• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 京都にパリがやってきた! ピンク色の夢の館「フォションホテル京都」

2021.06.20

どっちが彼女の好み? 女心のツボを知る京都のNEWホテル2軒

京都にパリがやってきた! ピンク色の夢の館「フォションホテル京都」

もはやコロナ後の観光再興を見据えて、いま京都には続々と話題のホテルがオープンしています。なかでも特に女性が喜びそうな2軒のホテルをご紹介。まず1軒目はパリから日本初上陸の「フォションホテル京都」です。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/古関千恵子

昨年来、話題のホテルが続々とオープンしている京都。まさにホテルの百花繚乱状態!  どこにしようか迷ってしまうところだけれど、ココは“女性を喜ばせる”ことを念頭に2軒のホテルをクローズアップ。

まずはパリから日本初上陸の美食を楽しむ「フォションホテル京都」。「京都にパリ?」と思うかもしれませんが、実は2つの都市には意外と共通点があるのです。そして、彼女が思わず歓声をあげてしまうサプライズポイントも隠しキャラのように、あちこちに。旅を成功させるカギは、なんといっても“彼女が喜ぶホテル選び”にあり、です。
▲ 京阪電車「清水五条駅」より徒歩6分。錦市場や鴨川、高瀬川へも徒歩圏内。

【01】フォションホテル京都

京都にパリが出現!? 到着した瞬間から美食のおもてなし 

130年以上の歴史をもつ、フランスの「フォション」のホテルがパリに続く2軒目、「フォションホテル京都」を2021年3月にオープンしました。こちら、日本初上陸です。マカロンや紅茶などファンの多いグルメブランド、しかもテンションを上げるフォションピンクのキュートな色使いなど、わかりやすい“ときめきポイント”のみならず、隠れキャラを発見するようなお楽しみも満載です。
▲ 大階段は翼を広げた鳳凰に花々がこぼれ落ちた情景をイメージしたデザイン。満開の桜のステンドグラスが華やか
まずチェックインからして、ドラマティック!  館内に一歩入ると、2階へ続く優雅なカーブの大階段と、満開に咲き誇る桜をモチーフにしたステンドグラスが視界に飛び込んできます。華やかなピンクの世界。ロビーに置かれたソファも、フォションピンクの西陣織です。

チェックインは最上階の10階のレセプションへ。ロビーラウンジの中央にはマカロンが美しくデコレートされ、優雅なソファが窓辺にゆったりと配置されています。
▲ チェックインのために通される、10階のレセプション。
ウェルカムサービスに供されるのはマカロンと紅茶。パリから直輸入されるマカロンは14種があり、この日はパッションフルーツ&チョコレートでした。薫り高いアップルティーと一緒にいただきつつ、ひと息。到着した瞬間から、フォション自慢のアイテムでおもてなしが始まります。
▲ ウェルカムサービスはフランス直送のマカロンとフォションの紅茶。
PAGE 2

京都とパリ、意外な共通点とみごとな融合

パリの美意識の象徴的存在のフォションが選んだ街、京都。まったく意趣の異なる旅先に思えますが、この2つの都市には多くの共通点があります。

どちらも1000年を超える芸術の都であり、地元の人々によって歴史的な建物や街並みが大切に守られています。京都には鴨川、パリにはセーヌ川、街には“ロマンスの川”が流れています。そして人々が伝統を重んじ、“粋”であるところも似ています。さらに、お茶を楽しむ文化も、京都は茶会、パリはサロンで培われています。
▲ 2階のティーサロンの壁を飾るインスタレーション。
そんな京都とパリに息づく美食、アート、空間、おもてなしの美学をゲストに届けるのが、「フォションホテル京都」。西洋の素材と日本の素材を、我が国の伝統の技術で巧みに融合し、ラグジュアリーでモダンなホテルに仕上げています。

フォションのエスプリの効いた客室に夢中!

清水五条駅から徒歩6分。石造りのファサードにフォションピンクのアクセントが効いた10階建ての建物に、客室は59を数えます。

客室タイプは9種類。エントリークラスのクラシックルームは広さ35平方メートル。7~9階のクラシック、スーペリア、デラックスは東山を一望できます。ハイエンドのスイート(河原町通り側)は、間取りや窓のしつらえがパリのアパルトマンのような雰囲気です。
▲ デラックスルーム。ブランドカラーのフォションピンク、ホワイト、ブラック、ゴールドでまとめられています。
全室に共通してちりばめられた、フォションならではのエスプリの効いた遊び心には、驚いたり、微笑えんだり。

一番の特徴は、“グルメバー”。シャンパンピンク色のキュートなクローゼットの扉を開くと、フォション自慢のスウィーツやペストリー、紅茶などが詰まっています。シトロンやショコラのサブレにクッキー、塩バターキャラメル、トリュフチョコレート、ミニトーストブリオッシュなど、夢のようなラインナップ。3時のおやつに、ディナー後のくつろぎに、いつでも好きな時に楽しめます。持ち帰るのも、もちろんOK。
着物デザイナーの斎藤上太郎さんが手掛けたヘッドボードのベッドは、全身を心地よく包んでくれるシリー社製マットレスを用意。リネンや今治タオルなど、肌に触れるものは上質なものが選ばれています。もちろんターンダウンサービスも行われます。

パリのアパルトマンに置いてありそうなピンク色の傘にアイロン、ピンク色のダイソンのドライヤーはオリジナルのピンク色の革ケースに収納されています。ライトのスイッチパネルもピンクの縁取り。徹頭徹尾、ドリーミンな世界です。
PAGE 3

美食ホテルの本領発揮! 地産の食材をパリ直伝のフレンチで

最上階10階の「レストラン グラン カフェ フォション」は、東山を正面に鴨川を見下ろす眺望。シェフがてきぱきと作業するオープンキッチン内にも生花が飾られ、まるでひとつの舞台を見ているよう。

料理長の桝直人さんが手掛ける料理は一見、フォションの歴史を受け継いだパリ直伝のフレンチ。しかし食材は京ならではの地産のものをふんだんに使いつつ、桝さんならではのツイストが効いています。
▲ 清水寺など東山の稜線や鴨川を見下ろす「レストラン グラン カフェ フォション」。
まず前菜からインパクト大です。フォションホテルパリのシグネチャーメニューでもある「フォション特製 鴨 フォアグラ ピスタッチオのパテ・アン・クルート」。目の前にサーブされた瞬間、皿の中央に鎮座する鴨肉とフォアグラのボリューム感に、まず圧倒されます。けれど、肉のつなぎが脂ではなくジュレなのでしつこくなく、部位ごとに異なる味わいを楽しむうちに、気づけばペロリ。
▲ パリのシグネチャーディッシュでもある前菜の鴨・フォアグラのパテ・アン・クルート。
「クオリティはガストロノミー、量はビストロ。その中間といったところでしょうか」と桝さん。前菜・スープ・魚料理・肉料理・デザート、一皿ごとにしっかり味わえるので、料理の記憶も鮮やかに残ります。

ちなみにフォションオリジナルのシャンパン(ロゼ、ブリュット、ブランドブラン)が味わえるのは、日本ではここだけです。
▲ 餌にこだわって育てた大原産の卵をサニーサイドアップに。牛乳は日本に4カ所しかない、許可を受けた施設による無調整の“特別牛乳”。
PAGE 4
2階のティーサロン「サロン ド デ フォション」は、京都とパリのエッセンスを組み合わせた空間。坪庭の緑に町屋に見られる京格子や和紙素材をさり気なく使い、淡いピンク色で彩られています。
ティーサロンの多くのゲストのお目当てが、アフタヌーンティー。6~8月は夏季限定の「フォション アフタヌーンティーセット~(レ・テ・夏)~」を用意。夏野菜を使ったセイボリー、ジュレやムースなど見た目も涼やかなスウィーツ、そしてパリ直輸入のマカロンなどが並びます。盛り付けるトレイも、いわゆる3段のティートレイではなく、和をイメージしたものです。

紅茶は23種から2種類をチョイス。ちなみに、急須もピンク。館内でピンクの急須を置いているのはティーサロンのみです。

ここでしか買えない限定品を求めてペストリー&ブティックへ

1階に独立したエントランスを構えつつ、ホテル内からもアプローチできる「ペストリー&ブティック フォション」。

ショーケースに並ぶエクレアやパリのレシピのミルフォイユ、人気の唇のケーキ“ビズ・ビズ”など、まるでジュエリーを眺めるよう。もちろんフランス直送のマカロンも(日本ではここでしか買えません)!  ビジターもぜひ。スウィーツ以外にもペストリーやグロッサリー類も充実しています。
そしてぜひ手に入れたいのが「フォションホテル京都」限定品の紅茶「one night in KYOTO」。緑茶とりんごをブレンドした、甘く上品に香るフレーバーです。ちなみに「フォションホテルパリ」限定品の紅茶「one night in PARIS」も並んでいます。
PAGE 5

世界初のフォションのスパで甘い香りに包まれて

フォションブランドとして世界初出店となるのが、3階にある「ル スパ フォション」。日本初上陸となるプレミアムコスメブランド「コスパリ」と、日本の業界最大手「クレドインターナショナル」がプロダクトやメニューを開発しています。

シグネチャーオイルのトップノートはサンダルウッドの爽やかな香り、そしてフォションのスウィーツを思わせる甘い香りの余韻が残ります。
スパというと、えてして白を基調としたイメージですが、そこはフォション。ピンクのバスタブやラグなど、元気がもらえるカラーリング。フォションにふさわしく、スウィートな夢見心地が味わえるでしょう。

■FAUCHON L’HOTEL KYOTO フォションホテル京都

住所/京都府京都市下京区河原町通松原下ル難波町406
HP/https://hotelfauchonkyoto.com/
予約・お問い合わせ/TEL 075-751-7711

●デラックスルーむ9万4500円~(朝食付き、1室2名利用時1室料金、税・宿泊税込)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        京都にパリがやってきた! ピンク色の夢の館「フォションホテル京都」 | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト