• TOP
  • WATCHES
  • 機械式時計の歴史を変えた「ゼニス」の革新的な時計って?

2019.09.30

SPONSORED


機械式時計の歴史を変えた「ゼニス」の革新的な時計って?

時計業界を牽引し続ける「ゼニス」が、革新的な技術"ゼニスオシレーター"コントロールシステムを開発。その最新テクノロジーを搭載した『デファイ インベンター』は、ルックスにおいても異彩を放つ出来栄えです!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・渡辺修身、静物・奥山栄一 スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/KOTARO(SENSE OF HUMOUR) 文/篠田哲生

「天頂」を意味する英単語「ZENITH」をブランド名とする「ゼニス」が、革命的な時計技術"ゼニスオシレーター"コントロールシステムを開発。この機構を収めた『デファイ インベンター』は、まさに時計の未来を切り開くもの。歴史的な快挙を成し遂げた時計には、知的好奇心を刺激する魅力があります。

ビジュアルも含めて未来の時計を表現

グラフィカルにデザインされたシースルーダイヤルの下に、“ゼニスオシレーター”コントロールシステムを搭載。そのパーツが高速振動する様子こそが、機械式時計の未来の姿なのです。なお印象的なルックスのベゼルは、アエロナイトという特殊な素材を使っています。
「デファイ インベンター」自動巻き、Tiケース(44㎜)、アリゲーター×ラバーストラップ。204万円/ゼニス
機械式ムーブメントの構造は、ローターなどで巻き上げたゼンマイがほどける力で歯車を回転させる一方で、脱進機とテンプ、そしてヒゲゼンマイの動きによって、その回転速度をコントロールする。この技術は、1675年に天才学者クリスチャン・ホイヘンスが考案したものであり、そののちの時計師たちが改良を重ねて現在の姿になりました。細かな進化はあったものの、ベースとなる考え方は3‌00年以上変わっておらず、それを一気にブレイクスルーしたのがゼニスです。
“ゼニスオシレーター”コントロールシステムは、「脱進機とテンプ、ヒゲゼンマイ」という心臓部を、一枚のシリコンプレート製オシレーター(振動子)に集約したもの。複雑なパーツの集合体だった脱進機周りを単純化することで、故障や磁気にも強くなり、メインテナンス性も向上。つまり時計の性能を一気に高めたのです。 このメカニズムを搭載した「デファイ インベンター」は、その前衛的な個性に合わせて、デザインでもインパクトを追求。そのおかげで、誰に対しても“特別な時計”を付けているとアピールできるでしょう。ゼニスはいつまでも、天頂を極めるための進化を止めない。そこにオヤジは惚れ込むのです。

時計を遊びスーツを遊ぶ

ダイヤルやストラップにブルーを取り入れているので、ネイビーやグレー、柄物など、どんなスーツとも相性が良く、進化を恐れないオヤジのドレススタイルに最適です。
時計「デファイ インベンター」自動巻き、Tiケース(44㎜)、アリゲーター×ラバーストラップ。204万円/ゼニス、スーツ16万9000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、タイ1万4000円/ドレイクス(ビームス 六本木ヒルズ)、そのほかはスタイリスト私物
PAGE 2

これが時計史に名を刻む
"オシレーター"

半導体製造などに用いられる技術を応用して製作される「オシレーター」は複雑な形状をしたシリコン製のプレート。このパーツが超高速振動することでゼンマイがほどける力を均等に開放し、時計の針を正確に動かすのです。
◆ Point 【01】 外周部分がテンワの役目
従来の時計はテンワというリング型のパーツが振動して正確な時間を作り出しますがオシレーターではこのリング状になった外周部分が従来のテンワの役割を果たします。

◆ Point 【02】 小さな爪が精度を生み出す
小さな爪が付いたこの部分が「アンクル」の役目を果たします。同じくシリコンで作られた「ガンギ車」と組み合うことで歯車の回転速度を調整しているのです。

◆ Point 【03】 髪の毛よりも細い部分がヒゲゼンマイ
ヒゲゼンマイというのはテンワを振動させるために必要なパーツのこと。オシレーターでは、この極細な部分がその役割を果たします。

◆ Point 【04】 オシレーターの素材はシリコン
従来の脱進機やテンプが担ってきた役割をこの一枚のプレートですべて行います。複雑な形をしたオシレーターは厚みがたった0・5㎜のとても繊細なパーツなのです。

個性的な時計はカジュアルにも効く

「デファイ」コレクションのスポーティ感や「デファイ インベンター」のハイテク感は、カジュアルとも好相性。艶やかな見た目で腕もとに個性を演出します。
時計「デファイ インベンター」自動巻き、Tiケース(44㎜)、アリゲーター×ラバーストラップ。204万円/ゼニス、ブルゾン11万円/ヴァルスター(八木通商)、カットソー1万5000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツはスタイリスト私物
PAGE 3

中身だけじゃなく
見た目でも魅せるのが「ゼニス」です

時計業界の最先端を突き進むゼニスの先進性は、1/100秒を計測する驚異のクロノグラフ「デファイ エル・プリメロ21」でも堪能できます。しかもスケルトンムーブメントによる、圧巻のビジュアルも楽しめるんです。
写真右●「デファイ エル・プリメロ 21 カーボン」自動巻き、カーボンケース(44㎜)、ラバーストラップ。203万円/ゼニス。写真左●「デファイ エル・プリメロ 21 Boutique Limited」自動巻き、セラミックケース(44㎜)、アリゲーター×ラバーストラップとキャンバスストラップが付属、ブティック限定。145万円/ゼニス

[写真左]

ブルーの差し色が効いているブティック限定モデル

ストラップのステッチやムーブメントのパーツにブルーを効果的に配した限定モデル。差し色効果で男らしくも華やかな印象に。直営ブティックでしか購入できないレアモデルゆえ、この機会にぜひブティックへ。

[写真右]

先進技術で生み出した特殊なケースに注目

軽くて頑強な特殊素材カーボンを、溶解して型に入れて製作したカーボンケースは、デファイの特徴であるフラットに、荒々しいカーボンの質感が現れ、精悍なルックスに。リュウズやプッシュボタンも同素材で作られており、どこから見ても迫力満点。とにかくスポーティです。
PAGE 4

ブルーを使って腕元を華やかに

ムーブメントのパーツだけでなく、ストラップのステッチにもブルーを効果的に使っている「デファイ エル・プリメロ 21」は、スポーティなチルデンニットとも好相性。トラッドなコーディネートにハイテク感をプラスしてくれます。
時計「デファイ エル・プリメロ 21 Boutique Limited」自動巻き、セラミックケース(44㎜)、アリゲーター×ラバーストラップとキャンバスストラップが付属、ブティック限定。145万円/ゼニス、ニット2万8000円/マクローレン、Tシャツ1万2000円/トンシュア(トヨダトレーディング プレスルーム)

モノトーンでまとめて時計の迫力を引き立てる

ケースもムーブメントも黒でまとめたモデルは、白パーカでシンプルにまとめるのが正解。カジュアルな装いに、いまどきなリッチ感が漂います。
時計「デファイ エル・プリメロ 21 カーボン」自動巻き、カーボンケース(44㎜)、ラバーストラップ。203万円/ゼニス、パーカ2万円/ジュンハシモト(ジュンハシモト 表参道ヒルズ)、シャツ2万3000円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、サングラス3万5000円/イエローズ プラス(デコラ)
2019年11月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ゼニス 03-3575-5861
URL/https://www.zenith-watches.com/jp_jp/

ジュンハシモト 表参道ヒルズ 03-5414-1400
デコラ 03-3211-3201
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
ビームス 六本木ヒルズ(ドレスフロア) 03-5775-1623
マクローレン 050-5218-3859
八木通商(ヴァルスター) 03-6809-2183

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL