• TOP
  • WATCHES
  • 挑戦する男に似合う、名作時計といえばゼニスのコレです

2020.12.23

挑戦する男に似合う、名作時計といえばゼニスのコレです

傑作ムーブメント「エル・プリメロ」の発明をはじめ、常に挑戦を続けることで機械式時計の歴史にその名を刻んできたゼニス。カッコいい大人にこそ相応しい、次代を見据えた先に生まれた名作時計をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/石井 良

挑戦を止めない攻めの姿勢を腕に

どの分野にもイノベーターが存在しますが、それが外からやってくることは稀。いつの時代だって、積み上げてきた歴史を守り、その中から起こる進化が革新となるのです。1865年に創業した「ゼニス」もそう。
 
ゼニスはマニュファクチュールとして様々な時計を、そしてムーブメントを作ってきたブランドであり、スイスの時計文化を継承する正統派。ですが、ただ伝統を守るだけではなく、近年では“1675年に発明されたヒゲゼンマイ以来の大発明”とまで言われるオシレーター(発振器)を生み出すなど躍進しています。
 
そんな近年のゼニスを象徴するモデルが「デファイ エル・プリメロ21」。1960年にデビューした“挑戦”を意味する「DEFY(デファイ)」の後継として2017年に登場しました。1/100秒単位の計測を可能にする新型ムーブメントを搭載した、その名に違わぬ挑戦的なモデル。

その攻めの姿勢が、いつまでも向上心を忘れない大人に刺さるんですね。やっぱりいつの時代も、そして年齢を問わず、何かに挑戦し続ける男はカッコいい(=モテる)わけで、そんな男にこそゼニスがふさわしいんじゃないかと思う次第。
PAGE 2

◆デファイ エル・プリメロ 21 ブルー 

従来から10倍の振動数を誇る名機を搭載

▲ 「デファイ エル・プリメロ 21 ブルー」ケース径44mm、チタンケース、レザーxラバートラップ、10気圧防水、自動巻き。132万円/ゼニス
世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントとして1969年に登場し、その後熟成を重ねてきた「エル・プリメロ」。本作には2017年に登場した、1/100秒の精度を誇る36万振動/時のハイビートクロノグラフ「エル・プリメロ 9004」を搭載。フルオープンの文字盤やグレード5チタンを使ったケースなど、意匠や素材選びにもトレンド感が感じられます。
クロノグラフ用と時刻用のムーブメント機構は別体になっており、時刻用は歴代と同じ3万6000振動/時で駆動します。ローターはサーキュラーサテンをモチーフとしており、正面と同様のメカメカしさ堪能できます。
PAGE 3

◆デファイ エル・プリメロ 21 ウルトラヴァイオレット 

刺激的で妖艶な新色の登場です

▲ 「デファイ エル・プリメロ 21 ウルトラヴァイオレット」ケース径44mm、チタンケース、コーデュラエフェクトストラップ、10気圧防水、自動巻き。142万円/ゼニス
2020年の新作として登場したのは、鮮烈なヴァイオレットカラーを纏った一本。オープンワークのダイヤルのインパクトを凌ぐ存在感を放ちます。ともすれば子供っぽくも見えてしまう色ですが、ケースの色をグレーとすることでモダンかつリッチな香りが漂い、現代的なラグジュアリー時計としての魅力を湛えているんですね。

◆クロノマスター エル・プリメロ オープン 

オリジナルカラーを受け継ぐ王道モデル

▲ 「クロノマスター エル・プリメロ オープン」ケース径42m、SSケース、レザーストラップ、10気圧防水、自動巻き。94万円/ゼニス
ゼニスといえば、このクロノマスターを思い浮かべる方も多いでしょう。エル・プリメロはなんと言ってもゼニスの技術力を世界に示した伝説的な存在のムーブメントであり、それを搭載したクロノマスターは、ゼニスのアイコン的な存在です。本作は、初代エル・プリメロと同じ色のダイヤルを採用した人気モデル。ゼニスらしいオープンワークが堪能できます。
2003年に登場して以来、フラッグシップのひとつとして君臨する本作。ムーブメントは282の部品からなるエル・プリメロ4061。こちらも3万6000振動/時、50時間以上のパワーリザーブを誇ります。

◆クロノマスター リバイバル “シャドウ” 

幻のプロトタイプをリファイン

▲ 「クロノマスター リバイバル “シャドウ”」 ケース径37mm、チタンケース、コーデュラ・エフェクトストラップ、5気圧防水、自動巻き。88万円/ゼニス
1970年に僅か数本だけ作られ、マニュファクチュールの屋根裏に眠っていたというプロトタイプを元に開発。ケースは忠実に再現した37mm径ですが、当時はブラックコーティングを施したステンレススチール素材だったのに対し、本作ではマイクロブラスト仕上げのチタンを採用。レトロな雰囲気を湛えたクールな見た目がなんとも玄人好みなんです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ゼニス 03-3575-5861

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        挑戦する男に似合う、名作時計といえばゼニスのコレです | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト