• TOP
  • WATCHES
  • スーツに合わせる“正しい時計”の選び方。オススメはこの5本

2019.04.09

スーツに合わせる“正しい時計”の選び方。オススメはこの5本

スーツにデジタル時計がNGだということは皆さん先刻ご存知でしょう。かといって本格派の機械式時計ならなんでもOKかといえば、もちろんそんなことはありません。初対面なのにキンギンギラギラのフルスケルトン時計をつけてくるようなビジネスマン、アナタは信用できます? てなわけで今回はスーツ姿をぐっとシックに格上げし、仕事がデキそな男に演出してくれる時計選びのポイントをご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

イラスト/林田秀一 スタイリング/稲田一生 テキスト/吉田 巌(十万馬力)

スーツの袖口にすっと収まるのがビジネス時計の基本です

スーツに合う、選びの基本

1) 40㎜以下の小ぶりで薄型ケース
2) ケース素材はSSかSSに準じるものでブレスレット仕様
3) シンプルなフェイスデザイン

仕事のスーツに合わせるのが前提なら、まず気をつけたいのはサイズです。あまりガツンと大きすぎる時計は袖口で過剰に主張してしまい、控えめがよしとされるビジネススタイルにそぐいません。直径が40㎜以下の小ぶりで、シャツの袖口に潜り込むくらいの薄型なモデルがいいでしょう。

ちなみに時計業界では長らく“デカ厚”勢が席巻していましたが、ここ数年はファッション同様にクラシック回帰が顕著で、有名ブランドがこぞってアンダー40㎜径のモデルをリリースしています。

ケース素材はやはりSS(ステンレススティール)が無難でしょう。リッチな金無垢モデルもいいのですが、その手は貫禄ある重役クラスの腕にあってこそ。30歳代、40歳代がつけると嫌味に見えてしまうことが多いものです。

またデイリーにビジネスで使用するなら、レザーストラップよりメタルブレスレットを装着したものがベスト。レザーのほうがドレス感は高いのですが、高温多湿な日本では傷みやすいということもありますから。

もちろん、遊びの時計と違うわけですから、あまりデコラティブなデザインを選ばないほうがいいでしょう。シンプルなフェイスデザインなら、スーツの色や柄がどんなものであっても馴染むというメリットもあります。
PAGE 2

● おすすめのビズ時計 その1 「ヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズ・オートマティック」 

袖口を爽やかに彩るブルー文字盤の傑作ラグスポ時計

自動巻き。15気圧防水。SSケース(径37㎜。厚さ10.8㎜)。SSブレスレットのほか、ブルーのアリゲーターレザーストラップとブルーのラバーストラップが付属。200万円/ヴァシュロン・コンスタンタン
ラクジュアリースポーツの傑作と評される「オーヴァーシーズ」。こちらはそのエレガントなデザインはそのまま、より小ぶりなサイズに仕立てたモデルです。

最近ブルー文字盤はトレンドですが、こちらはひときわ発色が美しく、スタイルを爽やかかつ格調高く見せてくれそうです。9時位置のスモールセコンドが小粋なアクセントになっているのもポイント。

ちなみオーヴァーシーズは簡単にストラップの交換ができる“インターチェンジャブル・システム”を採用。今作ではブルーのアリゲーターストラップとブルーのラバーストラップも付属し、装いや気分に合わせて印象をガラリと変えることができます。搭載する自社製のCal.5300はシースルーバックから視認可能。

● おすすめのビズ時計 その2 「ウブロのクラシック・フュージョン チタニウム ブルーブレスレット」 

スーツの腕をさりげなくセクシーに演出

自動巻き。5気圧防水。チタンケース(径38㎜)&ブレスレット。89万円/ウブロ(ウブロ)
成功者の腕に相応しいガツンとインパクト溢れるデザインのイメージが強いウブロですが、スーツにつけることが前提なら、創業時のデザインを継承する「クラシック・フュージョン」がおすすめ。こちらは径38㎜と小ぶりなサイズゆえ、よりシックに装着できます。

ブルー文字盤には美しいサンレイ装飾が施され、光の角度で微妙に表情を変えるのも魅力です。加工の難しいチタン素材をケースやブレスに用いつつ、サテンとポリッシュ仕上げを細やかに使い分けるなど、さすが“素材の魔術師”と言われる納得のデキです。
PAGE 3

● おすすめのビズ時計 その3 「ブライトリングのナビタイマー1 オートマチック38」 

硬派な味はそのまま、コンパクトかつシンプルに!

自動巻き。3気圧防水。SSケース(径38㎜、厚さ10.10㎜)&ブレスレット。58万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
ブライトリングの「ナビタイマー」といえば、言わずと知れたパイロットウォッチの大傑作。今作ではその大きな特徴であったクロノグラフモジュールを外したことで、大幅なサイズダウンに成功しています。

とはいえ伝統の航空用回転計尺はそのまま搭載され、クラシカルな計器然とした雰囲気はそのまま踏襲。ブラックとグレーの2トーンカラーもどこかクールな佇まいで、男っぽい3針ウォッチが欲しかった人には絶好の1本でしょう。

● おすすめのビズ時計 その4 「オーデマ ピゲのロイヤル オーク・クロノグラフ」 

さすがジェンタのデザイン。小ぶりでも存在感満点です!

自動巻き。50m防水。SSケース(径38㎜、厚さ11㎜)&ブレスレット。ブティック限定。9月発売予定。250万円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
ラグジュアリースポーツウォッチの嚆矢、「ロイヤル オーク」。1972年のデビュー以来様々なバリエーションが作られてきましたが、クロノグラフを搭載しつつ、径38㎜の小ぶりサイズを実現したのは今作が初。時計デザインの巨匠、ジェラルド・ジェンタ氏の手によるソリッドなデザインも、ぐっと凝縮感を増して見えます。

タペストリーを刻んだグレー文字盤とSS素材とのマッチングもよく、黒系のスーツと合わせてモノトーンルックでキメると一層美しさが際立ちそうです。
PAGE 4

● おすすめのビズ時計 その5 「ブルガリのオクト フィニッシモ オートマティック サンドブラスト」 

マットなメタリックホワイトに、ブルガリ流モダニズムが香る!

自動巻き。30m防水。SSケース(径40㎜、厚さ5.15㎜)&ブレスレット。146万円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)
世界最薄(厚さ2.23㎜)の自動巻きムーブメントである自社製の“キャリバーBVL138フィニッシモ”を搭載し、手首にしっくりと馴染む厚さわずか5.15㎜の超スリムケースを実現した「オクト フィニッシモ オートマティック」のSSモデル。

通常のSSと異なる独特な質感は、ロジウムコーティングと緻密なサンドブラスト加工の賜物。ホワイトっぽいメタリックカラーは、リネンやコットンなど春夏素材のスーツとも抜群の好相性を見せるでしょう。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
ウブロ 03-5635-7055
オーデマ ピゲ ジャパン 03-6830-0000
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
ブルガリ ジャパン  03-6362-0100

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL