• TOP
  • WATCHES
  • 【意中の女性と会話のきっかけになる】たった1つで2倍楽しめる、意外な小物とは?

2019.06.06

【意中の女性と会話のきっかけになる】たった1つで2倍楽しめる、意外な小物とは?

ここ数年、襟付きのシャツからカットソーへ夏のVゾーンが移行しています。となると首元が寂しくなりがち。そこで絶好なのがネックレスです。ですが大人が選ぶなら、あまり軽く見えないことが条件。そこでヒネリの効いたネックレスをご用意しました。女性との会話のきっかけにもなる逸品揃いです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) イラスト/林田秀一 スタイリング/稲田一生 文/T.Kawata

クルーネックのTシャツやカットソーの出番の増える季節。襟付きのシャツに比べると少々間が抜けてしまうこともあり、寂しい印象に感じることも。そんなときスカーフと並び、活躍するのがネックレスです。

とは言え、無造作にネックレスをしていればいいという単純な話ではありません。いい大人のジュエリーの絶対条件とは「安っぽく見せないこと」。チャラチャラした印象はNG。高級感と存在感があって、なおかつ、悪目立ちしない品の良さもお忘れなく。

そこでVゾーンを大人っぽく引き締め、かつヒネリの効いたアイデアを盛り込んだ「一粒で二度おいしい」ネックレスをご用意。女性にも「実はコレね……」と会話を盛り上げるコミュニケーションツールとしてもご使用いただけますよ。
PAGE 2

● ネックレスに見えて実は・・・・・・ その1 「ジョン エリオット×マーズ」

グラスホルダーとしても使えるアイデアに脱帽

「SV+ターコイズ] 6万2000円/ジョン エリオット×マーズ(サザビーリーグ)
東京発のジュエリーブランドである「マーズ(M・A・R・S) 」とLAの人気ブランド、「ジョン エリオット」によるコラボアイテムです。ネックレス部分のビーズは天然石ならではの深みあるターコイズを使用。側面に網目を施したトップ(リング)パーツはシルバー925を採用しています。
実はこれ、グラスホルダーとして使えるんです。シルバー925のリング部分は、アイウェアを傷つけることのないよう、内側にブラックのレザーを配置するなど細かい配慮がなされているんです。リング側面にはLAに多数存在するアールデコ建築からインスパイアされた編み目が施されています。
PAGE 3

● ネックレスに見えて実は・・・・・・ その2 「ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ」 

記念日に用意して、あのコとシェアしてみては?

[18KYG+ダイヤモンド]46万円/ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ(JBHジャパン)
2002年に誕生した米ビバリーヒルズ発のブランド、「ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ」。こちらは、18KYG(18Kイエローゴールド)×ホワイトダイヤモンド(0.57ct)の高級感たっぷりの意欲作です。デザインコンセプトは「両手でリング(縁=愛情、幸運、想い)をしっかりと掴む」。そんな女性が好みそうなストーリーも一緒に覚えておくといいかもしれませんね。 
トップのリングは好きなサイズでカスタムオーダーが可能なので、事前に彼女のサイズで作りなおしておきましょう。記念日にリングを彼女に渡せば、サプライズ必至。リング部にはメッセージの刻印ができたり、地金や石のアレンジ(配置やカラットの変更)など、フルカスタマイズできる点も◎。
PAGE 4

● ネックレスに見えて実は・・・・・・ その3 「ギンザタナカ」 

エレガントに見えて意外な機能ありの名作

[18KYG+ダイヤモンド]ペンダントトップ12万371円、ネックレス8万2963円/ともにギンザタナカ ※ペンダントトップは6月28日(金)より発売
1892年創業の名門貴金属店、ギンザタナカ。こちらのペンダントトップは18KYGに5粒のダイヤモンド(合計約0.1ct)を組み合わせたクラシカルなデザインが特徴です。ラッキーモチーフであるクローバーは新時代の幕開けをイメージして製作されたもの。令和を迎えた記念にいかがでしょ?
キーデザインのペンダントトップでありながら、実はホイッスル。普段はエレガントなジュエリーでありながら、もしかしたら緊急時にアナタを助けてくれるかもしれません。この意外な二面性がなんとも頼もしいネックレスなのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ギンザタナカ 0120-556-826
サザビーリーグ 03-5412-1937  
JBHジャパン 03-3572-1077 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL