• TOP
  • WATCHES
  • 【スタイル別】男の着こなしを一気に洒脱にする、クロノ時計はこの3本

2018.07.08

SPONSORED

【スタイル別】男の着こなしを一気に洒脱にする、クロノ時計はこの3本

ブライトリングを代表する名モデル「ナビタイマー」。その進化版が「ナビタイマー8」。以前のタイプより、よりスッキリした面構えはファッション度が上がり、どんなシーンでも大人の男の着こなしと腕元を引き締めてくれます。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

撮影/前田 晃 スタイリング/武内雅英(code) ヘア/MASAYUKI(The VOICE) 文/吉田 巌(十万馬力)

● タイドアップしたスーツスタイル 

デキるビジネスマンは、あえて控えめな”ワントーンクロノ”をチョイス

時計64万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、スーツ17万円/リングヂャケット、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ(以上リングヂャケットマイスター 青山店)、タイ2万1000円/アット ヴァンヌッチ(グジ 東京店)、チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)
時計64万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、スーツ17万円/リングヂャケット、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ(以上リングヂャケットマイスター 青山店)、タイ2万1000円/アット ヴァンヌッチ(グジ 東京店)、チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)
クロノグラフの名門ブライトリング。その代表作である「ナビタイマー」に、先ごろ「ナビタイマー 8」という新コレクションが加わったことをご存知でしょうか? 従来ナビタイマーは航空用回転計算尺付きのベゼルをアインデンティティとしてきましたが、「ナビタイマー 8」ではそれを潔く排除。

このデザインはかつて同社が製作したオンボードクロックや1930〜40年代製のパイロットウォッチからインスパイアされたものですが、見た目がさらにすっきりし、ファッション対応力がさらに増したと評判なんです。

中でもベーシックなスーツスタイルと相性抜群なのが「ナビタイマー 8 クロノグラフ 43」です。同シリーズは、名機バルジュー7750をチューンナップした“Cal.13”を搭載し、デザイン的にはメインダイヤルとインダイヤルを同じカラーで揃えているのが特徴。

ご覧のような黒文字盤タイプなら、よりストイックな男らしさが漂います。SSケース&ブレスのメタリックな輝きとブラックがクールなコントラストをなし、どこか知的な雰囲気が漂うのもいいところ。ビジネススタイルに合わせるにはもってこいのクロノグラフと言えましょう。

スーツ姿を引き締めるのは、実は手元なんです

時計64万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、スーツ17万円/リングヂャケット、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ、ベルト3万2000円/メゾン オクトパシー(以上リングヂャケットマイスター 青山店)、タイ2万1000円/アット ヴァンヌッチ(グジ 東京店)、チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)、靴8万8000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
時計64万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、スーツ17万円/リングヂャケット、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ、ベルト3万2000円/メゾン オクトパシー(以上リングヂャケットマイスター 青山店)、タイ2万1000円/アット ヴァンヌッチ(グジ 東京店)、チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ)、靴8万8000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
明るめのグレーベースのグレンチェックスーツに、白シャツ+小紋タイのオーセンティックなVゾーンのコーディネート。それを黒文字盤の「ナビタイマー 8 クロノグラフ 43」がより精悍に引き締めています。SSケース&ブレスがシャープ感を高め、いかにも仕事がデキそうな雰囲気です。

ちなみにこのスタイリングで茶の靴はそぐいません。黒文字盤に合わせて潔く黒靴を合わせるのが正解。ぐっとクールかつモダンにまとまります。

NEXT PAGE2/ 4

デキるビジネスマンの袖口にこんなクロノグラフ

◆ ナビタイマー 8 クロノグラフ 43 

ビジネスマンの袖口に知性を加味する、絶妙な一本

自動巻き、SSケース(43㎜)、SSブレスレット。10気圧防水。64万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
自動巻き、SSケース(43㎜)、SSブレスレット。10気圧防水。64万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
ナビタイマーらしい風格はそのまま、航空用回転計算尺をとりのぞいたことでよりニュートラルな佇まいを獲得した「ナビタイマー 8」。そのコレクションの中で、最もコストパフォーマンスに優れたクロノグラフをお探しなら、この「ナビタイマー 8 クロノグラフ 43」で間違いありません。

クラシックとモダンがバランスしたデザインのうちに秘めるのは、自社開発の“Cal.01”が誕生するまでずっと同社クロノグラフの屋台骨を支え、今なお主力モデルが採用するバルジュー7750ベーの“Cal.13”。クレバーな大人に相応しい選択です。

● 大人のリゾートスタイル 

大人のマリンスタイルは、黒と白で甘くない

時計83万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ジャケット5万3000円/ソリード(タトラス ジャパン)、カットソー1万円/セントジェームス(セント ジェームス代官山店)、ブレスレット1万9000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、眼鏡3万5000円/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ)
時計83万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ジャケット5万3000円/ソリード(タトラス ジャパン)、カットソー1万円/セントジェームス(セント ジェームス代官山店)、ブレスレット1万9000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、眼鏡3万5000円/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ)
マリンスタイルというと通常は青×白の爽やかなカラーリングですが、ときに子供っぽくなりすぎてしまうきらいも。そこで最近LEONでも推奨しているのが青を黒に変えたスタイル。黒×白のモノトーン基調とすることでぐっとクールな雰囲気となり、大人のシブ味や貫禄を醸し出すのにうってつけなのです。

そんな大人のマリンスタイルにこれ以上となくハマるのが「ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43」です。ブライトリングが自社開発・製造したムーブメント“Cal.01”を搭載するこのシリーズは、いわゆる2トーンダイヤルを特徴とします。そのうちメインダイヤルを黒、インダイヤルをシルバーとしたタイプ(時計ファンは昔からこういう配色を“パンダクロノ”と呼びます)を選べば、ご覧の通りに黒×白のマリンスタイルとぴったりリンクしつつ、カジュアルな袖口に大人のエレガンスをプラスしてくれるのです。

大人のショーツ姿にこそ、リッチなコンビ時計がキマる

時計83万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ジャケット5万3000円/ソリード(タトラス ジャパン)、カットソー1万円/セントジェームス(セント ジェームス代官山店)、ショーツ2万7000円/シビリア(グジ 東京店)、靴3万4000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、ブレスレット1万9000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、眼鏡3万5000円/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ)
時計83万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ジャケット5万3000円/ソリード(タトラス ジャパン)、カットソー1万円/セントジェームス(セント ジェームス代官山店)、ショーツ2万7000円/シビリア(グジ 東京店)、靴3万4000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)、ブレスレット1万9000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、眼鏡3万5000円/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ)
黒×白のモノトーンでまとめれば、ショーツ姿も大人な風情。ここで袖口に華奢なドレスウォッチだと軽快感やアクティブさがスポイルされてしまいますが、袖口の「ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43」は同社のオンボードクロックやクラシックなパイロットウォッチをモチーフとしているだけにほどよくスポーティな味わいがあり、軽快なショーツ姿にもしっくりとマッチ。

それでいて随所の仕上げが高級感たっぷりで、貫禄アップにもしっかり貢献してくれるのがいいところ。径43㎜の大き過ぎず小さすぎないサイジングも、さりげなく主張を効かせたい大人にぴったりです。

NEXT PAGE3/ 4

夏のマリンスタイルに合うパンダ顔クロノ

◆ ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43 

白黒マリンに映える、2トーンのパンダ顔クロノ

自動巻き、SSケース(43㎜)、アリゲーターストラップ。10気圧防水。83万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
自動巻き、SSケース(43㎜)、アリゲーターストラップ。10気圧防水。83万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
「ナビタイマー 8」コレクションの中で、フラッグシップモデル的な存在がご覧の「ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43」です。搭載するのはブライトリングが自社開発・製造したクロノグラフ・ムーブメント“Cal.01”。

すでに「クロノマット」や「ナビタイマー」などブライトリングのメインコレクションに搭載され、世界中の時計ファンから絶大な評価を得ている傑作ムーブメントです。シースルーバックからそのムーブメントの精緻な駆動を観察できるのもこのモデルの大きな魅力です。

● 週末のリラックススタイル 

くつろいだ時こそ、“ゴールドのクロノ”で余裕ある大人

時計228万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ニット3万6000円/セッテフィーリ カシミア(リングヂャケットマイスター 青山店)、カットソー1万7500円/ザノーネ、パンツ2万6000円/ヴィガーノ(以上グジ 東京店)、ブレスレット37万円、リング3万7000円/以上スーマン・ダックワ(S.O.S fp 恵比寿本店)、サングラス3万9000円/エルガー_アラオカガンキョウ(ブリンク ベース)、スカーフはスタイリスト私物
時計228万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ニット3万6000円/セッテフィーリ カシミア(リングヂャケットマイスター 青山店)、カットソー1万7500円/ザノーネ、パンツ2万6000円/ヴィガーノ(以上グジ 東京店)、ブレスレット37万円、リング3万7000円/以上スーマン・ダックワ(S.O.S fp 恵比寿本店)、サングラス3万9000円/エルガー_アラオカガンキョウ(ブリンク ベース)、スカーフはスタイリスト私物
モデルが着用しているのはコットン、シルク、レーヨンの3者混素材のサマーニット。空調の効いたホテルやラウンジで、あるいはリゾートの旅などにも、この手の上等なニットが一枚あると重宝することは皆さんご承知の通り。優しいベージュカラーも、年齢を経てシブ味を増した大人にぴったりだと思いません?

そしてこういう寛いだニットスタイルのときこそ、時計選びが重要。ラグジュアリーなスポーツウォッチでさりげなく格上感を醸すというのがモテる大人のやり口でしょう。そこでここではニットのベージュと馴染みがいいゴールドケースの「ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43」をチョイス。ブロンズカラーの文字盤やブラウンのクロコストラップと相まって、とてもエレガントなアクセントになっています。それでいて、クラシックな機能美デザインにより、男の力強さもしっかり主張できるのもこのモデルの美点です。

ちなみにべっ甲柄のサングラス、ゴールドの細ブレスやピンキーリングなど、その他アクセサリーの色味も時計にさりげなく揃えているのもポイント。リッチで色気ある大人を演出したいときには是非こんなコーディネートを真似してみてください。

NEXT PAGE4/ 4

大人の余裕にエレガントさを加味する、ゴールドのクロノグラフ

◆ ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43 

リッチかつエレガントさを演出する、ゴールドのクロノグラフ

自動巻き、18KRGケース(43㎜)。クロコストラップ。10気圧防水。228万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
自動巻き、18KRGケース(43㎜)。クロコストラップ。10気圧防水。228万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
自社製の“Cal.01”を搭載する「ナビタイマー8 B01 クロノグラフ 43」のゴールドケースバージョン。SSケースのシャープでソリッドな雰囲気とは一転、持ち前のクラシックなデザインが際立ち、とても格調高いクロノグラフに仕上がっています。ブロンズカラーとシルバーのインダイヤルとのコントラストも美しく、盤面をよりエレガントに見せているのもお見事。格上のクロノグラフをお探しの人には絶好の一本となるでしょう。

■ 時計は実物に触れるのが一番! 伊勢丹新宿店でブライトリングフェアを拡大展開!

伊勢丹新宿店にて7月11日(水)~7月17日(火)でブライトリングフェアを拡大開催致します。2018年発表の最新作「ナビタイマー 8」をはじめ、新作、限定モデルが勢揃いします。また、7月15日(日)14時からは 『クロノス日本版』編集長・広田雅将氏と、ブライトリング技術トレーナー・林繁氏のトークセッションも開催。「ナビタイマー 8」の魅力を様々な角度からお伝えするとともに、ブライトリングのこれまでの歩みと今後について語ります。
 

■ お問い合わせ

伊勢丹新宿店 本館4階=ジュエリー & ウォッチ/ブライトリング 03-3352-1111(大代表)
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事