• TOP
  • WATCHES
  • 【実践】悩んだら、この腕時計を彼女に贈るのが正解!

2019.11.21

【実践】悩んだら、この腕時計を彼女に贈るのが正解!

女性へのプレゼントといえば、やはりジュエリー? いえいえ、いま腕時計が気になっている女性が増えているのだとか。そのワケと女性の心に刺さるモデルをご紹介いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

イラスト/林田秀一 文/野上亜紀

なぜいま、腕時計が女性に喜ばれるのか?

男性にとって、女性に贈り物をするときに何がいいだろう……と悩んでしまうのは世の常ですが、昨今女性たちのウィッシュリストに“腕時計”というアイテムがランクインしているようです。そして、その一方で現在、レディースウォッチは実にバラエティ豊かになっています。

女性にとっての腕時計のニーズを踏まえた上で、女ゴコロに刺さるチョイスができたならば、あなたの株もきっと上がるハズですよ。
PAGE 2

近年変わってきた、女性の時計への意識

女性へのプレゼントといえばジュエリーというイメージがありましたが、現在ではブライダルでも指輪の代わりに時計を選ぶ、というシチュエーションも多くなりました。エンゲージリングならぬエンゲージウォッチというわけです。

その背景には、多くの女性が働くようになったことが挙げられるでしょうし、女性もまたビジネスシーンで使える時計を探しているのでしょう。男性用腕時計で有名な某ブランドでは、男女供給比率がほぼ50パーセントになってきたという話もあるほど、レディースウォッチのニーズは高まりつつあります。

さらに、変わってきているのは市場だけではありません。近年はメーカー側もレディースウォッチに注力するようになり、例えば、男女同じコレクションでも、単にサイズダウンするだけでなく女性向けのジュエリーライクなデザインが増えています。

そんな多様化しつつあるレディースウォッチですが、ギフト選びにおいて押さえておきたいトレンドは以下の4点でしょう。

1. 本格派の女性に、ムーンフェイズなどの機械式時計

近年は、男性と同じコレクションという選び方から一歩進み、より女性を意識したメカニカルモデルが豊富に登場しています。例えば、その証となったのがムーンフェイズモデル。月齢表示の月や星を描いたロマンティックな姿は、女性の心にも響き、一躍流行を果たすこととなりました。

そうした“女性のための機械式時計”という作り手のアピールが、これまで根強くあった女性たちの「機械式時計は苦手」という意識を拭い去ったのかもしれません。

2. タイプ別に選べる。豊富なサイズバリエーション

まず、レディースウォッチのキーワードとなるのは、「ケース径30mm」。この大きさを超えるかどうかが、レディースウオッチのセレクトにおいては重要な判断基準とされてきました。30mm以下のなかでも、殊に20mm以下のミニモデルは、ワンピースなどのフェミニンな服装を好む女性たちには王道のサイズ感。ジュエリーのように着けられる大きさとして、人気が衰えることはありません。

その一方、近年人気が高まっているのは、マニッシュなデザインのビッグウォッチ。40mm近い時計は、男性でも少し大きく感じる人がいるかもしれませんが、腕元で個性をアピールできるアイテムとして取り入れられているようです。クールなパンツスタイルの女性にオススメです。

3. ファッションの愉しみを倍増させるチェンジャブルストラップ

さらにここ数年、男女ともに盛り上がりを見せているのが、自由にストラップを付け替えることのできるチェンジャブルストラップ。ストラップの色は、女性の時計選びにとって欠かせない条件ともいえるもの。それゆえ、ファッションの幅を広げてくれるこの仕様のニーズが高まっているのもうなずけます。

4. 宝石のように輝くマザーオブパール文字盤

まるで真珠のような艶めきを見せるマザーオブパール文字盤は、レディースウォッチの分野ですっかり定番の意匠となりました。

ここ数年で生産量は10倍近くとなり、天然の白蝶貝の入手が難しくなったともいわれるほどの莫大的な人気に。ほのかな輝きでビジネスシーンでも邪魔にならず、程よくラグジュアリー感を醸し出されます。
PAGE 3

では実際に、どんな時計を選ぶべき?

● 女性のための機械式時計なら

「ブランパン」ヴィルレ デイト ムーンフェイズ

「ヴィルレ デイト ムーンフェイズ」自動巻き、SSケース(29.2mm)、アリゲーターストラップ。163万円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座)
月の満ち欠けを表示するロマンティックな表情が、女性たちからも人気の高いムーンフェイズ。通常は男性的な月のモチーフが多いなか、この「ブランパン」のポインターデイト搭載のモデルには、18世紀にヨーロッパの宮廷で流行した"つけぼくろ"をつけた女性の顔が描かれています。

タブを押すだけで簡単に付け替えができるストラップ仕様で、全部で5種類のバリエーションが付属しているのも嬉しいところ。

● フェミニンなミニウォッチなら

「シャネル」プルミエール ヴェルヴェット

「プルミエール ヴェルヴェット」クオーツ、18KYG×TIケース(19.7×15.2mm)、ベルベットタッチのブラックラバーストラップ。47万円/シャネル
「シャネル」の代表モデル、プルミエールにミニサイズの新作が登場。パリのヴァンドーム広場と香水「シャネル No5」のボトルストッパーをイメージした八角形のケースが特徴的です。

漆黒のラバーストラップには特殊な加工を施し、ヴェルヴェットのような手触りに。イエローゴールドモデルながら、手にとりやすい価格帯も魅力的です。
PAGE 4

● メンズライクな大ぶり時計なら

「オメガ」トレゾア

「トレゾア」クオーツ、SSケース(39mm)、サテンストラップ。54万円/オメガ(オメガお客様センター)
「オメガ」が女性のためだけに生み出した、“宝物”の意味を持つコレクション。放射線状の大胆なローマインデックスと、ケースの両サイドに曲線を描いて配されたダイヤモンドが、個性的な魅力を放ちます。

こちらは、ブラックダイアル×ステンレススティールケースで毎日のコーディネートに合わせやすいモデル。リュウズにはポリッシュ仕上げのレッドのフラワーモチーフを添えて。

● チェンジャブルウォッチなら

「ピアジェ」ポセション

「ポセション」クオーツ、18KPGケース(29mm)、アリゲーターストラップ。94万4000円/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)
ポセションは、ジュエリーでも人気を博してきた、「ピアジェ」のアイコニックコレクション。ベゼルが自由に回転する、遊び心溢れる意匠が施されています。

ストラップは、自分で簡単に交換ができるインターチェンジャブル仕様。カラフルなバリエーションが用意されているので、気分や装いに合わせて付け替えることができます。
PAGE 5

● マザーオブパール文字盤なら

「フレデリック・コンスタント」クラシック カレ レディース

「クラシック カレ レディース」クォーツ、23×21mm(SS×ダイヤモンド)、カーフレザーストラップ、日本限定。11万5000円/フレデリック・コンスタント(フレデリック・コンスタント相談室)
"スイス製高級時計を手の届く価格で"というポリシーを掲げてきた「フレデリック・コンスタント」。クラシック カレは、廃れることのない、普遍的な魅力を追求したコレクションです。

こちらは、ローマンインデックスやギヨシェ装飾が古典的な表情を覗かせる角形時計。ダイヤモンドとマザーオブパールが女性らしい華やぎを添えています。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

オメガお客様センター 03-5952-4400
シャネル(カスタマーケア) 0120-525-519
ピアジェ コンタクトセンター 0120-73-1874
ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233
フレデリック・コンスタント相談室 0570-03-1988

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

【実践】悩んだら、この腕時計を彼女に贈るのが正解! | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト