• TOP
  • WATCHES
  • 一生モノの時計は存在する? プロが教える3つの見分け方

2020.07.02

一生モノの時計は存在する? プロが教える3つの見分け方

デザインを気に入って買ったものの、なぜかつけなくなってしまった時計、ありません? それは、とあるポイントを見逃していたのかもしれません。長く付き合っていける腕時計選びのコツを『クロノス日本版』編集長・広田雅将さんが伝授します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/広田雅将(『クロノス日本版』編集長)

毎日選びたくなる腕時計のチェックポイントは3つ

ファッションアイテムとして欠かせない腕時計。しかし、そのあり方は、服というよりも靴に近そうです。靴は見た目が気に入っても、履き心地が悪ければ、いずれクローゼットに仕舞われたままになるでしょう。時計の場合はさらに、どれだけ使っても、腕に馴染んではくれないのです。

では、時計と長く付き合うには、どんなポイントを見ればいいのか。人によって条件は様々でしょうが、大きくは以下の3つです。

1.視認性が良いこと

時間の見やすさは、思った以上に重要です。せっかく買った時計が、老眼になってみられない、というのはもったいない! 具体的には、長い針とコントラストの効いた文字盤を備えていること。文字盤のコントラストは、色だけでなく、立体的なインデックスによっても高まります。

2.ケースが薄いこと

必ずしも厚さは関係ありませんが、装着感を求めるなら、薄い時計を選ぶこと。シャツの袖口にも引っかかりにくいため、スーツに合わせても問題ありません。

3.全長が腕から飛び出さないこと

着け心地に時計の大きさは関係ありません。重要なのは、直径よりもラグ(腕時計のケース本体とストラップ/ブレスレットを固定する部分)を含めた全長です。大きな時計であっても、ラグが腕から飛び出さなければ、快適な装着感が得られるでしょう。
PAGE 2

◆ グランドセイコー

無駄なく洗練された文字盤は、ずーっと飽きない

「SBGW231」手巻き、SSケース(37.3mm)、クロコダイルストラップ。45万円/グランドセイコー(セイコーウオッチお客様相談室)
時間の見やすさで高い評価を受けるグランドセイコー。針とインデックスを太くし、さらに立体的に成形しているため、暗所でも時間が読み取りやすいのです。

なかでも、もっとも視認性に優れているのが、エレガンスコレクションのSBGW231。文字盤にあるのはGSとGrand Seikoのロゴのみ。さらに、文字盤と針の間隔を詰め、針の先を文字盤に沿うように曲げているため、視認性はいっそう高いのです。

しばしば時計マニア御用達といわれる本作ですが、支持されるのにはそれなりの理由があるわけです。また、ケースが薄いため腕馴染みにも優れています。
PAGE 3

◆ ウブロ

シックなワントーンでも、立体感・視認性◎!

「クラシック・フュージョン」自動巻き、TIケース(42 mm)、アリゲーター×ラバーストラップ、5気圧防水。77万円/ウブロ
マッシブなデザインで支持を集めるウブロ。しかし、ドレスウォッチ並の薄さを誇るモデルもあります。シンプルなクラシック・フュージョンは、飽きのこないデザインと、軽快な装着感を両立したモデル。

見た目は立体的なのに、腕に吸い付くような印象を与えるのは、薄い自動巻きを選び、ケースを可能な限り薄くしたため。加えて本作は、ケースを軽いチタンで作ることにより、腕馴染みをさらに改善しています。

硬いチタン素材は、磨いてもステンレスのようにならないと言われていますが、このケースは工夫を凝らすことで、ユニークさと装着感、そして高級感を満たした快作です。
PAGE 4

◆ パネライ 

ミリタリー顔なのに、ドレスな付け心地に驚き

「ルミノール ドュエ」自動巻き、TIケース(42mm)、アリゲーターストラップ。80万円/パネライ(オフィチーネ パネライ)
大きなケースで知られるようになったパネライ。しかし、意外なことに装着感は良いのです。その秘密は、短く切った4本のラグ。ベルトを固定するラグは、長ければドレッシーに、短ければスポーティーに見えます。

ミリタリーウォッチが出自のパネライは、ケースを引っかけないよう、短いラグという特徴を持っていました。そのため、直径42mmのケースであっても、全長は直径40mmの時計よりも短いのです。

そんな特徴を強く打ち出したのが、薄型のルミノール ドュエ。薄いケースと短いラグのおかげで、見た目以上に、着け心地は快適です。装着感を決めるのは、時計の直径にあらず。むしろ見るべきは、全長なのです。

──衝動買いも時計選びの醍醐味。とはいえ、1本安心できる時計を持っておけば、安心して脱線もできるでしょう。カタチあっての型破り。面白い時計を買う前に、ルールを頭に入れておけば、大きく失敗することはないはずです。見やすさ、薄さ、そして全長をチェックして、どうぞ楽しい時計選びを!
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ウブロ 03-5635-7055
オフィチーネ パネライ 0120-18-7110
セイコーウオッチお客様相談室 0120-061-012

● 広田雅将(ひろた・まさゆき)

1974年生まれ、大阪出身。時計専門誌『クロノス日本版』編集長。サラリーマンを経て2004年からフリーのジャーナリストとして活躍し、2016年より現職。関連誌含め連載を多数抱える。また、一般・時計メーカー・販売店向けなど、幅広い層に対して講演も行う。
高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        一生モノの時計は存在する? プロが教える3つの見分け方 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト