• TOP
  • WATCHES
  • 「スポーツウォッチ」の定義って? あの名作で解説します

2021.04.09

「スポーツウォッチ」の定義って? あの名作で解説します

スーツスタイルに合う「ドレスウォッチ」は装身具として進化してきましたが、その対抗馬となるジャンルが「スポーツウォッチ」。とはいえ、ひと口にスポーツウォッチと言っても様々な種類があるから迷ってしまう……。でも、そのデザインやディテールに秘められた物語を理解すれば、時計選びがより楽しくなるはずです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリスト/小野塚雅之 文/篠田哲夫

デザインの意味を知ると、腕時計がより楽しくなる

実は、腕時計の始まりは女性から。それ以前には懐中時計がありましたが、アクセサリー感覚で時計を楽しみたいという貴婦人たちの熱意から生まれたのです。スーツに好相性な「ドレスウォッチ」は、この装身具としての流れを汲んでいます。

一方で、「ドレスウォッチ」の対抗馬となるジャンルが「スポーツウォッチ」。まさに“男の腕時計”と呼ぶに相応しいものですが、これはどこから生まれたのか? 

それは“現場”です。戦場やスポーツ競技場、あるいは飛行機のコクピットなど、男たちの現場で求められる道具や計器として、男の腕時計は発達してきました。その共通点は、「タフ」で「機能的」で「視認性が高い」こと。

現代の男性にとって腕時計は、時刻を知る以上に自分を表現するアクセサリーですから、スポーツウォッチを付けることで、趣味や活動的なライフスタイルを匂わせることもできるのです。

それでは、代表的なスポーツウォッチとその見ドコロをご紹介しましょう。
PAGE 2

◆ Type 01 パイロットウォッチ 

無骨なディテールはグローブで操作した名残

▲ 「クロノマットJSP」自動巻き、SSケース(44mm)×ブレスレット。500m防水。94万6000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)、ニット3万800円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、デニム4万2900円/トラマロッサ(三喜商事)
「空を自由に飛びたい!」は、誰もが一度は夢見ること。しかし、それを実現させるのは容易なことではないので、せめてそのロマンだけでも味わいたいなら、飛行士のための計器として生まれた時計、パイロットウォッチがオススメです。

そもそも、飛行機が生まれた20世紀初頭は正確な計器がなかったので、腕時計を使って燃料を計算したり、方向を計測したりしていました。

パイロットウォッチの特徴は、大きなリューズやボタンを備え、グローブを着用した状態でも操作しやすいこと。もちろん素手でも操作しやすいので、日常使いにも適しています。回転式ベゼルのあるモデルでは、マーカーを分針に合わせることで、経過時間を簡単に読み取ることができます。
このジャンルに強いのが「ブライトリング」。多くのパイロットに愛されてきた名門ですが、特に人気が高いのがクロノマット。そのルーツはイタリア空軍のアクロバット飛行チーム「フレッチェ・トリコローリ」のために1983年に作られた時計で、1984年に市販化されました。

こちらのクロノマットJSPは、2004年まで採用されていたライダータブというベゼルデザインを継承する日本限定モデル。ケースはガッチリとしていますが、ディテールまで丁寧に磨いており高級感を引き出し、クラシックなパイロットウォッチを巧みにモダナイズしています。
PAGE 3

◆ Type 02 ダイバーズウォッチ 

ダイバーを守る逆回転防止ベゼル 

▲ 「フィフティ ファゾムス オートマティック」自動巻き、チタンケース(45mm)×ブレスレット。30気圧防水。198万円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座)
1950年代にスキューバダイビングの技術が確立され、水中での活動範囲が広がったことがきっかけとなり、防水性に優れ、潜水時間を計測できる計器としてダイバーズウォッチが考案されました。

その原点が、「ブランパン」から1953年に発表されたフィフティ ファゾムスの最大の特徴は、大きくて操作しやすい逆回転防止ベゼル。逆回転しないために、万が一ベゼルが動いてしまったとしても潜水時間を少なめに表示することになり、タンク切れになる心配はありません。
現在のダイバーズウォッチには、ISO(国際標準化機構)やJIS(日本工業規格)によって定められた規格があります。そのうちの1つが、暗い場所でも25cmの距離から表示が読み取れること。

見やすく大きな針とインデックスに、夜光塗料を塗布することでそれをクリア。水中でも視認性を確保し、ダイバーの安全を守ります。

また、フィフティ ファゾムスのスタイルは現代へと受け継がれていますが、本モデルではダイヤルをブルーにするなど、華やかなアレンジを加えており、機能だけでなく“装う楽しさ”もしっかりと取り入れられています。
PAGE 4

◆ Type 03 ミリタリーウォッチ 

黒ダイヤルにもストーリーがある

▲ 「カーキ フィールド メカ」自動巻き、SS(ブラックPVD)ケース(38mm)、NATOストラップ。7万2600円/ハミルトン(スウォッチグループ ジャパン/ハミルトン)
メンズウォッチが大きく発展したきっかけは、第二次世界大戦でした。高度化する戦略に対応するために、兵士にミリタリーウォッチを供給したのですが、そのためにはコストが安いのに耐久性があって精度も高いという、時計として完璧な性能を持っていなければいけませんでした。

その要求レベルの高さが、腕時計を一気に進化させたのです。アメリカ生まれの「ハミルトン」は、アメリカ全軍に時計を供給していましたが、そのスタイルはカーキ フィールド メカとして今も受け継がれています。
いかなる状況でも視認性を高めるため、ミリタリーウォッチのダイヤルは黒が基本。光が反射しないように、マットな質感に仕上げるのがセオリーです。現在では黒ダイヤルのドレスウォッチもありますが、実用的なヒストリーをもつディテールなのです。

さらには時間を24時間で呼ぶミリタリータイムに合わせて、13〜24の表示も加えているのも、ミリタリーウォッチらしいディテール。しかも、このモデルはケースまでブラックPVD加工で精悍にまとめ、ムーブメントは80時間連続駆動のCal.H-50を搭載。かなり進化させています。
PAGE 5

◆ Type 04 ドライビングウォッチ 

タキメーターに宿るレーシングスピリット

▲ 「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02 スポーツクロノグラフ」自動巻き、SSケース(44mm)、アリゲーターストラップ。77万5500円/タグ・ホイヤー
飛行機同様、自動車の黎明期も時計が計器として活躍しました。また、富裕層が熱狂したモータースポーツでも、計時という形で時計会社が深く関係しており、20世紀中期から“時計×自動車”の組み合わせは、切り離せないほど濃密な関係になっていました。

その先鞭をつけたのが「タグ・ホイヤー」であり、ドライビングウォッチとして1963年に誕生したのがカレラでした。

カレラの特徴は、ドライビング中でも視認性を高める、端正で大きなダイヤルデザイン。ベゼルにタキメーターを配置していますが、これは1kmの通過タイムをクロノグラフで計時することで、対象物の速度を計測する目盛り。クロノグラフのスポーティ感を演出するポイントとなります。
その新作であるタグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02 スポーツクロノグラフは、大型のケースをポリッシュとサテンで丁寧に磨き分け、リューズとプッシュボタンは18Kローズゴールド製にして高級感を引き出しています。

また、ベゼルを硬いセラミック製にすることで、傷つきにくくし、さらに艶のある質感まで与えているのです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

三喜商事 03-3470-8232
スウォッチグループ ジャパン/ハミルトン 03-6254-7371
タグ・ホイヤー 03-5635-7054
ブライトリング・ジャパン 0120-105-707
ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL