• TOP
  • WATCHES
  • 【新作】 デキる男の腕元に合う“究極のラグスポ時計”とは!?

2022.06.23

SPONSORED

◼️ 「ブレゲ」の『マリーン オーラ・ムンディ 5557』

【新作】 デキる男の腕元に合う“究極のラグスポ時計”とは!?

仕事のできる男は、旅行や出張でもオンとオフとの切り替えが上手なもの。切り替え上手は、モテるオヤジの鉄則。で、そんな切り替え上手なモテるオヤジさんにオススメの時計が登場。それが「ブレゲ」の『マリーン オーラ・ムンディ 5557』なのです。

CREDIT :

写真/人物・HIRO KIMURA(W)、静物・星 武志(estrellas) スタイリング/高塩崇宏 ヘアメイク/向後信行(JANEiRO) 文/福田 豊

そろそろ渡航ができるようになり、久々に海外出張や南の島でバカンス。そういうオヤジさんも増えてきたのでは? そんな海外旅行に最高の新作時計がブレゲから登場。それが「マリーン オーラ・ムンディ 5557」です。

『マリーン オーラ・ムンディ 5557』3つの特徴

▲ ブレゲならではのスポーティ&エレガンス
ブレゲの創始者のアブラアン-ルイ・ブレゲは「時計の歴史を2世紀早めた」と称される天才時計師。その偉業のひとつが、超複雑機構のトゥールビヨンを考案したこと。そしてもうひとつの大きな功績が「王国海軍時計師」の称号を授けられ、フランス海軍に高精度のマリンクロノメーターを納品したこと。「マリーン」はその偉大な歴史を継承したコレクション。よって比類のないエレガンスとスポーティさを備えもつのです。『マリーン オーラ・ムンディ 5557』 自動巻き、18KRGケース(43.9㎜)、レザーストラップ。10気圧防水。892万1000円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座)
PAGE 2

【1】 機械式時計で世界初の革新的機構

12時位置の窓に日付を表示。日付の数字が24時間かけて左から右へ移動、レトログラード式の半円が数字を囲んで一緒に移動することでその日をわかりやすくしている。そして日付とデイ/ナイト表示(4時位置)と都市名が連動するのが機械式時計で世界初の革新的機構。また、日付をリュウズの操作で戻せるのも画期的な長所。

【2】 素晴らしい立体感が堪能できるダイヤル

世界地図を模した立体構造のダイヤルが大きな特徴。最下段は、海のウェーブ模様をギヨシェ彫りしたゴールド製のプレート。その上に、裏面に大陸を、表面に緯度と経度を、それぞれ描いたサファイアクリスタル。さらに上に、ミニッツトラックを記したチャプターリング。それら3つが重なり素晴らしい立体感を感じさせるのです。

【3】 世界24の都市の時刻を瞬時に切り替え可能

6時位置の小窓に世界24の主要都市の名前を表記。任意に選んだふたつの都市の時刻を瞬時に切り替えて表示できる、というのがこのモデルの革新的なところ。都市名の選択は、8時位置のリュウズを回して操作。ふたつの時間帯の切り替えは、8時位置のリュウズがプッシュボタンを兼ねていて、それを押すことで行います。
PAGE 3
「オーラ・ムンディ」とはラテン語で「世界の時間」の意味。いわゆる世界時計で、ふたつの時間帯を瞬時に切り替えられる、インスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムが特徴です。同システムは、開発に3年、4件の特許を取得した、革新的機構。

まず、8時位置のリュウズを回して6時位置の窓の都市名を選択、3時位置のリュウズで時刻を合わせる。次に、ふたつ目の都市名を選択すると、自動的にその都市の時刻が表示される。このふたつの都市の時刻が、8時位置のリュウズを押すたびに切り替わる、というもの。

それを「クラシック」コレクションに搭載した、2011年発表の「クラシック オーラ・ムンディ 5717」が第1作。2016年発表の「クラシック オーラ・ムンディ 5727」が第2作。第3作の「マリーン オーラ・ムンディ 5557」は、その名のとおりに「マリーン」コレクションに搭載したのがポイント。そのため、よりスポーティに付けこなせる。また3層構造のダイヤルも独特の魅力を醸し出しています。
PAGE 4
ということで、「マリーン オーラ・ムンディ 5557」を腕に付けて海外に行けば、旅の時間がよりいっそう充実しますよ。

ハイコンプリでもラグスポなら、どんなシーンにも映える

エレガントでスポーティな「マリーン オーラ・ムンディ 5557」は、幅広い付けこなしが可能。オンとオフも自由自在に切り替えて楽しむことができるのです。

◼️ SCENE 【1】 Casual STYLE

バカンスでもカジュアルにしすぎません

▲ リゾート気分を上げるのに欠かせない派手柄
小僧が着るとたちまち子供っぽく見えてしまう柄シャツは、オヤジの専売特許。この時計と合わせれば、より内面の艶色を引き出します。時計は下と同じ。シャツ3万6300円/バルバ(ストラスブルゴ カスタマーセンター)、Tシャツ4万1800円/ムーレー(コロネット)、パンツ3万8500円/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)
PAGE 5
▲ 『マリーン オーラ・ムンディ 5557』 自動巻き、18KRGケース(43.9㎜)、レザーストラップ。10気圧防水。892万1000円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座)
南の島のリゾートなどのバカンスのシーンでも、ブレゲならではのラグジュアリー感とエレガンスがカジュアルにしすぎません。ここでは、ローズゴールドケースとレザーストラップで、よりシックにしているところもポイント。

ラバーストラップのモデルも!

『マリーン オーラ・ムンディ 5557』 自動巻き、18KRGケース(43.9㎜)、ラバーストラップ。10気圧防水。892万1000円円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座)

PAGE 6

◼️ SCENE 【2】 Business STYLE

腕元がラグジュアリーに際立ちます

▲ ネクタイと腕元をリンクさせる上級小技
スーツは小技で差をつけるのが定石。時計の世界地図とネクタイ柄をリンクさせた上級遊び技が光ります。時計は下と同じ。スーツ19万8000円/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ7万3700円/カナーリ、タイ1万8700円/ブリューワー(ともにコロネット)、メガネ4万9500円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、チーフはスタイリスト私物
▲ 『マリーン オーラ・ムンディ 5557』 自動巻き、18KWGケース(43.9㎜)、ラバーストラップ。10気圧防水。892万1000円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座)
出張でのプレゼンやミーティング。そんなビジネスシーンでは、正統のスーツで。腕元はリッチにラグジュアリーに際立たせるのが上級技。ホワイトゴールドケースとラバーストラップで、スポーティにしているのも◎。
PAGE 7

レザーストラップのモデルも!

『マリーン オーラ・ムンディ 5557』 自動巻き、18KWGケース(43.9㎜)、ラバーストラップ。10気圧防水。892万1000円円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座)

2022年8月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

◼️ お問い合わせ

ブレゲ ブティック銀座

TEL/03-6254-7211

詳細はコチラ!

協力
アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
コロネット 03-5216-6521
ストラスブルゴ カスタマーセンター 0120-383-563
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
PAGE 8

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【新作】 デキる男の腕元に合う“究極のラグスポ時計”とは!? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト