと思いますが、より価値ある一本をお探しなら、ロジェ・デュブイが最高の選択と言えるでしょう。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ 

ロジェ・デュブイ 03-4461-8040
https://www.rogerdubuis.com/jp-ja

アイヴァン PR 03-6450-5300
アイネックス 03-5728-1190
エフイーエヌ 03-3498-1642
チンクワンタ 050-5218-3859
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ノウン 03-5464-0338

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        攻める心に火を点ける腕時計。イノベーター「ロジェ・デュブイ」の魅力 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト