• TOP
  • WATCHES
  • 【まとめ】いま時計のプロがこぞってブルガリに再注目するワケ

2019.02.14

【まとめ】いま時計のプロがこぞってブルガリに再注目するワケ

数多ある時計ブランドのなかから、注目すべきブランドをひとつ取り上げて、そのブランドの特徴や最新作をご紹介する時計連載。時計初心者の方にも、時計に一家言おもちの方にもおすすめの時計ブランドをリコメンドします。今回はその卓越したマニュファクチュールが注目される「ブルガリ」です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文・編集/福田 豊

奥/自動巻き、チタンケース&ブレスレット(40mm)、30m防水。155万円。手前/SSケース&ブレスレット(40mm)、30m防水。146万円
毎春のスイスの時計フェアでは「どこの新作がよかった?」というのが編集者や時計ライター同士の挨拶代わり。そしてここ数年、必ず名前の挙がるのが、ブルガリ。ブルガリは、いま時計のプロフェッショナルたちのあいだで、もっとも注目されるブランドなのです。

イタリア・ローマの老舗ハイジュエラーとして知られるブルガリは、実は時計づくりの歴史も古く、今年=2018年は腕時計を誕生させて100周年。それを記念し、BASELWORLD=バーゼルフェアの会場では、1918年につくられた最初のレディスウォッチが展示され話題となっていました。

しかしブルガリが「時計ブランド」として注目されるいちばんの理由は、いまのブルガリが傑出したマニュファクチュールであるため。「マニュファクチュール」とは、自社一環でムーブメントの開発・製造をすることのできる時計メーカーのこと。その技術にブルガリは長けているのです。

しかもブルガリはケースやダイヤル、ブレスレットなどの制作技術も優れているのが特筆点。つまりブルガリは、中身も見た目も素晴らしい。そこが多くの時計のプロたちを魅了しているのです。
PAGE 2

マニュファクチュール=ブルガリを代表する超薄型コレクション

そんな今日のブルガリを代表するのが「オクト フィニッシモ」。誕生はブランド創業130周年の2014年。最大の特徴はエレガンスさを極めた超薄型であることです。

時計を薄くするには、当然、ムーブメントを薄くしなければならず、それには高度な時計技術が欠かせない。そのため超薄型ムーブメントはトゥールビヨンや永久カレンダーなどと並ぶ「超複雑機構のひとつ」とされています。

ブルガリはそれを「オクト フィニッシモ」で実現。しかも独特の110面体構造の立体的ケースも洗練さを加え、超薄型に仕上げたのが大きな見どころ。まさに「オクト フィニッシモ」は、中身も見た目も素晴らしい。ブルガリを代表するモデルなのです。

そこでここでは「オクト フィニッシモ」の歴代モデルをご紹介。それにより、マニュファクチュール=ブルガリの実力を、よりよく知ることができるはず。そして、いまなぜ時計のプロたちがブルガリに魅了されているのかが、きっとわかるはずです。

● ブルガリ「オクト フィニッシモ」 

超薄型手巻きのベーシックモデル

手巻き、Ptケース(40mm)、アリゲーターストラップ、30m防水。303万円
「オクト」は独特の8角形と110面体構造の立体的なケースが特徴のコレクション。それを超薄型にしたのが「オクト フィニッシモ」で、これは最初期作の手巻きベーシックモデル。新開発ムーブメントは厚さ2.23mm、ケース厚も5.15mm、という超薄型でドレッシーに着けこなせる。ブラックラッカー仕上げのダイヤルもドレッシー。ケースバックはサファイヤクリスタルで、ムーブメント裏面のパワーリザーブ表示を見ることができます。
PAGE 3

● ブルガリ「オクト フィニッシモ トゥールビヨン」 

世界最薄記録のトゥールビヨン

手巻き、Ptケース(40mm)、アリゲーターストラップ、30m防水。1402万円
これも「オクト フィニッシモ」のデビューした2014年に発表された最初期作のひとつ。超複雑機構であるトゥールビヨン搭載のムーブメントを、ルビーの代わりにボールベアリングを採用することなどにより、厚さわずか1.95mmの超薄型にすることに成功し世界最薄記録を樹立。ケースの厚みもわずか5.0mmという驚異的な薄さ。やはりブラックラッカー仕上げにされたダイヤルが美麗でドレッシーに着けこなせます。

● ブルガリ「オクト フィニッシモ ミニッツリピーター」 

ミニッツリピーターでも世界最薄記録を樹立

手巻き、チタンケース(40mm)、アリゲーターストラップ、50m防水。世界限定50本。1778万円
2016年に発表された世界最薄のミニッツリピーターモデル。トゥールビヨン以上の複雑さを備えるミニッツリピーターを、ムーブメント厚3.12mm、ケース厚6.85mm、という超薄型にしたのが、まさにブルガリの素晴らしい技術力の証左。また、ケースとダイヤルを硬く軽いチタニウム製に、さらにダイヤルにスリットを空け、それらにより音色を美しく響かせる音響効果を得ているのも優れた長所です。
PAGE 4

● ブルガリ「オクト フィニッシモ オートマティック」 

世界最薄の自動巻きモデル

2017年には世界最薄の自動巻きモデルを発表。トゥールビヨン、ミニッツリピーターに続く3つ目の世界最薄記録で、実は、この3つは同時に開発をスタート。しかしシンプルな自動巻きがいちばん難しく時間がかかったという。また、2017年には超薄型のブレスレットが登場。

バックル部分のブレスレットを窪ませるなどの精巧な加工がブルガリの秀でた技術力を物語ります。ここに挙げたのは2018年発表の最新モデルで、上の2モデルはステンレススティールとピンクゴールド。どちらも特殊な加工による独特のサンドブラスト仕上げが大きな魅力です。

● ブルガリ「オクト トゥールビヨン」 

第4の世界最薄記録モデルを発表

自動巻き、チタンケース&ブレスレット(42mm)、30m防水。世界限定50本。1347万円
2018年には4つ目の世界最薄記録となる自動巻きトゥールビヨンを発表。ムーブメントに重ねるため厚みの風張るセンターローターではなく、ムーブメント外周でゼンマイを巻き上げるペリフェラルローターを採用。

それにより自動巻きでありながらムーブメント厚わずか1.95mm、ケース厚もわずか3.95mm、という極限的な薄さを実現。

そしてその精緻なムーブメントをスケルトン仕様により美しく見せているのも魅力。サンドブラスト加工されたチタニウムのマットな質感も独特のラグジュアリー感です。

■ ブルガリ ジャパン

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL