• TOP
  • STAY&TRAVEL
  • 何があってもへこたれないのがNY! 新たなニュースが満載です!

2020.11.02

何があってもへこたれないのがNY! 新たなニュースが満載です!

11月3日に迫った大統領選と未だ続く新型コロナウイルス感染者の増加……。治安の悪化も懸念されて一触即発の状態が続いているアメリカですが、外を歩くと紅葉がとても綺麗なベストシーズンの到来です。長らく閉まっていた美術館も再開し、これぞ芸術の秋を堪能できるニューヨーク。コロナ禍でのポジティブな動きを現地在住、元LEON編集部の菅 礼子がレポートします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/菅 礼子 写真/Masaki Hori(Moma, Moma PS1)

紅葉が深まるとともに日に日にニューヨークの寒さも増してきました。今年で150周年を迎える「メトロポリタン美術館」、昨年リニューアルしたばかりの「ニューヨーク近代美術館」のMOMA、その他美術館も次々に再オープンしており、少しづつ観光スポットも開いてきてひと安心。しかし、これら施設はもちろん条件付きでのオープンということもあり、計画をもって訪れる必要があるのがニューノーマルです。
PAGE 2

観光地も条件付きで徐々にオープン

先日久しぶりにメトロポリタン美術館へ行ってきましたが、以前のようにふらっと立ち寄ることはできず、事前にネットを通じて予約をしました。

美術館もナーバスで以前のようなキャパシティを入れることはできないため、予約をしていても長蛇の列に並ぶことに。それでも館内に入ると混み合っていることはないため、きちんとソーシャルディスタンシングは守られていて、そこはひと安心でした。

前述したとおりメトロポリタン美術館は今年4月で150周年のアニバーサリーを迎えたのですが、残念ながらこのコロナで祝賀ムードはすっかり薄れてしまった様子。

150周年の特別展「Making The MET 1870-2020」が催されていたのですが、こじんまりとした雰囲気で今は致し方ないと理解しつつも寂しい気持ちになりましたが、会期は8月までの予定が来年の1月3日まで延長になったので、チャンスのある方は足を運んでください。

リチャード・アベドンが撮影したマリリン・モンローの写真など、貴重な所蔵品はMETならでは。メトロポリタン美術館の歴史が凝縮された約250点の素晴らしい作品を見ることができます。
▲ Making The MET 1870-2020の入り口を入るとすぐに見えるのはイサム・ノグチの作品
ひっそりとではありますが、美術館は再オープンを始めていまますが、事前予約が必要なところがほとんどで、冬の間は閉館となるアップステートにある巨大なオブジェが広大な敷地の中に点在している「ストームキング アートセンター」は週末の予約が1カ月以上先まで取れないほど人気です。

密を避けるのはどこも同じで、アップステートなどのエリアはマンハッタンよりも緑が多く敷地が広いため移住をはじめ訪れる人も多く、人気が増しています。

以前のようなキャパシティが受け入れられていないことで、どこへ行くにも事前予約が必要なのはちょっと不便。全長2.3kmある昔の鉄道を公園にした「ハイライン」も今では予約しないと入れないことになっています。
PAGE 3

今こそニューヨークの夜景を二人占め!

早い段階から再オープンをしていた「エンパイアステートビルディング」に加え、ワンワールドトレードセンターの展望台、「ワンワールドオブザーバトリー」も11月1日から再オープンしました。

同展望台はニューヨーク一高いと言われ、マンハッタンの最南ファイナンシャルディストリクトにあるため、自由の女神も拝めます。ミッドタウンにあるエンパイアステートビルの夜景とはひと味違ったビューを楽しめます。

パンデミック以降、世界の大都市の大気汚染が改善されたことは言わずもがな。ニューヨークもその例に漏れず、以前より美しい景色が見られるようになったので、ぜひチェックを! 大人の楽しみ方でオススメなのは意外と知らないエンパイアステートの隠れ個室です。

通常は86階の展望台までしか行けないのですが、102階に通常の料金にプラスαして入れる展望台があり、その内部から階段で上に上がった場所にプライベートな展望台があるんです。

こちらは本当に限られた人しか入れず、プライベートなディナーもできるそうなので、ニューヨークの夜景をふたりで堪能するには申し分ないデートコースです!
▲ こちらがエンパイアステートビルディング102階の展望台。貸切もできます!
PAGE 4

この状況下でも続々オープンするレストラン

今回のパンデミックで大きな打撃を受けている飲食業界ですが、クローズするレストランが多いなか、たくさんのレストランがニューヨークに新規オープンしているのだから驚きです。

執筆をしている現在の気温は日中で7度という冷え込みの厳しくなってきたニューヨークですが、店内飲食のキャパシティは未だ25%に制限され、コロナ感染者の急増を見ると年内50%まで引き上げられないのではと言われています。そんな厳しい状況のなかでも160を超えるレストランがニューヨーク市の中でオープンしています。

先日、トライベッカのハドソン川沿にオープンした「シティ ワイナリー」を訪れたのですが、テラス席もある大箱レストランで、ワインも醸造しているワイナリーは賑わいを見せていました。
閉店を余儀なくされたレストランも多く、未だに「無期限休業」をしているところも多いのですが、空きテナントが明らかに目立つようになったマンハッタンにビジネスにチャンスを見出している人が多いことも事実です。

コロナによって多くの人がニューヨークを離れましたが、家賃が以前に比べ下落していることもあり(それでも全然高い!)、寒い冬を越えた頃には新しい人たちがニューヨークにビジネスチャンスを求めてやってくるのではと言われています。

どんなことがあっても立ち上がる街がニューヨークなんだなと肌で感じるとともに、今後の街がどう変わっていくのか新たな展開に注目です。

■ お問い合わせ

エンパイアステートビルディング
102階行きのチケットはコチラから

ワンワールドオブザーバトリー
HP/https://www.oneworldobservatory.com/en-US/

シティワイナリー ニューヨーク
HP/https://citywinery.com/newyork/

● 菅 礼子

LEON編集部で編集者として勤務後、2018年に渡米。現在はニューヨーク在住。男性誌や女性誌、航空会社機内誌などにニューヨークのライフスタイルの情報から世界中の旅の情報までを執筆する他、ニューヨークでクリエイティブエージェンシーのAYDEAを主催(www.aydea.co)。Instagram(@sugareiko)でニューヨークだけでなくアメリカ&世界の情報を発信中。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        何があってもへこたれないのがNY! 新たなニュースが満載です! | 旅行 | LEON レオン オフィシャルWebサイト