• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 銀座にオープンした2つの新しいホテル。どこがスゴイか?

2018.12.18

銀座にオープンした2つの新しいホテル。どこがスゴイか?

11月9日に「ザ・スクエアホテル銀座」、12月14日に「ザ・ゲートホテル東京 by HULIC」と、いま、銀座は新ホテルのオープンラッシュ。ますます選択枝が増えていく、銀座の最新ホテルシーンをお伝えします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/古関千恵子

2017年あたりからオープンラッシュが続く銀座のホテルシーン。今後も10件以上のプロジェクトが予定されています。「これから銀座のホテルバー選びも、いろんな選択肢がでてくるのではないでしょうか」と「週刊ホテルレストラン」編集長の岩本さん。最近オープンした2軒から、銀座のホテルのこれからを占ってもらいました。

【ザ・ゲートホテル東京 by HULIC】

一等地に堂々デビュー、ザ・銀座な夜景をとことん味わう

4階のロビーラウンジ。数寄屋橋の交差点のパノラマビューが広がります。
2018年12月14日、数寄屋橋交差点にオープンした「ザ・ゲートホテル東京 by HULIC」。6年前に開業した雷門に続く2軒目にして、このホテルブランドのフラッグシップとなります。晴海通りに面した「HULIC SQUARE TOKYO」ビルの4~13階を占め、東京メトロ銀座駅と日比谷駅から徒歩1分、東京メトロ有楽町駅から徒歩3分、C1出口がビルに直結。新橋も徒歩圏にあります。

“大人のためのホテル”を目指し、デザインコンセプトは“華と粋”。華やかさと銀座の粋が随所にちりばめられています。たとえば、4階にある天井高7.5メートルの開放的なロビーフロア。花吹雪をイメージしたアートワークと、床から天井までのガラス窓に広がる数寄屋橋交差点の風景に迎えられます。館内に緑を配置し、テラスにはリゾート気分のパラソルとソファを用意。屋内と屋外がシームレスにつながり、もうひとつのコンセプトである“街との一体感”をなしています。
晴海通りに面した客室、リュクス。
エレベーターから降りてすぐにロビーラウンジ、L字に曲がると、レセプション、バー、レストランと続くレイアウト。バーはあえて天井を低くめにし、親密なムードを演出。スツールもやや低めで和装でも座りやすくなっています。お酒はワインを数多く取り揃え、バイザグラスの銘柄も多数。日本のウイスキーやプレミアムテキーラなども備えた、通好みなラインナップになっています。そしてホテルとは思えないほどリーズナブル。

レストランは23時、バーは24時まで営業。夜遅くまで利用できるのもメリットでしょう。さらに宿泊すれば、バーとロビーラウンジは24時間利用できます。「もうちょっと飲みたいね、泊まってく?」的な会話の流れも自然な感じがしませんか。
PAGE 2
「ザ・ゲートホテル東京 by HULICの総支配人は、実は総料理長を兼ねていることが強味になっています」と、岩本さん。ホテルのレストランは外注のテナントであることが多いけれど、ここは直営。食の大切さを承知した、サービスが受けられます。

たとえばレストランのメニューはシャルキュトリやカルパッチョに加え、おすすめはスモークサーモン。食べ応えのある1センチほどの厚切りです。そして、メニューにないものも、「今日、シーフード系で何かできない?」とお願いすれば、できるかぎり対応をしてくれるとのこと。
「ゲストとして上手にスタッフと関係性を築いて、裏メニュー的なことをお願いするのも、ホテルを使いこなしている感じがスマートですよね。雷門でもそうですが、遊び心のある人の気持ちをわかったサービスをしてくれるのではないかと期待しています。また、一等地にこのような空間をもつホテルが誕生するのも久々ですよね」と、岩本さん。
13階にある「鉄板焼 やすま」。目の前で和牛や魚介を焼き上げます。
最上階13階にある「鉄板焼 やすま」では、総支配人の安間昭彦氏みずからが腕を振るいます。2~8名収容できる個室は入口がわかりづらく、隠れ家感も上々。銀座の夜景もみごとです。

ザ・ゲートホテル東京 by HULIC

住所/東京都千代田区有楽町2丁目2-3
電話/☎03-6263-8233
客室数/164室

PAGE 3

【ザ・スクエアホテル銀座】

ディテールにこだわった、コスパなライフスタイルホテル

バー「BUNDOZA」を通り抜けて、フロントへ。バーも宿泊ゲストとバー利用者との交流の場。
銀座一丁目駅から徒歩1分、2018年11月9日にオープンした「ザ・スクエアホテル銀座」。名前の“スクエア”は、コミュニティや文化の場だった広場(スクエア)の役割を、ホテルが担おうというもの。そのため、“銀座をつなぐコンシェルジュ”をコンセプトとし、スタッフは街の案内や情報も提供してくれます。
1階にあるカフェ&バー「BUNDOZA(ぶんどうざ)」は、レンガを積み上げた壁の、ニューヨークのアパルトマンを彷彿させる空間。17時からのバータイムはジャパンクラフトを中心とした各種カクテルが供されます。おすすめは、茶舗の日本茶と組み合わせたオリジナルカクテル。たとえば、滋賀のラム酒「ナインリーブス」×福岡八女茶×麹をつかったスピリッツ「TSUMUGI」×かぼす×ミントなど、さわやかな和テイストが楽しめます。24時まで営業しているのもポイント高いです。
茶舗とコラボしたカクテルがおすすめ。24時まで営業しています。
「ココは明確にターゲットを絞りこんだ、好きな人には“どストライク”なホテルではないかと思います」と岩本さん。

「黒、白、ネイビーを使った大胆な配色、“銀座”からインスピレーションを受けたデザイン。そしてジーンズブランドの『Lee』とコラボしたベッドスローやスタッフのユニフォームなど、さまざまな工夫を凝らしています。客室の照明からオリジナルのマグカップまで、随所にホテルのこだわりが感じられます」。
最上位のプレミアツインは26平方メートル。その他の客室は15~20平方メートル。
そしてザ・スクエアホテル銀座の登場が、銀座エリアのホテルの開発に一石を投じるのではないか?と、岩本さんは考えます。

「銀座はもともと大きな需要が見込めるだけあって、どうしてもターゲットを絞り切らない無難なホテル開発が続いていました。背景的にはバブル崩壊以降、長らくホテル業は儲かりづらく、ターゲットを絞るリスクを負ってまでチャレンジするプレイヤーがほとんどいなかった、というのもあります。それがザ・スクエアホテル銀座では、あえてターゲットを絞りこむ勇気ある作りをしている、と感じています。外資系のような大手ではないホテルグループがこのようなスタイルで成功すれば、追随する他社も出てくるかもしれません」

ザ・スクエアホテル銀座

住所/東京都中央区銀座2-11-6
電話/☎ 03-3544-6811
客室数/182室

PAGE 4

銀座のホテルシーン、今後はどう変わる?

「これからは銀座のホテルのバーで飲もうとなったら、いろんな選択肢が出てくるのではないでしょうか。『東京エディション銀座』(森トラストグループ、2020年オープン予定)のような尖ったデザイン系もあれば、『ブルガリ ホテル 東京』(三井不動産2022年オープン予定)の洗練のイタリアン建築、隈研吾によるデジタル世代に向けた『カプリ・バイ・フレイザー銀座』(フレイザーズ・ホスピタリティ、2020年オープン予定)など。気分やシチュエーションに合わせて、バーやレストランが選べるようになるでしょう」と、岩本さんは予想します。これからますます銀座の夜が華やぎそうですね。
マリオット・インターナショナルのデザイン系ブランド、エディションは2020年に開業予定。
【東京エディション銀座】
伝説のホテリエ、イアン・シュレーガーが仕掛ける「エディション」が2020年に日本初上陸。エッジの立ったデザインと“本物であること”を追求した世界観が特徴。中央通りからすぐそばにあり、銀座一丁目駅近く。13階建て80室。虎ノ門にも同系列ホテルが同じく2020年に誕生予定。
URL/http://www.editionhotels.com
【ブルガリ ホテル 東京】
イタリアの高級ジュエラー、ブルガリのホテルが2022年末、銀座にほど近い東京駅前に登場予定。伝統的なデザインとドラマティックなイタリア建築とが融合。真のラグジュアリーなサービスを提供。これまでミラノやバリ、ドバイなどに6軒、今後、パリやモスクワにもお目見え。39~45階、98室。
URL/https://www.bulgarihotels.com/ja_JP/tokyo
【カプリ・バイ・フレイザー銀座】
シンガポール資本のフレイザーズ・ホスピタリティの“カプリ・ブランド”が初進出。デジタル世代に向けてスタイリッシュなソーシャルスペースを提案。チェックインからプール、バーへ至るレイアウトも斬新。木材を多用し、折り紙を思わせる、隈研吾のデザインも秀逸。190室。
URL/https://www.frasershospitality.com/ja

岩本大輝(いわもと・ひろき)

1966年創刊のホテル・レストラン業界の専門誌「週刊ホテルレストラン」編集長。緻密な取材と幅広いネットワーク、そして鋭い分析力を武器に、ホテル・レストランシーンの今を伝える。防衛大学校を卒業後、バーテンダーを経た、ユニークな経歴の持ち主。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL