• TOP
  • WATCHES
  • むしろ新鮮! 「レトロなダイバーズウォッチ」をいま選ぶ理由

2021.12.30

いま! 時計選びはアイコニックな「モテる顔」 スポーツウォッチ編 4

むしろ新鮮! 「レトロなダイバーズウォッチ」をいま選ぶ理由

50〜60年代にオリジンをもつレトロダイバーズは、計器のタフさが際立ったデザインが特徴。経験を重ねた貫禄あるオヤジの腕元に、ピタリとハマる選択です。

CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/古川 純 文/篠田哲生

▲ ネイビーブレザーにデニムシャツ、そしてデニムと、モテるオヤジの代表格ゲンズブールのスタイルを取り入れて、ノンシャランな雰囲気を楽しむ。その腕元にレトロ顔のダイバーズが加わると、全体のトーンもまとまり、その存在感がアクセントになってくれます。
時計47万800円/エベラール(エベラール・ジャパン)、ジャケット19万6900円/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ1万3200円/ラングラー(リー・ジャパン カスタマーサービス)、デニム12万6500円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店)、そのほかはモデル私物
ダイバーズウォッチは、潜水計器として生まれたオトコの時計。大きなケースやシンプルなデザインは、今も昔も変わりませんが、レトロ顔のそれは、よりタフな計器としての魅力が際立ち、オヤジの渋みを格好良く演出してくれる小道具になります。

まだ自分が若造だった時、格好いいオヤジに憧れたものです。アナタは、あの日憧れたオヤジに近づけているでしょうか? 日焼けした肌のシワさえも格好いい、セルジュ・ゲンズブールのようなオヤジに。

どれだけ年を重ねても、アクティブで、お洒落で、そしてモテる。そんなオヤジにもっと近づきたいなら、レトロ顔のダイバーズウォッチなんてどうでしょう。

オリジナルモデルは1950〜60年代に作られているので、当時のモデルを身に付けたことはありません。しかし映画や写真のなかで、格好いいオヤジの腕元で輝いていたあの時計を、いまの自分に合わせるのです。

経験を重ねて、風合いと貫禄を増したアナタには、そんなレトロな顔がピタリとハマるでしょう。まさにモテるオヤジへとステップアップするための、ラストピースとなってくれますよ。
PAGE 2

◆ エベラール

イタリアオヤジが愛するレトロダイバーズ

▲ 「スカフォグラフ300“MCMLIX” エディション(REF:41034V.07)」自動巻き、SSケース(43mm)、撥水レザーストラップ。300m防水。47万800円/エベラール(エベラール・ジャパン)
1959年に誕生した「エベラール」初のダイバーズウォッチの復刻版。視認性を高める三角形の針&インデックスは、個性があるのでアクセント効果も高い。

撥水レザーストラップはヴィンテージ調に加工されており、夜光塗料も日焼けした風合いに。注目ブランドをいち早く手に入れましょう。
PAGE 3

◆ ブランパン 

縦ラインの筋目模様も新しい試みです

▲ 「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」自動巻き、Tiケース(43mm)、NATOストラップ、30気圧防水。125万4000円/ブランパン(ブランパン ブティック銀座)
ダイバーズの原点フィフティ ファゾムスの派生モデルとして1950年代後期に生まれた“バチスカーフ”は、角型針と丸型インデックスで最先端のスタイルを表現。

ほどよいレトロ感がありますが、このモデルはグレード23という特別なチタンを使用し、さり気なく進化をしています。
PAGE 4

◆ セイコー プロスペックス

歴史を感じさせるグリーン顔ダイバーズ

▲ 「マリーンマスター プロフェッショナル(SBDX043)」自動巻き、SSケース(44.3mm)×ブレスレット。300m飽和潜水用防水。世界限定3000本。36万3000円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ)
1965年に国産初のダイバーズウォッチを発売した「セイコー」。このモデルは創業140周年を記念しており、ダイバー憧れの地である西表島の深緑の世界を、ダイヤルカラーで表現。

4時位置にリュウズをつけるのは、1968年モデルからの伝統です。
PAGE 5

◆ ブライトリング

現代的なエコ意識も取り入れたダイバーズです

▲ 「スーパーオーシャン ヘリテージ '57 アウターノウン」自動巻き、SSケース(42mm)、ECONYL®ヤーン NATOストラップ。100m防水。54万4500円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)
1957年製ダイバーズウォッチをトリビュートしたレトロ顔モデル。そこにカリスマサ-ファーのケリー・スレーターが率いるアパレルブランド「アウターノウン」と組んで製作したエコ素材のファブリックストラップを加えることで、現代的な価値観も加えております。
2022年1月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

エベラール・ジャパン 03-5422-8087
セイコーウオッチお客様相談室 0120-061-012
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233
ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店 03-3405-0852
リー・ジャパン カスタマーサービス 0120-026-101

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        むしろ新鮮! 「レトロなダイバーズウォッチ」をいま選ぶ理由 | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト