• TOP
  • WATCHES
  • おしゃれな大人が 「小ぶり時計」に注目する理由

2021.01.04

おしゃれな大人が 「小ぶり時計」に注目する理由

やっぱり気になるトレンドの「小ぶり時計」。でも、ルックス的に少々インパクト不足……? そんな悩みを解消するとっておきのこなし技を披露。どこか上品でありながら時計もしっかりアピールできるテクニックなのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/高塩崇宏 文/長谷川 剛(TABLEROCK) 

小ぶり時計で、さりげなく上品さを醸します

▲ コート29万5000円/ムーレー(コロネット)、ニットはスタイリスト私物
現在メンズウォッチにおいては、ケース径40mmオーバーが一般的ですが、腕時計黎明期はメンズ向けも30mm台が当たり前でした。だから、「小ぶり時計」はクラシックで品の良い印象を与えてくれるのですね。

近年はレトロデザインへの注目も相まって小ぶり時計が復権しつつありますが、ファッションの一部として考えると、これまでシーンを席巻してきた大ぶりな時計に比べ、ややインパクトに欠ける? な〜んて二の足を踏んでいる方に、一計を。付け方を少々アレンジし、新たな洒落感を演出するスタイルに挑戦いただきたいのです。

それが、セーター袖口の上に時計を巻くというこなし技。欧州の洒落者たちが実践する装い方ですが、袖口に隠れてしまいがちな小ぶり時計を目立たせつつ、シックでちょいキュートな腕元が演出できるというわけ。

しかも、小ぶり時計は時計自体が上品だから、コンサバなスタイルのアクセントに最適。このテクで、いつものスタイルをさりげなく格上げしてくださいませ。ドレスからスポーティまで、テイスト別の小ぶりモデルをセレクトしました。
PAGE 2

◆ ゼニス 『クロノマスター リバイバル エル・プリメロA384』 

伝説の1696年モデルを完全復刻

▲「クロノマスター リバイバル エル・プリメロA384」自動巻き、SSケース(37mm)×ブレスレット。88万円/ゼニス(ゼニス ブティック銀座)
ゼニスのクロノグラフといえば、10振動の高精度ムーブメント「エル・プリメロ」が永遠のレジェンド。1969年に誕生した、世界初の自動巻きクロノグラフのひとつである「A384」を復刻させたリバイバルウォッチが今季リリースされ、大きな話題となりました。

ケースや文字盤のみならず、ゲイ・フレアー製(名門の時計ブランドにブレスレットを供給していたメーカー)のブレスレットまで復元しており、マニア泣かせと言える渾身の一本。

さらに当時の雰囲気がプンプン漂うのは、径37mmというサイズまで復刻させているから。レトロな直線デザインの小ぶりクロノグラフは、身に着けるだけで一気に時計通な腕元になる特別な逸品です。
PAGE 3

◆ ブライトリング 『クロノマット オートマチック 36』

次世代要素に溢れた魅力的な36mm

▲ 「クロノマット オートマチック 36」自動巻き、SSケース(36mm)×ブレスレット。100m防水。52万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
パイロットのためのクロノグラフとして生まれたブライトリングの「クロノマット」。2020年は、1984年の初代モデルのディテールを盛り込んだ新たな「クロノマット」を発表しましたが、さらにブランド初となるレディース・バージョンまでラインナップが拡充されました。

活動的な現代女性に向けた「クロノマット オートマチック 36」は、「クロノマット」のもつタフなディテールをソフィスティケートしたコンパクトな1本。とはいえ、36㎜径は男子の腕にとっても適切なサイズ感であり、ユニセックスでも楽しめる仕上がりとも言えるでしょう。

内蔵する機械もCOSC認定の高精度ムーブメントを搭載するなど、多いに注目すべき次世代感に溢れるスポーツウォッチです。
PAGE 4

◆ カルティエ 『タンク アシメトリック』

タイムレスな定番モデルにヒネリを加えた良作

▲ 「タンク アシメトリック」手巻き、18KPGケース(47.15×26.2mm)、アリゲーターストラップ。世界限定100本。 279万6000円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター) ©Cartier 
カルティエを代表する時計として世界的に著名な「タンク」。そのバリエーションとして1936年に登場したあのアシメトリックが、今季“カルティエ プリヴェ”コレクションからリバイバルしました。

文字盤の数字を右に30°ずらしたデザインは、クラシカルにしてアバンギャルド。でありながら時刻の読み取りが容易という実用性も兼ねているところがポイントです。ケース径も小ぶりな47.15×26.2mmで、クラシックなスタイルに品良くマッチするエレガントを極めた一本。

真面目な装いをセンス良く崩すのは、ファッショニスタでも難しいもの。しかし、こんな時計があれば誰でも洒脱な時計スタイルを簡単に作れちゃうのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
コロネット(ムーレー) 03-5216-6521
ゼニス 03-3575-5861
ブライトリング・ジャパン 0120-105-707

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL