• TOP
  • WATCHES
  • 極薄な時計は何がスゴい? 通が認める魅力を解説

2022.01.02

第15回

極薄な時計は何がスゴい? 通が認める魅力を解説

ケースの厚さが10mm以下の腕時計は薄型時計に分類されますが、ウォッチメーカーが加工技術の粋を集めた極薄な時計があるのをご存知ですか。通が絶賛する超薄型時計の魅力をご紹介します。

CREDIT :

文/渋谷康人

徹底解説。薄い時計はなぜスゴい?

重力の影響を最小限にして精度を追求する「トゥールビヨン」。100年間は修正が不要な「パーペチュアル(永久)カレンダー」。そして、時刻を教会の鐘の音のようなチャイムで教えてくれる「ミニッツリピーター」。これが機械式時計の「3大複雑機構」と呼ばれる最高峰メカニズムです。

それに加えて時計の世界にはもうひとつ、時計愛好家が絶賛するメカニズムがあります。それが“ウルトラフラット”とも呼ばれる「超薄型腕時計」です。薄型時計の魅力は以前ご紹介しましたが、今回はなぜ薄型が凄いのかをとくとご説明いたしましょう。
PAGE 2

超薄型時計を作れるのは、一流メーカーのみ

90年代に世界的な機械式時計ブームが起きた時、複雑時計ブームをリードしたのが、時計業界伝説の経営者ジャン-クロード・ビバー氏が当時率いていた「ブランパン」です。ビバー氏は後に「ウブロ」を筆頭にLVMHのウォッチ部門を率いることになるので、その名を知る方も多いでしょう。

約30年前の1991年、「ブランパン」は“6つのマスターピース”と名付けた機械式時計コレクションを発表。その中の1本にウルトラフラットモデルがありました。
ヴィルレ ウルトラスリムは、6つのマスターピースのひとつ、ウルトラフラットの技術を継承する。「ヴィルレ ウルトラスリム」手巻き、18Kレッドゴールドケース(39.7 mm)、アリゲーターストラップ。3気圧防水。214万5000円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座)
超薄型の機械式ムーブメントの開発・製造には、特別な技術が求められます。時計愛好家がこの3大複雑機構を搭載したコンプリケーションモデルとともに、ウルトラフラットモデルを高く評価し、1本は必ず所有するのはそのためです。

機械式時計の歴史を振り返ると、懐中時計の時代でも、スイス機械式時計の黄金時代と言われる1950〜60年代も薄型時計の開発・製造のできるメーカーは「ピアジェ」や「ジャガー・ルクルト」など、ごくわずか。薄い腕時計を作るのは、それほど技術力が必要なのです。
PAGE 3

紙のように薄い歯車やバネを組み合わせる難しさ

では、超薄型モデルの開発・製造は、普通の時計と比べて、どこがどのように難しいのでしょうか?

いちばんの難しさは、歯車やバネ、時計の動力源になる主ゼンマイ、歯車や針を正確に動かす脱進調速機など、すべての部品を“紙のように薄く”すること。しかも、この薄い部品をしっかりと連携させて、確実に動かさなければなりません。
▲ 「ヴァシュロン・コンスタンタン」の薄型モデルのローター。こんなにも薄いパーツでゼンマイを巻き上げる。 画像提供:ヴァシュロン・コンスタンタン
例えば、歯車は歯同士が噛み合って力を伝えますが、厚みがあると接触面積が多いので、ズレが多少あっても機能します。ところが、歯車が薄いと、それだけ接触面積もごくわずかになるため、ほんのわずかなズレも許されません。しかも、歯車同士を動かす場合には、遊びと呼ばれる適切な隙間も必要です。

超薄型時計のムーブメントの歯車の厚さは1mmの数分の1と、紙のように薄いもの。この歯車をしっかりと噛み合わせ、さらに上下に重ねてスムーズに動かせるようにするだけでも大変なことなのです。

こうした特別な技術から作られる超薄型ムーブメントの厚さは、多くが2mm前後。時計には文字盤や針、ケースの厚さも加わるので、このサイズに収めなければ、超薄型時計は完成しません。さらに、この文字盤やケースを薄くすることにも、特別なノウハウが必要なのです。
PAGE 4

世界最薄に挑む「ピアジェ」と「ブルガリ」

▲ 「ピアジェ」が手掛ける世界最薄の時計。2018年にはコンセプトモデルとして登場したが、2020年に販売開始された。薄さはそのままに、パーツのカラーなどをカスタマイズすることもできる。「アルティプラノ アルティメート・コンセプト」手巻き、コバルト合金ケース(41mm)、アリゲーターストラップ。カスタマイズ可能。価格要お問い合わせ/ピアジェ(ピアジェ コンタクトセンター)
現在、ケース厚については世界最薄を誇るのが、「ピアジェ」のアルティプラノ アルティメート コンセプト ウォッチです。手巻きで、その厚さはケースを含めてもわずか2mm! 「ピアジェ」は、1960年代から現在まで超薄型時計の世界をリードしてきた名門なのです。
PAGE 5
▲ 2021年発売のオクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダーは、自動巻きとパーペチュアルカレンダー機構を備えながら、ケース厚はわずか5.8mm。永久カレンダーモデルとしては世界最薄。「オクト フィニッシモ パーペチュアル カレンダー」自動巻き、Tiケース(36.6mm)×ブレスレット。30m防水。683万1000円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)
一方、2014年以降、超薄型時計オクト フィニッシモシリーズで、複雑機構搭載の世界最薄を続々と開発しているのが「ブルガリ」です。過去7年間に、7つの世界最薄モデルを発表・発売してきました。
PAGE 6

ジュネーブの名門の超薄型モデルも見逃せない

「ピアジェ」も「ブルガリ」も“複雑時計の揺りかご”と呼ばれたジュウ渓谷に拠点を置くブランドですが、ジュネーブの名門「パテック フィリップ」と「ヴァシュロン・コンスタンタン」の超薄型も見逃せません。
▲ 「ゴールデン・エリプス」自動巻き、18Kローズゴールドケース(39.5×34.5mm)、アリゲーターストラップ。391万6000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)
「パテック フィリップ」の超薄型モデルといえば、黄金比に基づいた優雅な楕円形のケースが特徴のゴールデン・エリプス。ケース厚5.9mmの自動巻きで、搭載されるマイクロローター式のムーブメント「キャリバー240」も40年以上の歴史を持つ傑作です。
PAGE 7
▲ 「パトリモニー・マニュアル ワインディング」手巻き、18KPGケース(40mm)、アリゲーターストラップ。237万6000円/ヴァシュロン・コンスタンタン
一方、「ヴァシュロン・コンスタンタン」の超薄型モデルといえば、クラシックなラウンドウォッチのパトリモニー。手巻きモデルのパトリモニー・マニュアルワインディングのケース厚は6.7mmで、洗練されたシンプルなその顔には、唯一無二の魅力があります。

超薄型時計は、一見シンプルに見えても“秘められた贅沢さ”が楽しめるのです。これほど贅沢で優雅な「時計の楽しみ方」はありませんよ。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ 

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター 03-3255-8109
ピアジェ コンタクトセンター 0120-73-1874
ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233
ブルガリ ジャパン 03-6362-0100

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        極薄な時計は何がスゴい? 通が認める魅力を解説 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト