• TOP
  • WATCHES
  • 私服でコーデ! ファッション業界人が注目する、あの本格時計とは?

2018.03.14

SPONSORED

私服でコーデ! ファッション業界人が注目する、あの本格時計とは?

ヴァシュロン・コンスタンタンは、時計界の頂点に立つメゾンのなかでも服飾業界人からの評価が極めて高いことで知られます。中でも“ラグジュアリースポーツ”の傑作と評される「オーヴァーシーズ」は、2016年に大幅リニューアルを断行して以降、ますますファッションとの親和性が増したと評判! それを実証すべく、LEON.JP編集長・前田陽一郎と人気スタイリスト・村上忠正氏が、私服でオーヴァーシーズをコーディネートします!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/福本和也(maettico) 動画/金田 亮 ヘア/勝間亮平(masculin) 文/吉田 巌(十万馬力)

LEON.JP編集長・前田陽一郎がつけこなす、「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」

◆ Coordinate 1

あえて王道スーツで行くというのも、大人の選択

スーツもタイも濃紺。そこに白シャツ&白チーフでキリリと端正にまとめた王道のコーデ。ブルー文字盤のオーヴァーシーズが装いに溶け込みつつ、しっかり存在感を発揮しています。ストイックでありながら男の色気が香るスタイリングです。
スーツもタイも濃紺。そこに白シャツ&白チーフでキリリと端正にまとめた王道のコーディネート。ブルー文字盤のオーヴァーシーズが装いに溶け込みつつ、しっかり存在感を発揮しています。ストイックでありながら男の色気が香るスタイリングです。
「オーヴァーシーズはリニューアル以降、一層デザインがシンブルに洗練されました。それでいて単なるスポーツウォッチとは明確に異なるエレガンスとオーラがしっかり感じられるのがいい。こういう時計に小細工は無用でしょう。スーツスタイルであれば潔く基本のネイビーでまとめたいですね」と語る前田陽一郎LEON.JP編集長。

その言葉通り、まずはネイビーのダブルスーツに、白シャツと濃紺タイを合わせる王道のコーデで現れてくれました。

「自分で言うのもなんですが、装いと時計がとてもシックに馴染んでいますよね。それでいてケースのリッチな煌めきや、大海原を思わせる文字盤の深いブルーにより、大人の余裕や洒脱さを感じさせることもできる」

ちなみにダブルスーツを選んだのは、オーヴァーシーズの名前が象徴するようにこの時計が海とゆかりの深いモデルだから、だとか。

「海軍の将校が着るネイビーブレザーやピーコートを意識してみたんです。こういうちょっとした遊びも、わかる人はわかってくれるんじゃないかと思いまして(笑)。いずれにしろSSケースのスポーツウォッチ、しかもトレンドのブルー文字盤を採用したもので、ここまでスーツに映えるものは稀。さすがヴァシュロンですね」
オーヴァーシーズは、簡単にストラップの交換ができる“インターチェンジャブル・システム”を採用。そしてその恩恵を享受できるよう、全モデルがあらかじめ複数本のストラップをセットしています。ここではネイビーのアリゲーターストラップを装着し、よりスーツとの相性を高めています。
オーヴァーシーズは、簡単にストラップの交換ができる“インターチェンジャブル・システム”を採用。そしてその恩恵を享受できるよう、全モデルがあらかじめ複数本のストラップをセットしています。ここではネイビーのアリゲーターストラップを装着し、よりスーツとの相性を高めています。

NEXT PAGE2/ 6

大人の週末マリンなスタイルにも絶好です

◆ Coordinate 2

大人の週末マリンスタイルにも絶好です

ボーダー柄のボートネックシャツに白デニム、そして白スニを素足ばきというシンプルかつクリーンなコーデ。ちょっとそこまでのお出かけに適した寛いだスタイリングですが、腕のオーヴァーシーズがリッチなアクセントになっており、余裕ある大人を演出しています。
ボーダー柄のボートネックシャツに白デニム、そして白スニを素足ばきというシンプルかつクリーンなコーディネート。ちょっとそこまでのお出かけに適した寛いだスタイリングですが、腕のオーヴァーシーズがリッチなアクセントになっており、余裕ある大人を演出しています。
週末などリラックスしたシーンを想定して、シンプルなマリンスタイルでオーヴァーシーズを着用。リングやブレスレットといったジュエリー類も一切つけず、とても肩の力が抜けたコーディネートです。

「休日に自宅近くをぷらぷら散歩し、馴染みのカフェでランチ……なんてシーンを想定してみました。どこも気張ったところはないのに、腕にオーヴァーシーズがあるだけで大人の風格や余裕を醸せているのではないでしょうか」

「たしかに、5大マニュファクチールの一角にして、世界最古の歴史を有する名門中の名門時計メゾンならではメリットですね。凝った着こなしをせずとも、その世界観に委ねるだけでちゃんと粋で洗練された雰囲気になる」

ちなみに先に紹介したスーツスタイルのときにはオーヴァーシーズにレザーストラップを装着していましたが、今コーデではあえてSSブレスレットをセレクト。

「マルタ十字を象ったこのブレスレットは質感が素晴らしい。これが光の角度でキラキラと煌めくことで格上のスポーツウォッチであることを明確に主張してくれます。こういうシンプルな装いのとき、とくにこのSSブレスは有効だと思いますよ」
このオーヴァーシーズにはよりスポーティなラバーストラップも同梱されていますが、今コーデでは前田編集長はあえてSSブレスレットを装着。ポリッシュとサテン仕上げの半マルタ十字リンクを連ねたストラップはそれ自体が高いアクセサリー効果を発揮するため、その他のジュエリーをつけなくとも腕がまったく寂しくないと語ります。
このオーヴァーシーズにはよりスポーティなラバーストラップも同梱されていますが、こちらのコーディネートでは前田編集長はあえてSSブレスレットを装着。ポリッシュとサテン仕上げの半マルタ十字リンクを連ねたストラップはそれ自体が高いアクセサリー効果を発揮するため、その他のジュエリーをつけなくとも腕がまったく寂しくないと語ります。

NEXT PAGE3/ 6

着用したのはこのモデル

着用したのはこのモデル!

281万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
281万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
前田編集長が着用したのは、新作の「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」。時分針と同軸に、12時間で一周するもう1本の針をセットしたことで、2つのタイムゾーンを同時に読み取れる便利なモデルです。たとえば旅先では先端に矢印を配した針を第2時間帯(ホームタイム)用として用い、9時位置のAM/PM表示でその昼夜も簡単に識別できます。

搭載するムーブメントは自社開発・製造のCal.5110DT。ジュネーブ・シール取得。自動巻き。SSケース(径41㎜)。SSブレスレットのほか、ブルーのアリゲーターレザーストラップとブルーのラバーストラップが付属。シースルーバック。約150m防水。

オーヴァーシーズに使いやすい小ぶりが登場

じつは2016年のリニューアル時からオーヴァーシーズは37㎜サイズを展開していましたが、そちらはダイヤセットの豪華仕様でした。しかし最近になってダイヤを外してより端正な見映えとしたモデルが登場(右)。

手首が細い方、あるいはより控えめな美しさのオーヴァーシーズをお探しの方におすすめです。9時位置のスモールセコンドもほんのりクラシックな趣を高めていい感じです。

右/「オーヴァーシーズ・スモールモデル」。自社製Cal.5300搭載。ジュネーブ・シール取得。自動巻き。SSケース(径37㎜)。SSブレスのほか、アリゲーターストラップとラバーストラップが付属。220万円。

左/こちらは新生「オーヴァーシーズ」の中で、最もベーシックな自動巻きの中3針モデルです。自社製Cal.5100搭載。ジュネーブ・シール取得。自動巻き。SSケース(径41㎜)。SSブレスのほか、アリゲーターストラップとラバーストラップが付属。232万円/ヴァシュロン・コンスタンタン

NEXT PAGE4/ 6

スタイリスト・村上忠正さんが着こなす、オーヴァーシーズ・ワールドタイム

スタイリスト・村上忠正さんが着こなす、「オーヴァーシーズ・ワールドタイム」

◆ Coordinate 1

大人のリゾートスタイルには、リッチ感の演出が最適です

ミリタリー調デザインの黒シルクジャケットをゆるりと羽織り、下半身は白ショーツで軽快に。足元のビットローファー、そして何より腕のオーヴァーシーズの効果でとても大人っぽく、セクシーなショーツ姿となっています。
ミリタリー調デザインの黒シルクジャケットをゆるりと羽織り、下半身は白ショーツで軽快に。足元のビットローファー、そして何より腕のオーヴァーシーズの効果でとても大人っぽく、セクシーなショーツ姿となっています。
村上忠正さんがコーディネートに挑戦するのは「オーヴァーシーズ・ワールドタイム」。旅をテーマとするオーヴァーシーズの象徴的な存在です。

「世界地図を抱いた美しい文字盤デザインも旅気分に誘ってくれていいですね。そんなわけでまずは、海外の高級ビーチリゾートに出掛けたときをイメージしてスタイリング」

こういうショーツ姿はともすると大人の男性にはユルくなりすぎる場合もあるのですが、そこはきちんとジャケットを着用して締めています。

「じつはジャケットもショーツもリッチ感を感じさせるシルク製。足元はビットローファーを合わせ、リッチな雰囲気をさりげなく漂わせてみました。こういうふうに合わせるアイテムの素材やディテールにこだわることで、オーヴァーシーズの独特のクラス感もより引き立ったんじゃないかなと」と村上さん。

またグレートーンの文字盤に合わせて、全身を黒×白でまとめたのもポイントとのこと。

「あえて色使いを控えたことで大人の渋さやクールさも醸せているような。女性を伴い、海に沈む夕日を眺めながらビーチサイドのバーでカクテルを愉しむ……なんてシーンに適したスタイルだと思いますが、いかがでしょう?」
軽快なショーツスタイルには、スポーティなラバーストラップがぴったりマッチすると村上さん。ちなみに時計と華奢なチェーンブレスを重ねづけするのは、いつもの村上さんのテク。こうすることで時計に視線を集中させる効果も高いと言います。

NEXT PAGE5/ 6

着流しのコートスタイルにも映えるのがこのモデル

◆ Coordinate 2

着流しのコートスタイルにも映えるのがこのモデル

「オーヴァーシーズ・ワールドタイム」は、ワールドタイムという実用的な複雑機構の搭載もさることながら、デザインが何より素晴らしいと語る村上さん。

「中央に世界地図を抱く文字盤は、外周に都市名ディスクと24時間リングを2連で配したことでとても奥行き豊か。それでいてオーヴァーシーズならではのスポーティさやモダンさもしっかり感じられます。だから旅時計としてはもちろん、粋な大人のデイリーウォッチとしても大活躍してくれるはずです」

その言葉通り、ご覧のコーデではコートを着流し的にゆるりと羽織ったスタイルに合わせ、大人の渋みを醸すアクセントとして活用しています。

「存在感があるため、こういうたっぷりしたシルエットのコートと合わせてもまったく埋没しないのがいいですね。ストラップが簡単に付け替えられるので、コーディネートとの完璧な調和を図れるのも嬉しいポイント」

「文字盤からは程よく華やぎも感じられますので、ドレッシーなアリゲーターストラップを付けた状態なら、ちょっとしたカジュアルパーティにも絶好の存在となってくれるんじゃないでしょうか。じつに使える時計だと思いますね」
実用的なワールドタイム機構が時計の装飾性を高めるポイントにもなっている今作は、ちょっと洒脱さが感じられるコーデに絶好です。

NEXT PAGE6/ 6

着用したのはこのモデル

着用したのはこのモデル!

429万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン)
429万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン)
村上さんが着用したのは「オーヴァーシーズ・ワールドタイム」。15分/30分の時差にも対応した37タイムゾーンの現在時刻を表示するほか、地図上を回る2トーンのサファイアグラスにより、各国の昼夜の状態も一目でわかります。すべての操作をリューズ1つで行えるユーザーフレンドリーな設計も、時計好きから傑作と評価される要因となっています。

搭載するムーブメントは自社開発・製造のCal.2460WT。ジュネーブ・シール取得。自動巻き。SSケース(径43.5㎜)。SSブレスレットのほか、ブラックのアリゲーターレザーストラップとブラックのラバーストラップが付属。シースルーバック。約150m防水。

時計1本にベルトが3本入り。しかも着脱は簡単!

オーヴァーシーズのブレスやストラップは、終端の凸部の裏側にある突起を下げることが簡単に交換できます。この画期的な“インターチェンジャブル・システム”のメリットを生かし、すべてのオーヴァーシーズに替えストラップが付属。

SSケースのモデルに至っては、SSブレス、アリゲーターストラップ、ラバーストラップの計3本が同梱しており、その日の装いに合わせた完璧なコーディネートが楽しめます。

動画で見る、簡単にできるベルトの着脱!

■ お問い合わせ

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
www.vacheron-constantin.com/jp

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事